ハイジとドレミの旅 1

毎年の恒例になってしまった「松本侑子さんとの旅」。 今回は「ハイジ」と「サウンドオブミュージック」の舞台となった「スイス」と「オーストリア」の旅。

今回の旅行のテキストとなるのは松本侑子さんの「私の青春文学紀行」。ここに「ハイジ」と「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台となるスイスとオーストリアでの取材による著作がのせられている。

この旅では、現地ガイドさんからの丁寧な説明や現地の紹介があったが、松本侑子さんによる「ハイジ」や「サウンド・オブ・ミュージック」の文学作品としての紹介やご自身の書かれた「私の青春文学紀行」の朗読もあり、単なる観光旅行の枠を超える「スイス・オーストリア」の旅となった。

時間を追って旅行の様子を紹介してみたい。

成田空港を午前10時35分発のエアフランス275便にのる。ここから約12時間の飛行機の旅がスタートする。

この飛行機はボーイング777、300人以上が乗れるジャンボ旅客機。私達は今回も主翼近くのエコノミーの座席。機内食は2回出た。

間にアイスキャンデーがまわってきたので、それもいただいた。

高度1万メートルくらいのところを、時速900Kmぐらいのスピードで飛んでいる。それでもパリまでおよそ12時間あまり。当初の予定は12時間35分だったが、実際は12時間少々だった。気流の関係かもしれない。

12時間の間に見た映画は3本。

「ピーターラビット」
絵本そっくりのビーターラビットの実写版。
どのような撮影方法かわからないが、人間とうさぎの動きがぴったりだった。文部省推薦にはならないと思うが、走り、飛び、考えるピーターラビットがおもしろかった。

「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」・・・最新作。ツッコミどころマンサイ。だんだんとおもしろくなくなってきたスター・ウォーズ。あとはレイの活躍に期待するしかないようだ。

「シェイプ・オブ・ウォーター」・・・アマゾンで神として崇められた半魚人のような不思議な生命体。手話でコミュニケーションを図ろうとする女主人公。ストーリーはよくある展開だったが、どうして意思をつたえることができるのかというところが面白かった。映画「メッセージ」は宇宙人とのコミュニケーションだった。最近こんな映画が多いように思える。それは時代のせいか?

フランスのパリ・シャルル・ド・ゴール空港に着陸。
「ド・ドーン!!」と、これまで経験したことのないすごい衝撃。座席からも「ええーっ!?」という声が上がる。窓を見ると翼がグラグラと動いている。

羽のスポイラーと呼ばれる部分が上がって空気抵抗をうみだしているのがわかる。フラップが思い切り下がっているのもわかる。エンジンがすごい勢いで逆噴射。体が前に飛び出すくらいの逆加速。びっくりするようなパリ・シャルル・ド・ゴール空港のお迎えだった。

ここで飛行機の乗り換え。行き先は「チューリッヒ」。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です