ハイジとドレミの旅 5

マイエンフェルト

レストランの途中で寄ったのが、マイエンフェルトにある「ハイジの泉」。
(場所は下の地図を参照)

この街にはぶどう園がたくさんある。スイスは知る人ぞ知るワインの名産地なのだそうだ。ほとんどが大手の会社に買い取られ、一般に出回ることがないと言われるワイン産地なのだとか。スイスのワインが飲みたければ、スイスに来て買うしかない、ネットで買うしかないなどとガイドさんからの説明があった。ワイン好きの人にはたまらないのだろうと思う。

やってきたのがレストラン。「ハイジオフ」、本業はホテル。ここで昼食。

スイスのハイジ。ちょっと日本のジブリのハイジと違って野生的な感じ。

中国人の団体が先に食事をしていた。この人達は私達のようなハイキングの計画はなかったようだ。食べ終わるとバスに乗って移動していった。

私達にお馴染みのジブリのハイジがこのお店で登場。
ガイドさんの話によると、ジブリのハイジはスイスでは放映されていないそうだ。
スイス以外の国では放映されている。その理由の一つに宗教色がまったく消されているということだそうだ。たしかに「アルプスの少女ハイジ」は、キリスト教文学のひとつなのだ。あらためて読んでみると、キリスト教の教えが反映されていることがよく分かる。それからヨーゼフというセント・バーナード犬はジブリのアニメにしか登場しない。原作にもないし、セント・バーナード犬はスイス原産の犬でもない。
ただ現在ではスイスの人たちも、ジブリのハイジで有名になっているし、セント・バーナード犬のおかげでますますスイスが有名になっているということで、笑いながら見逃しているということらしい。スイスは観光立国だからそこからの判断だと思う。

昼食の後、ハイキング気分でハイジの小屋に向かって歩きはじめる。 ここはどのへんかというと、下の地図のように 、ハイジホフが昼食のホテル・レストラン。
私達はそこからハイジの家に歩いて行き、おんじの小屋までのハイキングをめざしている。下の地図の、行ったり来たりしている青い線がハイキングのルート。

カラン、カランと軽い鈴の音が響いている。牛の首につけられた鈴の音だ。暑さを忘れさせるような軽やかで涼し気な音色だ。 ここに来てはじめて、ハイジの世界が目の前に迫ったくるのを実感する。
下の写真がハイジの小屋として知られている小屋。「アルプスの少女ハイジ」のハイジの小屋のモデルなんだろうと思う。
まずはハイジの小屋の見学から始めよう。