第47回淀工グリーンコンサート

今年は創部60周年記念だった。

2019年1月19日と20日、4回の公演がフェスティバルホールであった。私が行ったのは、1月20日の日曜日、午後12時からの公演だった。

今年も丸谷先生がニコニコしながら走って舞台に登場。
無理しなくてもと、つい思ってしまう。
「翼をください」の手話は、今年も美しい手話だった。
私の座席が前から4番目ぐらいだったので、手話をする部員さんの表情がよくわかる。
練習量を誇る淀工だから、手話もみっちりと練習をしたのかもしれない。
座席は私が見ている限りは満席だった。補助席らしいのも出されていた。

はじめのうちは家族や、親戚の応援がてらの参加者が多かったと思うが、最近は中学校、高等学校の吹奏楽部、ブラスバンド部らしい参加者が目につくようになった。
今回は小学生の姿もあり、小学校から吹奏楽部やブラスバンド部があるようだ。ブラスバンドの存在感が着実に広がっている。

開演前のホールの様子。 満員御礼のようだ。

プログラムは以下の通り。

・オープニング
・翼をください
・カーペンターズ・フォーエバー
・アルメニアン・ダンス・パート1
・幻想曲 シルクロード・・・OBによる演奏
・1年生 フレッシュコーナー (曲あてクイズも)

 休憩

・Introduction to Soul Symphony (楽器紹介)
・交響詩「ローマの松」
・故郷(ふるさと)
・ザ・ヒットパレード

ほぼ例年どおりのプログラム。プログラムにはない演奏もあったが、曲名がよくわからなかったので、ここでは省略。
丸谷先生は「私はあまり変えたくないのです。子どもたちは変わっていきますからね」
とおっしゃる。

プログラムに2016年7月7日の朝日新聞の記事が挿入されていた。
1年生の矢野さん、森口くんのトランペットの練習の様子が記事になっている。
この二人も今日のグリーンコンサートでは3年生として登場している。最後の演奏会になるわけだ。

受付でもらったプログラムに、ホルンの中本侑希さん、トランペットの矢野晶子さん(上の記事の矢野さん)の文責になる一文が載せられている。

***************************

感謝。「新たな挑戦」

 皆様のおかげで60週年を迎えた淀工吹奏楽部ですが、私たちの過ごす環境にも大きな変化が訪れています。今までの”当たり前”がそうではなくなり戸惑うことも多い中、それでも私たちは情熱を強く持ち、前に進んでいこうと思います。
 これまでのご支援に深く感謝しつつ、これからの淀工の「新たな挑戦」を暖かく見守っていただければ幸いです。

***************************

練習量日本一を誇ってきた淀工がむかえる新たな挑戦とは、それはクラブ活動としての限界が示されたからかもしれない。府立高校では部活動を行わない日を週に一日設けるようにという指示がでているというニュースを見た。それは運動部がメインのようだが、ブラスバンド部にも影響してくるのかもしれない。

演奏はきらびやかで、迫力があった。
前の座席なので、部員の姿がはっきりと見える。
コントラバスの一音一音がはっきりと聞こえてくる。低音の魅力と迫力がよく分かる位置だったので、よけいに音に包まれるという感じだった。

3年生の演奏はさすがだった。一人ひとりが楽しみながら一生懸命に演奏しているのがよくわかった。打楽器の部員が本当に楽しそうに口を大きくあけて、歌を口ずさみながら、タンバリンを叩いている。ソロで演奏する部員の誇らしげな姿が、私の体もピシッとさせてくれる。

OBの演奏する「シルクロード」はNHKのTV番組を見ているようだった。私の直ぐ側にみえたコントラバスの演奏者は、楽譜を食い入るようにして見ながら演奏していた。その迫力はまたブラスバンドの新しい魅力を発見したみたいに思えた。

淀工の吹奏楽部は男子が女子よりも多い。 多くの学校では女子のほうが多いようだが、ここ最近の淀工は男子生徒の部員が多い。体力勝負になると男子が多いと得なのかもしれないと思ったりする。
左の写真はプログラムの裏表紙からのもの。

恒例の三三七拍子の応援、1年生部員のダンス、年々上手になる。丸谷先生は「そろってません」とおっしゃるが、中学校でダンスが体育で教えられるようになってからぐっと上手になったと思う。それ以前のコンサートでのダンスもみているが、それは確かに「そろっていません」でした。

・・・・・ 山の頂上は、人にその道の険しかったことを忘れさせます。
 その最後のステージに立って、君たちは何を感じているのでしょうか。
 いろんな苦しかったことは、今は懐かしい思い出ですね。  
・・・・・君たちの前途に幸多からんことを祈ります。

最後の「乾杯」はいつ聞いても感動する。
「苦しかったことが、今は懐かしい」
そんなふうに思える人生を生きてほしい・・・・多くの人たちのメッセージが伝わってくるような演奏であり、観客の人たちだった。

チコちゃんから「ぼーっと生きてるんじゃないよ!」と怒られないように、しっかりと生きていこう。高校生のエネルギーによって、私の背骨がしゃんとなったような気がした。