最近読んだ本

ぼくらの七日間戦争

この本は2018年開催された(今年のこと)、『小学生がえらぶ! ”こどのの本”総選挙』において8位にランクインされている。
そして小学校6年生の得票だけを見るとなんと、堂々の1位を獲得している本だ。
図書館で借りたきた右の文庫本の奥付を見ると、
昭和60年4月10日初版発行
平成25年9月10日旧版101版発行
平成26年6月25日改版初版発行
となっている。
101版!! 驚きの数字だ。
初版が発行されてから33年が経過しても小学生が圧倒的に支持している本がこれ。
小学6年生が読んでいる本で1位というのだからすごい。
30年以上前に書かれた本なのにだ。

今年の夏に、同じ職場だった30代の女性と会ったとき、この本のことが話題になった。
「宗田理さんの本でしょ(彼女は『そうだ おさむ』と正しく言った)。私小学校のときに全部読みました。まだ買ってなかった本は友達に借りて」とうれしそうに話してくれた。
本のあらすじや内容紹介はしないでおこう。
まだ読んだことない人は読んだほうがいいと思う。特に子どもがいる人、子どもの前に立つ機会が多い人、子どもに関係する仕事をしている人。必読の本だと思う。
昔子どもだったはずの私のような大人が、忘れていたことに気づかされる、そんなことが多い内容だ。

Masato

この本は2017年10月25日第一刷の新しい本。 妻の友達で、1日に2、3冊の本を読んでいる読書家がいる。その人からもらった本。 このときまでこの作者(岩城けい)の本のことは全く知らなかった。読んでみて、それがとてもおもしろかった。

裏表紙の紹介を引用すると、

「スシ! スシ! スシ!」 いじめっ子エイダンがまた絡んでくるー。親の仕事の都合でオーストラリアに移った少年・真人。言葉や文化の壁に衝突しては、悔しい思いをする毎日だ。それでも少しずつ自分の居場所を見出し、ある日、感じる。 「ぼくは、ここにいてもいいんだ」と。ところがそれは、母親との断絶のはじまりだった・・・。異国での少年と家族の成長を描いた第32回坪田譲治文学賞受賞作。

私は以前に日本にやってきた外国人の子どもが学ぶ日本語教室の参観に行ったことがある。中国、韓国、ブラジル、アジアだけではないヨーロッパから来た子どもたちもいる。仕事の関係で日本にやってきた家族の子どもたちが増えているそうだ。
日本にやってきた外国人の子どもたちの努力について考える機会だったが、その逆の外国に行って生活する子どもの葛藤や頑張りについては考えたことはなかった。
子どもの自立を願うのは親として当たり前だろうが、外国で生きる小学生の自立への戦い、考えされられることが多い。

さよならオレンジ と ジャパン・トリップ

上の2冊、「さようなら、オレンジ」と「ジャパン・トリップ」はどちらも岩城けいさんの本。「Masato」を読んだあと続けて図書館で借りて読んだ。
「Masato」がおもしろかったからだが、あとがきに金原瑞人さんが書いていたことに惹かれたこともある。

「著者の前作『さようなら、オレンジ』は、アフリカから難民としてオーストラリアにやってきた女性サリマと、日本から言語学者の夫についてオーストラリアにやってきた女性『私』の成長と精神的な自立をスリリングに描いた作品で、故郷を喪失したサリマと、異郷に住んでいることを強烈に意識している「私』との出会いと触れ合い、そして理解と共感へという展開が素晴らしい。・・・・(略)・・・・。」

私はサリマが自分の生い立ちを英語で綴り、子ども通う学校に行き「語る」という場面が強く心に残った。文章にする、文字で自分の思いを書く、その力は人の心を動かすと改めて思った。

「ジャパン・トリップ」についても金原瑞人さんは書いている。
「第三作『ジャパン・トリップ』はオーストラリアの小学生のグループが一週間ほど日本にやってくるという話だが、ここでも小学生の視点からの印象的な文章がちりばめられている。ぜひ読んでみてほしい。」

この言葉につられて私は読んでみた。確かに読んでよかった。
新しいスタイルの文章だと思う。
文字の力、文学の力にあらためて信頼をおくことができた本だった。