驚異の超絶技巧(ハルカス美術館)


あべのハルカスで、「驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ」展がひらかれている。
以前に大阪歴史博物館で「超絶技巧展」があったので、それを見てから大変興味があった。

もらったパンフレットには以下のような紹介文が乗っていた。

「19世紀後半、日本では明治の時代、欧米で開かれた数々の万国博覧会で、日本の工芸品は大きな注目を集めました。自然に対する繊細かつ豊かな感受性と、それを意匠化する洗練された造形センスと超絶的な技工は世界を驚嘆させ、大量の作品が海外へと輸出されていきました。近年、そうした明治工芸の魅力に再び光を当てる機運が高まっています。さらには…明治元年から150年を経た現代アーティストの中にも、先人のDNAを受け継ぎつつ、今という時代をもその作品の中に映し出す、新たな「超絶技巧」の担い手が生まれています。
 本展では、時代を超えて人間の手が生み出す奇蹟のような技のコラボレーションを、約140点の多種多様な技法の作品によって紹介します。驚異に次ぐ驚異の連続に、ご期待ください。」

まさに、驚異に次ぐ驚異だった。
写真がほとんど禁止だったので、パンフレットなどでその一部を紹介してみたい。

なんと一木彫のお皿とサンマ。

安藤緑山による「牙彫(げちょう)ー象牙」。パイナップルとバナナ。

これも安藤緑山の胡瓜(きゅうり)。この作品についての説明がパンフレットにあった。
「どこから見ても、胡瓜。みずみずしく張った表皮、とがったイボ、蔓も葉も花もついたままで、畑から採られたばかりか。これが、人間の手で象牙から掘り出され、彩色されたものとは! 奇蹟の牙彫師、安藤緑山の技の粋が堪能できる一品」

いやいやこういった実物が140点も並べられている。

2箇所、写真撮影ができる作品があった。
右は「鉄、銀と赤銅」からできたサンショウウオらしいもの。
係の人に「重さはどれぐらいでしょう」
「持ってくるときはどのようにしたのでしょう」と質問した。
金属製なのでかなり思いそうだ。作品は分解できるので作者が組み立てたそうだ。なるほどそうした運搬するのか、と思った。

左は「陶磁」の作品。これも土からできているとはとても思えない。

2点の作品の写真撮影が許されているのはうれしかった。
できたらどんな作品でも写真撮影OKだといいのだが。
それから重さがわかるといいなあ、と思った。
目の不自由の人のために、触ってわかる「超絶技巧」作品もあるといいのに、とも考えた。

若冲の作品展のときに感じた人間の集中力の凄さと、技の素晴らしさに、ただただ「すごいな〜」の言葉を繰り返すだけだった。
細かな部品は機械で作ることができるだろう。しかしどんなデザインにするのか、どんな組み合わせにするのか、テーマは何にするのか、こういったことは人間でしかできないものだと思う。AIが発達しても、創造的なデザインは人間の側にあると思った。

入り口で単眼鏡が売られていたが、なるほど小さな作品や細かい部品をみるのにはそういったものがあるといいのだろう。
これから行く人には家にあれば双眼鏡やオペラグラスを持っていくといい。

グッズ売り場が楽しかった。
上の写真はストラップアンドキーホルダー。
なるほどこれも現代の超絶技巧じゃないか。

こういった超絶技巧はどのようにして生み出されるのだろうか。どんなふうに作っているのだろうかと疑問が湧いた。
2月9日の「美の巨人たち」の放送でそのことが少しわかった。
「名所図小箪笥 驚異の布目象嵌」という放送だった。そこで写真のように細かな作業が映し出されていた。
人間の技の素晴らしさを感じることができた展覧会だった。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA