アナレンマとマザービーフ

11月23日のアナレンマ

以前に紹介した「みはら歴史博物館」にあるアナレンマの様子を見に行った。

7月に来た時は左の写真のように、丸い光の輪がモニュメントのずっと下の方に会った。
11月3日の丸い光の輪は、私の予想通りずっと上に上がっていた。

7月の太陽の高度はずっと高いところにあり、丸い輪を通る光の影は下にある。11月の太陽の高度は夏に比べて低くなる。そのため丸い輪を通る光の影は夏とは逆にモニュメントの上の方になる。
上にできる光の輪は、夏に比べるとずっとわかりやすい。
太陽の南中する高度は季節によってこんなにも違うものか、とよくわかる。

時間を追って観測してみよう。上の写真は11時31分のもの。

上の写真は11時46分。

上の写真は11時51分。

上の写真は12時0分。

上の写真は12時4分。

上の写真は12時13分。

上の写真は12時33分。

雲が動くので、太陽光線が差し込む時にシャッターを押す。
写真でみると、12時13分ぐらいのときが太陽高度が一番高いようだ。12時のときよりも高い。
均時差の表を見ると、

11月23日は14分から16分の間にある。
これだけでは私はまだまだ不安なので、12月の下旬に来てみようと思う。
太陽が8の字を描いて大空を動いている現象をもう少し観察してみたい。

 

大阪府立農芸高等学校のマザービーフ

みはら歴史博物館のホールで、農芸高校の生徒たちが自分たちの活動をまとめたものを発表する講演会が取り組まれていた。
また飼育した牛を使ったハンバーグがランチボックスとして販売されていた。
味は本物だった。家で作ったハンバーグのような食感でおいしかった。

近くに農芸高等学校があることは知っていたが、高校生が牛を育て搾乳し、「大阪産(おおさかもん)」のビーフを創り出しているとは知らなかった。
文化祭では幼稚園・小学生も体験を楽しんでいると、受付の高校生が話してくれた。 11月の上旬に文化祭があったそうだ。
よし、来年は行ってみよう。
いろんな成果のあった勤労感謝の日だった。

 

 

絶滅の人類史

人類はどこからやってきて、どこへ行こうとしているのか。

最近本屋さんを歩いてみると、人類の歴史や人間の過去と未来の歴史についてをテーマにした本が多いように思う。
そんななかで、図書館で借りてきたのがこのNHK出版新書の「絶滅の人類史ーなぜ『私たち』が生き延びたのか」。

とっつきにくそうな本だが、読み始めるとまるで小説のようにぐいぐいと引き込まれてしまった。
それは哲学的な思索ではなく、新しい発掘や研究の成果から私の知らないことがたくさんあることがわかったからだ。
私のあとに30人近い人がこの本を待っている、関心の高い本なのだ。

その目次を紹介しよう。目次を見るだけで、興味が湧いてくる(私はそうだったが・・・)

序章 私たちは本当に特別な存在なのか
第1部 人類進化の謎にせまる
 第1章 欠点だらけの進化
 第2章 初期人類たちは何を語るか
 第3章 人類は平和な生物
 第4章 森林から追い出されてどう生き延びたか
 第5章 こうして人類は誕生した。

第2部 絶滅していった人類たち
 第6章 食べられても産めばいい
 第7章 人類に起きた奇跡とは・・・
 第8章 ホモ属は仕方なく世界に広がった
 第9章 なぜ脳は大きなり続けたのか

第3部 ホモ・サピエンスはどこへ行くのか
 第10章 ネアンデルタール人の繁栄
 第11章 ホモ・サピエンスの出現
 第12章 認知能力に差はあったのか
 第13章 ネアンデルタール人との別れ
 第14章 最近まで生きていた人類

終章 人類最後の1種
 人類の血塗られた歴史
 ホモ・サピエンスだけが生き残った

この本の序章の前に書かれているのが横の「主な人類」の図。人類の進化を説明するときに、このような図を見ることが多い。これまではさっと見過ごしていたが、この本を読んでいる間に何回もこのページに戻った。なるほど、そういうことか、と自分で確かめ直すことができる図だ。

ここにはホモ・サピエンスを含めて17種の人類がのせられている。
詳しく言うと、最古の化石人類といわれているサヘラントロプス・チャデンシス(今から約700万年前)から私たちホモ・サピエンスまでには25種の人類がこの地球にいたそうだ。
そして現在にはホモ・サピエンス以外の人類はいない。頂点に立っているという言い方がいいのか、他の24種の人類が絶滅したからホモ・サピエンスしかいないのか。どちらにしても人類はホモ・サピエンスしか生きのこらなかった。なかなか衝撃的な導入ではじまる本だった。

どこで人類と判断するのか

この本によると「現在の大型類人猿すべての共通祖先は、およそ1500万年前に生きていたと考えられている。そこからまずオランウータンの系統が分かれ、次にゴリラの系統が分かれた。さらにその後でチンパンジーの系統とヒトの系統が分かれたが、それは約700万年前のことだと推定される。・・・・最古の化石人類は約700万年前のサヘラントロプス・チャデンシスである。このサヘラントロプス・チャデンシスも含めて化石人類は25種ぐらい見つかっている。これらの化石人類すべてと現世のヒトをまとめて人類という。つまりチンパンジーに至る系統とヒトに至る系統が分岐してから、人に至る系統に属するすべての種を、人類と呼ぶのである。」 なるほど、そんなふうに考えるのか。

では人類とそれ以外の類人猿は、化石のどこを見て判断するのだろうか。
それは上の図にある「頭蓋骨にある大後頭孔(だいこうとうこう)」という脊髄が通る穴の位置から判断するそうだ。
私たちヒトは直立歩行をしているので、頭蓋骨の下側のほぼ中央に開いている。
チンパンジーやゴリラの大後頭孔は、ヒトと比べるとかなり後ろに位置している。
これは四つん這いになって歩く姿勢をとってみるとよくわかる。ヒトは真ん中に脊髄が通っているので、顔が地面を向いてしまう。前を向くためには、脊髄が通る穴が頭の後方にないといけないのだ。
なるほど、とまた感心してしまう。
さらに2つ目は犬歯の大きさ。
チンパンジーやゴリラの犬歯は牙である。ヒトの犬歯は牙の働きをしない。
大きな犬歯は闘いの時に有利である。しかし我々ヒトはその犬歯を必要としない生活を選んだ。オス同士が争うような一夫多妻や多夫多妻ではなく、一夫一妻に近い形を人類は選んだらしい。そのことが目次にある「人類は平和な生物」に説明が書かれている。
ここでも「へーっ、そんなふうに考えるのか」と思う。

直立歩行したのは人類だけ

この本で「直立歩行しているのは人類だけ」と書かれている。人間が直立歩行しているのは当たり前、とつい思ってしまうが、あらためて考えるとそうだ。
 地球上にたくさんの動物がいる。それぞれが進化してきて今の形態になったわけだが、直立歩行へ進化した動物は一種類もない。人類以外には。
 四本足で歩いて生活をしていた動物が、直角に立ち上がるのだから相当な変化だ。それだけの理由と利点があるはずだ。しかしその利点のために直立歩行へ進化した動物はいないことに気づくと、確かに人類だけが直立歩行へ進化のかじを切ったことが大変特別だったことに気づく。
詳しいその説明は本を読んでほしい。上の図は直立歩行をし始めたと考えられているアルディピテクス・ラミダス。森の生活と平地の生活の両方をしていたようだと考えられているそうだ。
 今まで発見されている化石には、四本足と直立歩行との中間のものは見つかっていないそうだ。進化のスピードが早かったからとこの本では推測している。

 地球に住む人類が経験してきた直立歩行への道は珍しいようだ。SF映画に出てくる宇宙人の多くは直立歩行をした2本足の人類型だが、その宇宙人も人類と同じような進化をしてきたと考えるのは?かもしれない。そうすると宇宙人の形態ももっとバラエティにとんでいそうだ。

隣人としてのネアンデルタール人

ネアンデルタール人とホモ・サピエンスはこの地球上で、同じ時代を生きてきたという。 しかし今地球にいる人類はホモ・サピエンスだけ。ネアンデルタール人は絶滅してしまった。

どうしてネアンデルタール人は絶滅してしまったのだろうか。それは過去にいた25種といわれている人類の絶滅も同じことだ。

これまでにもたくさんの仮説があったそうだ。ホモ・サピエンスと武力衝突が原因だという説もある。
ネアンデルタール人とホモ・サピエンスとの交流は会ったようだが、戦争状態に会ったとはこの本では言っていない。ネアンデルタール人のほうがホモ・サピエンスを避けていたようだ、という説も紹介されている。

私が一番興味を持ったのは、ネアンデルタール人の脳のほうがホモ・サピエンスより大きいということだ。

ネアンデルタール人の脳の大きさは平均約1550ccで、大きいものは約1700ccのものもあるそうだ。1万年前ぐらいのホモ・サピエンスは平均約1450ccで、現在のホモ・サピエンスは約1350ccである。私たちホモ・サピエンスの脳の大きさはピークをすぎ、ちいさくなってきているのだ。もちろん脳の大きさだけで知能の良し悪しを判断することはできない。しかしネアンデルタール人の大きな脳はどんなことを考えていたのだろうか。この本では仮説として「記憶力」をあげている。記憶容量が大きかったのかもしれない。
私が何年も前に読んだ本に「大地の子エイラ」がある。ネアンデルタール人に育てられたクロマニョンの子どもエイラ。ネアンデルタール人とホモ・サピエンスとの交流を背景にした小説だった。ここでネアンデルタール人の子孫に受け継がれる本能のような財産としての記憶のことが書かれていたことを覚えている。
 私たちホモ・サピエンスと違った知的生命体としてのネアンデルタール人がいたことをなんとなく懐かしくおもってしまう、そんな本だった。

 

 

 

第31回関西矯正展

第31回関西矯正展に行ってきた。
今年も大入り満員だった。土曜、日曜の二日間の開催。土曜日は別の用事があったので、日曜日に行った。写真のように大お天気だった。

堺市のホームページにもこの矯正展のことが紹介されている。

内容の部分にはこのように書かれている。

「刑務所について皆様に広く知っていただくために、大阪刑務所で年1回開催している催事です。会場では、矯正広報パネル展示、所内見学、刑務所作業製品の展示即売、各種団体によるイベント等が行われます。印象くコーナーもたくさんあります。
 NHK連続テレビ小説「まんぷく」に出演の大谷亮平さんが1日所長としてオープニングセレモニーに出演。また、初日には、登美ヶ丘高校ダンス部の出演もよていされています。」

開催の刑務所での作業製品がたくさん並んでいる。  

私の楽しみの一つは、新製品の展示。
昨年は参加者が選ぶ用紙が配られたが、今回私が行ったときにはなかった。1日目だけだったのかもしれない。工夫したものが展示されていて、見ていてその丁寧さがわかる。

審査員特別賞というのがあった。25番「エンディングノート」だった。
木工細工もしっかりとした本物で、こどもたちがよろこぶものがたくさんあった。

堺の伝統産業の一つ、緞通(だんつう)の実演があった。スタッフの了解のもとで写真をとらせてもらう。細かい作業だ。

伝統産業の担い手の一つとして、刑務所の作業製品があるそうだ。

私はここで緞通で作ったマウスパッドを買った。
「こんな絨毯みたいなもので、マウスパッドの役割を果たすんですか?」と聞くと、「最近のマウスは光で移動を感じていますから、大丈夫です」とスタッフの人が笑っていった。なるほど、そうだ。

買ったマウスパッドにはこんな説明があった。

「品名 堺式手織緞通(大阪)
 材質 本体 紡毛糸(羊毛) 軽横糸 綿
 サイズ 200×200×20(ミリ) 0.14Kg 」

検査済みの朱印も押されている。本物だね。

お昼はプリズンカレー。あとでピリッと来る辛口カレーだ。
うどん、やきそば、ポテトフライと子どもが喜ぶ食べ物も販売されていた。

くまもんなどのゆるキャラもたくさん出演していた。
堺刑務所は街の中にある刑務所。地域の理解や市民の協力が必要なのでこのような取り組みがなされているのだと思う。
私はマウスパッドのほかに、サンダルを買った。一昨年に買ったサンダルがだめになったからだ。2年間もつとは思わなかった。今年はデザインの違うものを買った。
スーパーで買ったら半年ぐらいしか持たないが、ここで買うと1年以上持つ。
障害者の団体のパフォーマンス舞台、フラダンスの公演、バトンの発表、救急道具満載の消防署の車の展示、自衛隊の車、検察庁のパネルコーナー、性格診断、ネイルアート、堺刑務所で作った食パンの即売、などなど市民が1日楽しめるものが展示されている。これを企画し、実施される苦労も想像される。ご苦労さまです。

来年も是非行ってみたいところだ。