ハイジとドレミの旅 19

夏の離宮 シェーンブルン宮殿

シェーンブルン宮殿(シェーンブルンきゅうでん、ドイツ語:Schloss Schönbrunn)は、オーストリアの首都ウィーンにある宮殿。ハプスブルク王朝の歴代君主が主に離宮として使用した。 現在、同宮殿と庭園群は世界遺産に登録されている。 皇帝マティアス(在位:1612年 – 1619年)が狩猟時に美しい(schön)泉(Brunn)を発見したためにシェーンブルンと命名したと伝えられている。(ウィキペディアより)

 

とにかく大きい。カメラにワンショットでおさまらない。
1441室あるとか、東京ドーム何個分などと説明があったが、確かに広い。
残念ながら宮殿内は撮影禁止。

写真を写せるのはここまで。ここから豪華な装飾のある部屋がたくさん並んでいた。

私が一番記憶に残っているのは暖炉。
どの部屋にも大きくて形のいい、そして豪華な作りの暖炉がある。
ガイドさんの説明によると「ほら、壁に隠しドアがあるでしょ」。
なるほどそういえば壁に目立たないような線が見える。これが隠しドアなんだそうだ。実は暖炉を燃やし続けるために、装飾された壁の向こうに暗くて暑い部屋があり、そこで暖炉のまきを燃やしつづけている人がいたそうだ。
そう、奴隷のような仕事をしている人がいたのだ。
当時は「壁の後ろで暖炉を燃やすような人間にはなるな」という軽蔑した意味での言い方があったそうだ。きらびやかで豪華なハプスブルク家の繁栄の裏には、そういう人たちの犠牲があったのだと感じた。

外に出ると、結婚式を上げてきたかのようなカップルが遠くに見えた。

違う方向にもまたウェディングドレスのような姿の人達が。
結婚式にはもってこいの建物なのかもしれない。

きれいに手入れされた庭園。春夏秋冬に合わせた庭造りが行われているのだろう。馬車も園内を走っている。

暑いのアイスクリームを買うことにした。
私達が並んでいると、親子連れや外国から来た人らしい人たちがならんできた。
やっぱりみんな暑いんだ。

さあ入口付近のお土産物屋さんに行こう。何か記念になるものがあるかもしれない。
それにしても空が青い。雲の形もこの宮殿にピッタリ合いそうな感じ。
次の目的地はシュテファン寺院だ。

 

 

 

 

 

ハイジとドレミの歌 18

フリータイムで蚤の市

なかなか立派なホテル。一番下の三枚目の写真は朝食レストラン。

ハムとチーズもあるけれど、野菜とヨーグルトをしっかり食べよう。

朝食の後はフリータイム。私達はガイドさんの案内で「蚤の市」に向かう。
上の写真にあるウィーンを感じさせる建物は、オペラ座。今日はよく晴れている。

目的の場所に到着。目に入ったのは色とりどりのフルーツがいっぱい。スーパーマーケットのような雰囲気の店がずらっと並んでいる。

スーパーマーケットのような店の並びをすぎると、テントの店が並んでいる。

ここが「蚤の市」。何でもそろうといわれているところ。
ぐるっとみてまわる。なにか面白そうなものを買ってみようかと思ったが、値段交渉ができないこと、並んでいる品物の値打ちがよくわからないので何も買わなかった。
ツアーの人の中で、ここで買った人がいたのでびっくりした。

蚤の市見学を終了して、街の中心部にもどって、ザッハーホテルを探す。
道がわからなくなったので、服飾店に入って場所を聞く。
年配のお店の人に英語で尋ねるがわかりにくい。地図を出すが今度は私達がドイツ語の地名が読めない。〇〇という店が目印、ということなのでお礼を言って出る。
さてそのお店がまたわからない。ぐるぐるまわってやっと発見した。あとから考えるとごく近いところにいたんだ。

これが有名な「ザッハートルテ」。オーストリアのホテル・ザッハで提供されているお菓子(トルテ)。 1832年、料理人フランツ・ザッハーが考案したデザート。フランツの子どもがホテル・ザッハーを開業し、そのレストランとカフェで提供されたといわれている。
ツアー会社のケーライントラベルからミールクーポンをもらっていたのでそれを利用する。メニューを見てコーヒーで珍しそうなものを注文するが、このクーポンではここまでといわれた。でも本場のウィンナ・コーヒーと本物のザッハトルテは最高だ。ホテルの外のカフェで、周りを見ながらザッハトルテとウィンナ・コーヒーは格別だった。

私が行きたかったのはここ「SPANISCHE HOFREITSCHULE」。スペイン乗馬学校だ。
オーストリアが最盛期の頃、領土にスペイン領があった。そこからこの名前が来ていると思う。

ここではルネッサンス時代からの乗馬芸術が引き継がれていると言う。430年以上の伝統がのこる世界で唯一の場所だそうだ。チケットを買おうかと思ったが、写真のように大混雑。詳しいプログラムもわからないので、明日のフリータイムに来ることにした。
建物の中にあるショップで記念になるものを探してみた。

写真のように肩にかけるカバンを買った。この大きさならノートパソコンも入る。
カバンの写真のように、白い馬が演技をすることで有名。
スペイン乗馬学校のホームページがある。

https://www.srs.at/

この付近は白い馬が馬車を引いている。
午後はハプスブルク家の夏の離宮「シェーンブルン宮殿」の見学だ。
さあ、ホテルに戻ろう。

 

 

 

ハイジとドレミの歌 17

仔牛のカツレツ

ザルツブルグとウィーンの距離はおよそ300キロメートル。

急に雲が黒くなり、雨が今にも降り出しそうになる。 バスが早いか、雲が早いか。競争のようにしてウィーン向かう。

ウィーンの街は雨が降っていなかった。そろそろ午後8時になるのだがまだまだ明るい。 緯度が高いとこんなふうにになる。白夜というのは大げさかもしれないが・・・。

ウィーンで一番古いレストランとして有名な「グリーヒェンバイスル」。1447年創業といわれている。

落ち着いた雰囲気の室内

やはりビールはおいしい。

前菜に野菜があってよかった。

ヨーロッパのパンはおいしいという評判があるが、たしかにおいしかった。

なにか準備をしている・・・

これが名物のカツレツ。 全部を食べきることはできなかった。マスといいカツレツといい、もう少し若いときに来ていたら完食していたのに。

ベートーヴェンやモーツアルトもこのレストランに来ていて、壁にサインをしたと言うことでも有名なレストラン。 その部屋を案内してもらって説明を聞くが、その文字が読み取れない・・・

日本人のサインもあった。假屋崎省吾という名前が読めた。

世界各地、各時代の有名人が来ているようだ。 大地真央主演のサウンド・オブ・ミュージックのポスターが貼ってあったり、「ミセス」の本が展示されていた。

デザートを食べる頃に、アコーディオン演奏によるアトラクションがあった。
ツアーの人で歌の上手な人がそれに合わして歌うなど、一気に音楽の都ウィーンが身近になった。

食事の後、連泊するGRAD WIEN ホテルに向かう。