すなば珈琲

スタバじゃなくて、すなば

鳥取駅前までもどってきた。
お目当てはいっとき世間を騒がしたあの「すなばコーヒー」店だ。

珈琲店のドアを開けるとマツコのお出迎え。こんなことが書かれている。

「マツコ・デラックス様へ
 いつも鳥取県に並々ならぬ関心を持っていただき、また誰よりも応援(心配)してくださいまして誠にありがとうございます。
 貴女様がMCを務める番組「月曜か夜更かし」で鳥取問題を数多く取り上げて頂き、それをきっかけに「すなば珈琲」をオープンするに至りました。
 おかげさまで連日満員の大盛況になりまして、心より感謝申し上げる次第でございます。
 当店では、マツコ様がいつの日かご来店されるのを心よりお待ちしております。
いつお越しいただいても決して失礼のないようにと、専用の指定席とマグカップもご準備させて頂きました。
 とびっきり美味しいコーヒーを淹れされて頂きますので、ぜひともお立ち寄りくださいませ。
                         すなば珈琲一同    」

横にはミニチュアの砂場の遊び場がある。さて、マツコはここに来たのだろうか。
そもそもこの「すなば珈琲」は、鳥取県知事の平井知事が「鳥取にはスタバはないけれど、日本一のスナバがある」という発言が発端になっている。
スタバがないなら地元の企業がつくろうと考えたのが「すなば珈琲」。現在では8店舗もある。
スターバックスコーヒーは、2014年4月に全国都道府県の最後の県である鳥取県に開業している。

店内はパッと見たところは普通の喫茶店。テーブルとカウンター席がある。お昼時なのでかなり混み合っている。
ところが奥の狭い通路を通ったところに「すなば珈琲」所以の砂場の席がある。

このルームの床は砂場になっているのだ。

お昼のランチをいただく。

これが「すなば珈琲」。
「砂焼きコーヒー」というのがあった。「248度に熱した鳥取砂丘の砂でじっくり焙煎した豆を使用しています。酸味が少なく、独特な風味と苦味をお楽しみ頂けます」と書かれていた。

コーヒーを飲んでいると、何か底に文字が書かれているようだ。
「あたり」とか『もう一杯飲めます」とか「おかわり無料です」なんて書かれているのかなあ、と思いながら飲み干すと、
ラクダとコーヒーカップの絵と、PREMIUM QUALITY の文字が現れた。
なるほど「月の砂漠」だな。

レジのある壁に日本地図が貼ってあった。
「目指せ!! シアトル!!」と書かれている。
お店の人に許可を得て写真を取る。
日本全国からこの「すなば珈琲」に来ていることが、刺してあるピンによってわかる。 「東京から来ました」とか「北陸から来た」などのメモがはられている。なかなかおもしろい。

シアトルというのは、スターバックスコーヒーの発祥の地。1971年にアメリカ・シアトルに第1号店が作られたそうだ。

私は1980年代にアメリカに行ったとき、シアトルで飛行機の乗り換え待ちをした。そのとき、空港のスターバックスに入ったことがある。
その時、「スターバックス?、変わった名前だなあ」と思った。
ネットで調べてみると、「メルビル作『白鯨』に登場するコーヒー好きな航海士の名前がStarBuck だったことと、シアトルにあるレーニア山の鉱石採掘場Starbo から名付けられた」そうだ。

https://www.yuraimemo.com/947/

日本に帰ってから、スターバックという登場人物がでてくる映画を見たことがあるので、スターバックという名前の人がいることは知った。しかしメルビルの白鯨にもスターバックという人物がいたことは知らなかった。

鳥取駅前の「すなば珈琲」は「スターバックスコーヒー」と全く違いことがわかって、これも面白かった。鳥取県民のユーモアセンスを感じた店だった。

 

 

 

 

鳥取砂丘そばの三角点

三角点を探る旅 44

鳥取砂丘のそばに三角点はないかとさがすと、地図上で三等三角点を発見した。
砂の博物館から歩いていけそうだ。

アイフォンの地図を見ながら歩くことにした。 雨が小ぶりで、人は通っていない。 なし販売店が両側のあちらこちらにある。歩くこと20分を超えたと思う。
上の写真の山の中にありそうだ。

山頂に続きそうな石段が出てきた。

「弥長神社 石段建設碑 氏子中」と彫られた柱が入口付近に建てられている。

この石段が神社の名前のように長かった。
100段以上はあったと思う。雨が降ったりやんだりなので、手は傘とアイフォンでふさがっている。少し急な石段には手すりはない。石段の横に生えている木々に助けてもらいながら登っていった。

地図を見ると三角点のある山頂付近は109mほどの高さだからかなり急な斜面だ。

やっと神社の姿が見えてきた。
このお社の後ろにある山に三角点があるのだろう。神社の裏にまわる。

うーん、、、、これは大変だ。
山の斜面は急で、道らしきものはない。歩けそうなところを登ろうとするが、雨のための地面が濡れていてすべりやすい。体を支えるために手を伸ばしてつかもうとした木も濡れている。登れそうな場所を探すがどうも無理なようだ。お天気が良くて地面も乾いていたら、がんばって登って行けるかもしれないが、今回はあきらめよう。
雨がやまないからそのほうが安全だろうと考えた。

大阪に帰ってグーグルの地図で調べてみた。空中写真が下の写真。

写真の「弥長神社」までは登ったが、周りは山林。山頂らしいところには空き地もない。これは大変なところだなあ、と確認した次第。

国土地理院のホームページから、ここの三角点の写真を調べた。
その写真が下の写真。

こんな三角点が発見できるはずだったが、だめだった。
でも写真を見ると周りは草木におおわれているようだ。草が伸びていたら三角点は草に隠れていてなかなか発見できないかもしれない。
次の機会があれば、と思うがかなり難しそうだ。
三角点を探る旅にはこんなこともあるさ、とつぶやいて砂丘博物館のバス停に戻ることにした。

 

 

 

 

 

 

鳥取砂丘 砂の美術館

「風見鶏さん」のブログにあった「砂の博物館」に行ってきた。

JR「鳥取駅」からバスに乗って約20分。「砂の美術館前」で下車。

鳥取駅の周辺にも「砂の美術館」のポスターや案内の写真があちこちにあった。

「私も作る手伝いをしよう」とバケツに手を伸ばす妻。

本当はこの人達が砂の美術館の作品を作った人たち。 イタリア、ロシア、ベルギー、オランダ、アメリカ、オーストラリア、カナダ、リトアニア、ラトビア、そして日本の10カ国20人の人達が制作に関わったそうだ。

まずは全体の様子を見てみよう。

なんとも壮大な作品群だ。 そばに寄ってみると、細部まで丁寧に作っているのがわかる。

本当に砂でつくってあるのかな?と思わず疑ってしまうほど。

こんな帆船や森の木々も。鳥取砂丘の砂で作ってあるというのだから驚き。

「砂の博物館」のホームページがある。そこから引用させてもらったのが以下の文。
写真は砂の厚みがわかるように撮したもの。これくらいの厚みがないと掘ることができないのだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自然が気の遠くなるような年月を経て作り出した造形美である「烏取砂丘」。

そこに人の力で新たな造形美を創り出し、この地を訪れる人に今までにない感動と感激を与えたい。そんな思いが現実となり、2006年11月18日に「砂」を素材にした彫刻作品である「砂像」を展示する「砂の美術館」が開館しました。

砂像彫刻家兼プロデューサーとして国内外で活躍している茶圓勝彦氏が総合プロデュースを務め、毎年海外各国から砂像彫刻家を招き、世界最高レベルの砂像を展示しています。

砂の美術館は、「砂で世界旅行」を基本コンセプトとし、毎年テーマを変えて展示を行なっています。会期が終われば、砂像はもとの砂にかえっていきます。限られた期間しか存在することができない砂像。その儚くも美しい造形を創り上げる為に、砂像彫刻家は情熱を注ぎ込みます。 永遠に残らないがゆえの美しさが、砂像のもつ大きな魅力の一つなのです。 出来上がった作品の精巧さや迫力はもちろんのこと、決まった場所に限られた期間しか存在できない砂像の持つストーリーを感じながら鑑賞すると、より砂像の魅力を感じて頂けると思います。

第1期展示(テーマ/イタリア・ルネサンス)は屋根のない完全な屋外で展示をおこないました。その後、第2期展示(テーマ/世界遺産・アジア編)、第3期展示(テーマ/砂で世界旅行・オーストリア編)、第4期展示(テーマ/砂で世界旅行・アフリカ)と3回の展示は大きな仮設テントでおこないました。

そして2012年4月、世界初となる砂像のための展示施設を整備し、新たな「砂の美術館」が誕生。屋内での初の展示となった第5期展示に「砂で世界旅行・イギリス編」を開催。その後の第6期展示「砂で世界旅行・東南アジア編」、第7期展示「砂で世界旅行・ロシア編」を経て第8期展示「砂で世界旅行・ドイツ編」、第9期展示「砂で世界旅行・南米編」、第10期展示「砂で世界旅行・アメリカ編」を開催。2018年4月14日~2019年1月6日は第11期展示「砂で世界旅行・北欧編」をおこなっています。

http://www.sand-museum.jp/about/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どのようにして砂像を作るのだろう。 ネットでその様子がわかるのがあった。

 
手間ひまかけたと言うと失礼か、時間と根気と情熱が作り出す芸術と言えそう。
今年は11回目だそうだ。来年はどんなテーマでするのだろう。機会があれば来年も訪れたいと思う。