大恐竜展 in スカイオ

難波のスカイオで「大恐竜展」がひらかれている。
巨大なロボットの恐竜が首を動かし、大きな声を出して吠えている。
これはこれまでの恐竜展になかっただしもの。さすが技術の進歩。
そして羽毛恐竜が多く展示されているのは、最新の発見と研究の成果だろう。

そもそも恐竜とは?

恐竜って何? と聞かれると困ってしまう。
私の頭には、ゴジラやラドンがうかぶ。ガメラは亀の巨大化したものみたいだが、恐竜とよんでいいの?

私の疑問に答えるような説明パネルが入り口ちかくにあった。

1.原始的な爬虫類(トカゲなど)
  四肢を大きく張り出した姿勢で、這って歩く。
2.恐竜に近縁な爬虫類(翼竜など)
  四肢を体のやや下に伸ばした姿勢で、直立に近い姿勢で歩く。
3.恐竜
  四肢は体からまっすぐ下に伸び、直立して歩く。

なるほど!、直立して歩くのが恐竜なのだ。
ゴジラは恐竜だが、ガメラは直立していないから恐竜ではないことがわかる。
ラドンは空を飛んでいるから恐竜ではないようだ。
2にある恐竜に近い爬虫類(翼竜)とあるから、これだな。

では恐竜と翼竜は違う種類なのか?

恐竜の分類

https://www.dino-tail.com/study/sho01/sho0101.html

インターネットより調べてみると上記のサイトに上図のような説明があった。

首長竜や翼竜は恐竜の定義には入っていないことがわかる。

恐竜は大きく分けて2つに分かれる。「竜盤類(りゅうばんるい)」と
「鳥盤類(ちょうばんるい)」である。

☆「竜盤類」は「獣脚類(じゅうきゃくるい)」と「竜脚形類(りゅうきゃくけいるい)」にわけられる
☆「鳥盤類」は「装盾類(そうじゅうるい)」と「周飾頭類(しゅうしょくとうるい)」と「鳥脚類(ちょうきゃくるい)」の3つにわかれる。

と説明があるのだが、ちよっとまって、なんだこの漢字ばっかりの覚えにくい名前は。なんでこんな難しい読みにくい名前がつくのだろう。
ここで私の思考力はストップ。名前の由来を調べてみよう。

竜盤類 Saurischia 、鳥盤類 Ornithischia
Saurischia → saur トカゲ  ischia 腰

「骨盤がトカゲにちかい生物」、という意味から来ていることがわかった。
「トカゲ」という意味をもつ恐竜が、日本語訳にするなかで「竜」という言葉を選ぶことから竜盤類(盤というのはもちろん骨盤のこと)という日本語名が誕生したようだ(あとでもう少し詳しく書く予定)。

Ornithischia → orni 鳥 ischia 腰

「骨盤が鳥に近い生物」という意味からOrnithischia という言葉が出来上がったそうだ。この恐竜の骨盤が鳥に似ているということでこういった分類名ができあがったようだ。そうして日本名を作る時に「鳥の骨盤に似ている分類」という意味から「鳥盤類」という言葉ができたと私は思う。

恐竜の分類に、骨盤の形態が重要な位置を占めていることがわかる。

次に「竜盤類」の「獣脚類」と「竜脚形類」について調べてみよう。

獣脚類 Theropoda → thero  獣  pod 脚

獣の脚 だから「獣脚類」という日本名がつけられたのか。これはよくわかる。

上の写真は「コエロフィシス」。「竜盤類」の「獣脚類」に分類される恐竜。これは「大恐竜展」の展示場で写した写真で、羽毛恐竜だったそうだ。
肉食恐竜が所属するグループ。もちろん肉食でない恐竜もこの中にはいる。
あの有名なティラノサウルスも獣脚類。
つぎに

竜脚形類 Sauropodomorpha   saur  トカゲ,podo  脚、morpho  形

これも語源を忠実に日本語に置き換えたような言葉だ。
首の長い植物食恐竜という特徴があるそうだ。下の写真は「大恐竜展」に展示されていた「ディプロドクス」、竜脚類の恐竜である。

「竜盤類」の説明だけで多くのスペースを取ってしまった。 「鳥盤類」の恐竜については次回に書く予定。