我々はなぜ我々だけなのか

アジアから消えた多様な「人類」たち

「絶滅の人類史」を読んで、もう少し勉強してみようと思い左の「我々はなぜ我々だけなのかーアジアから消えた多様な『人類』たち」を読んだ。この本は最近発掘調査の報告でマスコミに取り上げられるようになってきた、アジアの人類史をメインテーマにした本だ。
人類の歴史の研究はヨーロッパが中心で、発掘される化石もヨーロッパ方面が多い。しかし私たちの住むアジアには、これまで知られていない多様な人類がいた、という研究が進んできている。その最先端であろう研究の成果がこの本にあると思う。私も知らないことがたくさん書かれていて、簡単な勉強に終わりそうにもないなあと思ったのが実感。

上の写真は、この本で紹介されている「人類進化の系統樹」。
この本では、人類の歴史を、私が中学校や高校でならった「猿人」「原人」「旧人」「新人」という言葉で説明されている。

ところでこの「猿人」「原人」「旧人」「新人」という言い方は日本特有のものらしい。以前読んだ「絶滅の人類史」にはこの言葉はなかった。そのことについての説明がある。
「今の国際的な人類学では、猿人や原人といった日本語に相当する言葉は使われていない。むしろ、種、属といった単位、あるいは系統的関係を直接、参照するのが普通になっているからだ。・・・『日本語で猿人とか原人と言っているのは、分類学的な定義とはあえて離して、一般向けの理解を助けるためなんです。分類学のかたい定義に従ってしまうと、すべてが学名表記になってしまいます。そして、その個々の学名には論争があります。だから、あえてそれらの定義を使いたくない、というわけです。そうした混乱を避けて、人類進化の流れがわかることがむしろ大切だと考え、これらの言葉を使い続けています」。

さてどちらがいいのだろうか。私は学校の教科書で猿人や原人、旧人、新人という言葉を学んだ。進化の流れの中で区別するためにこういう言葉があるのだ、ということは理解できた。でもその間には、たとえば猿人と原人の間、旧人と新人の間にすごい溝があるような気がしていた。突然変異のように違ったタイプの人類が登場してくる、というイメージだ。少しずつ変化して、進化につながるのだろうと思うが、それ以上のことは今の私にはわからない。
上の図によると、原人のホモ・ハビリスやホモ・エレクトス、旧人のネアンデルタール人やデニソワ人?、新人のホモ・サピエンスはすべてひっくるめて「ホモ属」に含まれるそうだ。

この本のメインは「小さすぎる人類」とよばれている「フローレンス原人」だ。
2003年、インドネシア・フローレンス島のリャン・ブア洞窟の地表下6メートルから人類の化石、全身骨格がほぼそろった化石が発見された。身長は1mあまりで、とても小柄だった。
こんな小柄な人類がいるのか、子どもの化石じゃないのか、病気で発達不良なのではないか、と様々な議論をまきおこした。

島嶼(とうしょ)効果

人類がこんなに小さくなったのは、島嶼効果(とうしょこうか)が働いたからだと説明されている。
「閉ざされた島の環境では、大型生物が矮小化し、小型生物が大型化するといった島嶼効果がはたらきます。
フローレンス島では、ぞうの仲間のステゴドンが方の高さ1.5mくらいに小型化したり、ハゲコウという地上性のトリが体長1.8mにまで大きくなっなりしました。だからフローレス原人の祖先も、:島嶼効果まで小さくなったのだろうと言うことはいえる。・・・」
今も生きているコモドドラゴンがその例なのだろう。

方の高さが1m50cmのゾウ、1m80cmの高さのトリがいたなんて、想像もしなかった。そんな島に身長が1mあまりの小さな人類が生活していたことは確かだということだ。

デニソワ人と澎湖(ほうこ)人

シベリアのアルタイ地方、デニソワ洞窟から10万年前〜5万年前ごろにいたと思われる古代型人類がいたことを、ドイツとロシアの研究チームによって2015年に発表された。
さらに同じ年に台湾沖の海底から19万年前〜1万年前の原人の化石が発見されたと発表があった。

10万年前のアジアにはどんな人類が生きていたのだろうか。
澎湖人、ジャワ原人、フローレンス原人、そしてネアンデルタール人やデニソワ人が共存していたのかもしれない。
ホモ・サピエンスがアジアにやってきたのは5万年前ごろというのが一番新しい説のようだ。10万年前という説もある。そうするとどこかで出会っていたかもしれない。原人、旧人、新人とよんでいるちがった進化の波の中にある人類たちが、このアジアに共存し?、最終的にホモ・サピエンスだけが生き残った。
「絶滅の人類史」では、ネアンデルタール人とホモ・サピエンスの共存があったのかもしれない、という知識を得たが、この「我々はなぜ我々だけなのか」の本では、さらに多様な人類が生存していたことがわかった。

さて2冊の本を読んだが、多様な人類が生存し、進化の波の中で私たちホモ・サピエンスだけが生き残ったことがわかった。どうしてホモ・サピエンスだけだったのか。様々な説が出されている。これからも出されるだろう。

「なぜ我々だけが?」という問いはこれからも続きそうだ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA