ハイジとドレミの旅 9

クララゆかりの温泉へ

ホテルで朝食。静かな街だ。トラクターが通り、広い牧草地があり、ここはスイスだ。お天気もいい。今日はクララゆかりの温泉保養地「ラガッツ温泉」に向かう。

私達のバスの横には、阪急のトラピックスの車が止まっていた。「ANA往復利用 決定版スイス」と書いてあった。

ここが「バード・ラガッツ駅」。

「ラガッツ温泉」の入口付近。

建物はいろんなモニュメントで飾られている。スイスやオーストリアの街や建物にはこのようなモニュメントが多く見られた。

温泉の入口。温泉と言っても療養のための温水プールのこと。
外国の温泉は水着を着て入るのが普通。ここもそう。
中は白を貴重とした清潔なプール。屋外のプールもある。室内には40度ぐらいから少しずつ温度を変えた大小のプールがある。打たせ湯的な設備があったり、外の温泉にはジャグジーもありゆっくりと温泉と楽しむことができる。二階にはゆったりとした椅子が置かれ、日光浴ができたり、日焼け用のライトらしきものも設備されていた。近くのホテルで滞在しながら、温泉で療養するところだ。日本の温泉旅館とは雰囲気が全く違う。
クララやクララのおばあさんが滞在し、温泉で療養したりくつろいで時間を過ごしたことが想像された。

温泉内はもちろん撮影禁止。
なかの様子がわかるものはないかとネットを探したら「スイスのおすすめ温泉地」というホームページがあったので紹介しておく。ラガッツ温泉も載せたれていた。

https://fishand.tips/column/c_switzerland/5-best-spa-resorts/

この日はとても天気が良かった。アルプスに雲がかかっている。

街には二軒のスーパーマーケットがあった。上の写真はそのうちの一つのCOOP
生協の店かな?
私達は二軒とも入ったが、もう一つのスーバーでチョコレートを買った。
レジで並んでいると、年配の女性の人が英語で声をかけてきた。
どこから来たのですか?    日本です。
チョコレートですね。ここのチョコレートはとてもいいですよ。
などと他愛もない話だったが、心が暖かくなった。

下の写真はこれは面白い構図だなあと思ったのでパチリ。何してるの?

巨大なハイヒールとカタツムリ。どうしてこの街にカタツムリと思うほど黄色いカタツムリがあちこちにいた。

5つ星ホテルの前でフォークダンスをやっていたので、一緒に踊ってみた?1

 

美しい街並みのラガッツ温泉周辺の町並みともお別れ。
バスに乗ってザルツブルクに向かう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です