メガスター in なんばパークス

なんばパークスでメガスターによるプラネタリウム投影があった。

TV番組の「情熱大陸」で大平さんのメガスターのことが取り上げられていたので、是非とも見たい!と思っていただけに、なんばパークスでプラネタリウム投影があるとはなんと幸運なことか。
上の写真2枚は、プラネタリウム投影中にiPhoneで撮ったもの。
フラッシュさえ使わなかったら、撮影は自由だった。
星空の下に丸い球体が見えるのが、メガスター。

休日だったので観覧者が多く、入場制限されており、整理券が発行されていた。
投影時間は15分。私たちは30分待ちだった。

これがメガスター。SUPER MEGASTAR Ⅱ と書かれている。
ネットで調べてみると、2200万個の星が投影されるという。
大阪市立科学館のプラネタリウムは、いかに現実の夜空ー私たちが見える通りに星空を再現できるか、を目標にしているが、メガスターは実際の星の数に近づけようとするかのように投影される星の数は多い。

上の写真はメガスターのオフィシャルサイトから引用したもの。
銀河がこのように見えるプラネタリウムは、メガスターの他にどこのプラネタリウムができるだろうか。
私はメガスターを見たくて東京の日本科学未来館、伊丹の子ども文化科学館に行ったことがある。
「ああ、双眼鏡をもってきたらよかったのに」と2回とも思っていたので、今回は双眼鏡を持っていくことにした。
銀河ー天の川がどのように見えるのだろう、それが楽しみだった。
双眼鏡で投影された星を見る・・・星空が動いているためか、銀河のかたまりがそのまま動いてくるので、双眼鏡では追いつけない、という感じだった。

メガスターで映し出される星空は、天井だけではなく壁や床、見ている人の体中に投影される。まさに360度に広がっている。
私の座っている椅子は壁に近かったので、そこ壁に映った星や天の川を見ると、星の後ろに星が動いている、銀河もぎっしりの星の集まりになっていることは確認できた。平面的な星空ではなく、立体的な星空になっているというのが私の感想。

最後はオーロラの投影。 オーロラを見たことのない私には、こんなふうに星空と一緒に見えるのかと感心した。

メガスターのオフィシャルサイトをみると、東京ドームに投影するプラネタリウム、ギガニウム(GIGANIUM)の紹介されていた。

https://www.megastar.jp/news/2018/12/06/7096/
テレビの「情熱大陸」で放送されていたのがこれだろう。
直径500メートルあるドームの天井に星を投影するなんて、そんなことができるのだろうか?と思ってしまうのだが.テレビではその様子が紹介されていた。
ますますメガスターの進化には目が離せない。
なんばパークスでの投影は12月25日まで。お見逃しのないように。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA