思考実験ビギナーズ

図書館で見つけた本。

「思考実験」とは面白そうだ。一流の考え方が身につく、というタイトルもなんとなく手を伸ばしたくなる本だ。
表紙に「子どもの考える力を伸ばすイラストブック」とあるように、挿し絵がいっぱいの本で、確かに子ども向けに書かれた本だ。
しかし内容は大人が読んでも考えさられることがたくさん書かれている。

調べてみると作者の「北村良子」さんは、大人向けの「思考実験の本」をだされていた。

 

目次にあるように、十個のテーマが説明されている。
「アキレスと亀」のようによく知られているものもあった。

曽呂利新左衛門の問

その中で「数の不思議 一粒のお米」は、曽呂利新左衛門の話だ。
一日に一粒のお米、二日目はその倍の二粒、三日目は二粒の倍の4粒、四日目は4粒の倍の8粒と増えていくと、100日後には何粒になっているか、というよく知られた話。膨大な数になることは知っていたが、実際に自分で計算したことはなかったので、エクセルを使って計算してみた。

縦軸に日、横軸に「その日にもらう米粒の数」「これまでの合計の米粒の数」「これまでの米粒の重さの合計」をとっている。
「重さの合計」というのは、「お米5万粒で約1キログラム」という計算をして三桁の有効数字であらわしている。

10日目にもらう米は「512粒」、合計は「1023粒」。
20日目にもらう米は「52万4288粒」、合計は「104万8575粒」、重さは21キログラム。
30日めにもらう米は「5億3687万912粒」、合計は「10奥7374万1823粒」、重さは「2万1500キログラム」。
40日めにもらう米は「5497億5581万3888粒」、合計は「1京995億1162万7775粒」、重さは「2200万キログラム=22000トン」。
50日めにもらう米は、「562京9499億5342万1312粒」、合計は
「1125京8990億684万2620粒」、重さは2250万トン!
現在の日本の米の生産量は年間に800万トンといわれているから、約3年分の生産量に近い量になる。

100日めを見てみよう。
重さにして約254垓(がい)トン。全く想像できない重さ。
地球の重さは約60垓トン、と言われている。
なんと地球4個分の重さになってしまう。
一粒が二粒、二粒が四粒、四粒が八粒・・・となんと100回数えていくと地球の重さより重い米の量になるというわけだ。100回という数字が大きいととらえるか、わずか100回ととらえるか、人によって違うと思う。しかし二倍二倍と百回するだけでとてつもない大きな数になる!なかなか実感できないが、計算してみると確かにそうなる。
私はエクセルというソフトを使ったけれど、江戸時代はそろばんで計算していたにちがいない。大変な労力と集中力だと思う。私はそのことに感嘆を覚える。

この本で私が興味を覚えた問題は下の「5億年ボタン」。

5億年ボタン

「ボタンを押すと、あなたの体は別の次元にワープします。そこは何もない世界で、そこでのあなたは年も取りませんし、眠りませんし、食べません。意識もずっとはっきりしていますし、気がおかしくなることも死ぬこともありません」

「そこで何をするの?」

「何もしません。」

「何もしないで100万円もの大金がもらえるの?」

「ただ生きていればいいのです。ただしその期間は・・・5億年です」

さあ、あなたはこの「5億年ボタンをおして100万円もらいますか?」
というチャレンジ問題にどう答えるか。

こんなふうに、頭を使っていろんなケースを考えようという本だ。

作者は「おわりに」にこんなことを書いている。

「いかがでしたか?
10の思考実験はたのしめたでしょうか。
中には難しかったものもあったでしょう。だからこそ、それぞれの思考実験に挑戦していくことで、あなたは着実に、自分の意見をもつ大切さと、自分の力で考え抜くスキルを学んだはずです。
 考える力は、学校でも、社会でも、ずっと役に立つ素敵な味方になってくれます。あなたの頭の中は…たくさんの可能性があるのです。
 この本を通して、「考える」って楽しいことなんだと、思っていただけたら幸いです。                             北村 良子」

イラストがたっぷりで、大変読みやすい本だった。もちろん考える力をつける第一歩になるだろうなあ、とも思える本だった。北村さんの大人向けの本も見てみようかな、という気になっている。

 

 

ベランダで藍を育てる 2018 ②

さあ水洗いしておいたTシャツを染めよう。

バケツに入った染液にTシャツを畳んで入れて、空気に触れないように液中で混ぜる。
5分くらい静かにつけておく。

取り出すと、写真のように緑色をしている。 このとき手袋は必ずしなければならない。そうしないと手が染まってくる。とくに染まった爪は、生え変わるまで染まったままになるので注意が必要だ。

短時間に、ほんの数秒のうちに、緑から青色に変化していく。
空気中でふりまわすと、色の変化も早い。

この作業を3〜4回ほど繰り返す。 色は少しずつ濃くなってくる。

水洗いをして乾かす。 水を含んでいる時は、写真のように濃い藍色だが、乾いてくるとその色は淡くなってくる。 

昨年に藍の種をもらった展示会に、私の染めたTシャツ3枚持っていって、展示してもらった。上の写真の左下の3枚のTシャツがそれ。
乾燥すると藍色が薄くなり、染物屋さんで見るような濃い藍色には染まらなかった。
ガレージで染める方法では、これぐらいなのかもしれない。
刈り取った藍は、また大きくなり、種が実った。
来年もこの種をまいて、藍染に挑戦してみようと思う。

 

 

 

メガスター in なんばパークス

なんばパークスでメガスターによるプラネタリウム投影があった。

TV番組の「情熱大陸」で大平さんのメガスターのことが取り上げられていたので、是非とも見たい!と思っていただけに、なんばパークスでプラネタリウム投影があるとはなんと幸運なことか。
上の写真2枚は、プラネタリウム投影中にiPhoneで撮ったもの。
フラッシュさえ使わなかったら、撮影は自由だった。
星空の下に丸い球体が見えるのが、メガスター。

休日だったので観覧者が多く、入場制限されており、整理券が発行されていた。
投影時間は15分。私たちは30分待ちだった。

これがメガスター。SUPER MEGASTAR Ⅱ と書かれている。
ネットで調べてみると、2200万個の星が投影されるという。
大阪市立科学館のプラネタリウムは、いかに現実の夜空ー私たちが見える通りに星空を再現できるか、を目標にしているが、メガスターは実際の星の数に近づけようとするかのように投影される星の数は多い。

上の写真はメガスターのオフィシャルサイトから引用したもの。
銀河がこのように見えるプラネタリウムは、メガスターの他にどこのプラネタリウムができるだろうか。
私はメガスターを見たくて東京の日本科学未来館、伊丹の子ども文化科学館に行ったことがある。
「ああ、双眼鏡をもってきたらよかったのに」と2回とも思っていたので、今回は双眼鏡を持っていくことにした。
銀河ー天の川がどのように見えるのだろう、それが楽しみだった。
双眼鏡で投影された星を見る・・・星空が動いているためか、銀河のかたまりがそのまま動いてくるので、双眼鏡では追いつけない、という感じだった。

メガスターで映し出される星空は、天井だけではなく壁や床、見ている人の体中に投影される。まさに360度に広がっている。
私の座っている椅子は壁に近かったので、そこ壁に映った星や天の川を見ると、星の後ろに星が動いている、銀河もぎっしりの星の集まりになっていることは確認できた。平面的な星空ではなく、立体的な星空になっているというのが私の感想。

最後はオーロラの投影。 オーロラを見たことのない私には、こんなふうに星空と一緒に見えるのかと感心した。

メガスターのオフィシャルサイトをみると、東京ドームに投影するプラネタリウム、ギガニウム(GIGANIUM)の紹介されていた。

https://www.megastar.jp/news/2018/12/06/7096/
テレビの「情熱大陸」で放送されていたのがこれだろう。
直径500メートルあるドームの天井に星を投影するなんて、そんなことができるのだろうか?と思ってしまうのだが.テレビではその様子が紹介されていた。
ますますメガスターの進化には目が離せない。
なんばパークスでの投影は12月25日まで。お見逃しのないように。