開花宣言

大阪の桜開花宣言は3月27日

3月27日が桜開花宣言だったが、その日は桜の写真が撮れなかった。 今回の写真はすべて3月29日の写真。

ここは難波宮跡公園。花見を予想してか、地面もきれいに草が刈られている。

はとやコマドリなどの鳥がなにかの実をついばんでいるようだ。春が近づいている。

東住吉区役所周辺の街路樹はこぶし。こぶしの白い花も開花のようだ。

辛夷(こぶし)の花。
木蓮の花にとても良く似ている。
調べてみると、「モクレン科モクレン属」だから木蓮に似ていて当たり前だった。
高さ18m、幹の直径は60cmにも達するそうだからかなりの大木になる。

こぶしと木蓮の花の違いはおおきさ。こぶしのほうが小さい。
また写真でわかるように、辛夷の花は下向きにについている。
木蓮は花が上を向いている。と言われている。

街路樹に利用されることが多く。東淀川区役所の周りの街路樹もこぶしの木らしい。

かつての初芝高校前の道路の桜並木。
住宅建設の影響か、桜の木の枝が短く切られているのが残念。

3月29日の開花の様子を写真に撮った。
開花宣言というのは、大阪の場合は大阪城公園の西の丸庭園にある「標本木」を観測して、開花の基準となる5輪以上咲いているのを確認して宣言がだされるそうだ。

ちなみに3月27日を「日本さくらの会」が「さくらの日」と制定している。
「さんく27」から来ているのではないかと私は思っている。

百人一首で「桜」という言葉を出して歌にしているのが、

伊勢大輔の

「いにしへの 奈良の都の 八重桜 今日九重に にほひぬるかな」

大江匡房の

「高砂の 尾上の桜 咲きにけり 外山の霞 たたずもあらなむ」

が有名。

桜の日本はきっても切れなない関係のようだ。
満開の見頃は4月の第1週らしい。たのしみだ。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA