ハイジとドレミの歌 21

楽友協会でのコンサート

夕食を食べたレストラン。町中のしゃれたレストランという感じ。

デザートはザッハートルテのようなチョコレートのケーキ。
味はやっぱり本物の方に軍配が上がる。しかしこのザッハートルテはドイツでは人気があるようだ。
ホテルに戻り、少し休憩をとってからコンサートに向かう。

ここがウィーン楽友協会。
ウィキペディアの説明によると

「ウィーン楽友協会(ドイツ語: Wiener Musikverein ヴィーナー・ムジークフェライン)は1812年に設立されたオーストリア・ウィーンにあるクラシック音楽関係者による団体(ウィーン楽友協会(ドイツ語版))およびその本部の建物。団体の正式名称はDie Gesellschaft der Musikfreunde in Wien。日本では「楽友協会」と呼ばれることが多い。 大ホールは通称「黄金のホール」と呼ばれ、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地として知られる演奏会場である他、同じ建物に資料室や出版社、ベーゼンドルファー(ピアノメーカー)などが同居している。」

ウィーン・フィルハーモニーが毎年大晦日に、ニューイヤーコンサートをおこなっているところ。なんともきらびやかで豪華。
舞台が客席の直ぐ側にある。また演奏する楽団の横にも客席がある。

演奏中は撮影禁止なので、演奏前はあちこちでスマホで撮影している人が多い。
楽団の人たちの衣装も、モーツアルトの時代の衣装で、見ていても楽しい。
オペラの一節があったりして、音楽の堪能な人には魅力的なものだったと思う。
音響の素晴らしさから「黄金のホール」とよばれているらしい。
とにかくテレビで見ていたニューイヤーコンサートの会場にいることが感激だった。
いい席で音楽を聞き、衣装や楽器を見て、歌声にひたることのできた時間だった。

曲目を詳しく書いたパンフレットはなかったので、曲名についてはよくわからなかった。アンコール曲の曲名が、日本の演奏会によくあるようにホールに貼ってないかなあとおもったが、それもなかった。

演奏会が終わり外に出ると、楽友協会の向こうに見えるドームの上に金星らしい星が輝いていた。スマホで写真をとる。上の写真の青い点が金星(だと思う)。

歩いてホテルに戻る。円筒のようなところに部屋があるので、窓に映る部屋の映り込みがおもしろかった。
いよいよ明日は旅行の最終日。
みどころがたくさんある旅だ。