ベランダで藍を育てる 2018 ②

さあ水洗いしておいたTシャツを染めよう。

バケツに入った染液にTシャツを畳んで入れて、空気に触れないように液中で混ぜる。
5分くらい静かにつけておく。

取り出すと、写真のように緑色をしている。 このとき手袋は必ずしなければならない。そうしないと手が染まってくる。とくに染まった爪は、生え変わるまで染まったままになるので注意が必要だ。

短時間に、ほんの数秒のうちに、緑から青色に変化していく。
空気中でふりまわすと、色の変化も早い。

この作業を3〜4回ほど繰り返す。 色は少しずつ濃くなってくる。

水洗いをして乾かす。 水を含んでいる時は、写真のように濃い藍色だが、乾いてくるとその色は淡くなってくる。 

昨年に藍の種をもらった展示会に、私の染めたTシャツ3枚持っていって、展示してもらった。上の写真の左下の3枚のTシャツがそれ。
乾燥すると藍色が薄くなり、染物屋さんで見るような濃い藍色には染まらなかった。
ガレージで染める方法では、これぐらいなのかもしれない。
刈り取った藍は、また大きくなり、種が実った。
来年もこの種をまいて、藍染に挑戦してみようと思う。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です