ハイジとドレミの歌 18

フリータイムで蚤の市

なかなか立派なホテル。一番下の三枚目の写真は朝食レストラン。

ハムとチーズもあるけれど、野菜とヨーグルトをしっかり食べよう。

朝食の後はフリータイム。私達はガイドさんの案内で「蚤の市」に向かう。
上の写真にあるウィーンを感じさせる建物は、オペラ座。今日はよく晴れている。

目的の場所に到着。目に入ったのは色とりどりのフルーツがいっぱい。スーパーマーケットのような雰囲気の店がずらっと並んでいる。

スーパーマーケットのような店の並びをすぎると、テントの店が並んでいる。

ここが「蚤の市」。何でもそろうといわれているところ。
ぐるっとみてまわる。なにか面白そうなものを買ってみようかと思ったが、値段交渉ができないこと、並んでいる品物の値打ちがよくわからないので何も買わなかった。
ツアーの人の中で、ここで買った人がいたのでびっくりした。

蚤の市見学を終了して、街の中心部にもどって、ザッハーホテルを探す。
道がわからなくなったので、服飾店に入って場所を聞く。
年配のお店の人に英語で尋ねるがわかりにくい。地図を出すが今度は私達がドイツ語の地名が読めない。〇〇という店が目印、ということなのでお礼を言って出る。
さてそのお店がまたわからない。ぐるぐるまわってやっと発見した。あとから考えるとごく近いところにいたんだ。

これが有名な「ザッハートルテ」。オーストリアのホテル・ザッハで提供されているお菓子(トルテ)。 1832年、料理人フランツ・ザッハーが考案したデザート。フランツの子どもがホテル・ザッハーを開業し、そのレストランとカフェで提供されたといわれている。
ツアー会社のケーライントラベルからミールクーポンをもらっていたのでそれを利用する。メニューを見てコーヒーで珍しそうなものを注文するが、このクーポンではここまでといわれた。でも本場のウィンナ・コーヒーと本物のザッハトルテは最高だ。ホテルの外のカフェで、周りを見ながらザッハトルテとウィンナ・コーヒーは格別だった。

私が行きたかったのはここ「SPANISCHE HOFREITSCHULE」。スペイン乗馬学校だ。
オーストリアが最盛期の頃、領土にスペイン領があった。そこからこの名前が来ていると思う。

ここではルネッサンス時代からの乗馬芸術が引き継がれていると言う。430年以上の伝統がのこる世界で唯一の場所だそうだ。チケットを買おうかと思ったが、写真のように大混雑。詳しいプログラムもわからないので、明日のフリータイムに来ることにした。
建物の中にあるショップで記念になるものを探してみた。

写真のように肩にかけるカバンを買った。この大きさならノートパソコンも入る。
カバンの写真のように、白い馬が演技をすることで有名。
スペイン乗馬学校のホームページがある。

https://www.srs.at/

この付近は白い馬が馬車を引いている。
午後はハプスブルク家の夏の離宮「シェーンブルン宮殿」の見学だ。
さあ、ホテルに戻ろう。