アナレンマとマザービーフ

11月23日のアナレンマ

以前に紹介した「みはら歴史博物館」にあるアナレンマの様子を見に行った。

7月に来た時は左の写真のように、丸い光の輪がモニュメントのずっと下の方に会った。
11月3日の丸い光の輪は、私の予想通りずっと上に上がっていた。

7月の太陽の高度はずっと高いところにあり、丸い輪を通る光の影は下にある。11月の太陽の高度は夏に比べて低くなる。そのため丸い輪を通る光の影は夏とは逆にモニュメントの上の方になる。
上にできる光の輪は、夏に比べるとずっとわかりやすい。
太陽の南中する高度は季節によってこんなにも違うものか、とよくわかる。

時間を追って観測してみよう。上の写真は11時31分のもの。

上の写真は11時46分。

上の写真は11時51分。

上の写真は12時0分。

上の写真は12時4分。

上の写真は12時13分。

上の写真は12時33分。

雲が動くので、太陽光線が差し込む時にシャッターを押す。
写真でみると、12時13分ぐらいのときが太陽高度が一番高いようだ。12時のときよりも高い。
均時差の表を見ると、

11月23日は14分から16分の間にある。
これだけでは私はまだまだ不安なので、12月の下旬に来てみようと思う。
太陽が8の字を描いて大空を動いている現象をもう少し観察してみたい。

 

大阪府立農芸高等学校のマザービーフ

みはら歴史博物館のホールで、農芸高校の生徒たちが自分たちの活動をまとめたものを発表する講演会が取り組まれていた。
また飼育した牛を使ったハンバーグがランチボックスとして販売されていた。
味は本物だった。家で作ったハンバーグのような食感でおいしかった。

近くに農芸高等学校があることは知っていたが、高校生が牛を育て搾乳し、「大阪産(おおさかもん)」のビーフを創り出しているとは知らなかった。
文化祭では幼稚園・小学生も体験を楽しんでいると、受付の高校生が話してくれた。 11月の上旬に文化祭があったそうだ。
よし、来年は行ってみよう。
いろんな成果のあった勤労感謝の日だった。