令和ー手書き文字と活字体

新しい元号が「令和」となってから、「令」という字について考えてみた。
上の写真はテレビの画面で、元号が「令和」となったと発表された時の画面。
菅官房長官のもっている「令和」と、テレビのテロップの「令和」の文字が違っている。あれ? どっちが正しいんだ?
と考えた人が多かったようで、ネットでもこの種の話題が沢山取り上げられている。

もともとは「手書き文字」

私は以前に「教科書体と明朝体」について調べたことをブログに書いたことがある。
基本は「手書き文字」と活字で印刷された文字を区別して考えることだ。

左の本は「手書きのための漢字辞典 明治書院 財前 謙編著」。
この本の「はしがき」には次のように書かれている。

「文字は本来、手で書くものであった。しかし、近代以降は印刷がその中心の座を占め、パソコンや携帯の普及とともに、手で文字を書く機会が少なくなってきている。そのため、いざ漢字を書くとなると、不安を覚えることも多い。またその際、規範を辞典など印字に求めがちだが、一般的によく用いられている明朝体は、筆写の楷書とは大きな相違がある。印字と手書きの相違を明らかにし、自信を持って漢字が書けるように、手書きの規範をしめした。・・・後略・・・・」

さらに「印刷の発達と漢字」の項には、
「・・・ところで、「康煕字典」やその流れをくむ漢和辞典などが、いわゆる「字引」として活用されることはあっても、手習いによって文字を覚えていた時代には、印刷文字と異なる部分があっても手書きによる文字の伝統が継承されていた。例えば糸へんは、活字体が「糸」であっても「」と書くのが伝統であった。
ところが戦後の「当用漢字表」は規制としての性格が強く、学校教育においては明朝体で示された当用漢字の書体、あるいは当用漢字の字体を筆写風にデザインした教科書体(教育活字)をそのまま書くように指導がなされた。
そのため、活字のとおりに書くことがおこなわれるようになり、長く継承してきた手書きの伝統が軽視される傾向がある。・・後略・・・・」

教科書体とは

教科書体とは、「小学校学習指導要領(国語)」の「別表 学年別漢字配当表」にある印刷文字で、書くことを意識して作成された活字の書体。小学校の検定教科書はすべてこの教科書体で印刷されているが、中学校以上の教科書は明朝体で印刷されている。下の一覧表はその「別表」の最初の部分である。

この別表で「令」を探してみると、4年生にあった。「令」という漢字は4年生で習うわけだ。
左の教科書体でわかるように「明朝体」の「令」とは違っている。学校では「今」という字に「マ」という字体で学習している。だからテレビで見た「令和」の文字を見て、「え〜、これでええの?」とか「こんな字は習っていない」という声がでるのも当然なわけだ。

活字の字体に引きずられている「手書き文字

左の本は文化庁が編集した「常用漢字表の字体・字形に関する指針ー文が審議会国語分科会報告(平成28年2月29日)」という本で、字体に関して基準となる考え方をまとめて本。「字体・字形」については一番新しいものだ。

この指針がでたときに、新聞で大きく取り上げられたが覚えている人はどれくらいいるだろうか。
そこに「令」についての記事がある。
「社会生活で使う漢字の目安を示した常用漢字表では、手書き文字は漢字の骨組みにあたる字体があっていれば、「とめる」「はねる」「はらう」など、細部にこだわらなくてもよいとされている。しかし一般にはあまり知られていない。そのため、金融機関の窓口などで「鈴」の「令」の下の部分を「マ」と書くと書き直しを求められたり・・・」
ちょっとびっくりするようなことが実際にあったのだ。自分の名前なのに書き直しをさされるとは。それは活字の字体にひきずられた結果なのだ。

文化庁が編集したこの本は、子どもたちに文字を教える立場の人には必読だと思う。
この本にはQ&Aがあり、明快に書かれている。

Q1 学校で教わった漢字の形と新聞や本で見る漢字の形が違っている
ことがあります。どちらがただしいのですか。

A それぞれに正しい形です。学校で教わった手書きの文字の形と印刷された文字の形には、表し方にそれぞれの特徴や習慣があるため、違いが見られることがあるのです。
 学校では、手書き(筆写)の楷書を中心に学びます。楷書は、文字を崩さず、一点一画をきちんと書く書き方です。小学校の教科書では、主に教科書体とよばれる印刷文字が使われていますが、教科書体は児童生徒が漢字を書くときの参考になるよう、基本的に手書きの楷書の習慣に倣って作られています。
一方、ほとんどの新聞や書籍では、明朝体という印刷文字が使われています。・・・後略(このあと明朝体の歴史など詳しく書かれている)・・・・。

Q&Aは78件もあり、読むだけで勉強になる。
さて、この「常用漢字表の字体・字形に関する指針」の後半には、「字形比較表」がのせられていて、常用漢字の活字体と手書き文字が示されている。
そこの「令」の部分を抜き出したのが下にある通り。

最初のテレビの画面に写っている「令」の字は「活字体」と「手書き文字」の2種類で、どちらも正しい文字なのだ。
わからない漢字を辞書で調べて、そのとおりに書こうとしてしまうことが多い。どちらが長い、はねる? はねない? 止める? はらう? ということの判断を明朝体の漢字にたよりがちなのが今の時代だ。
新しい元号の「令和」という漢字は、もう一度「手書き文字」の大切さを認識すること、再確認する機会になったといえる。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA