じゃがいもの実

5月のはじめにジャガイモの花が咲いていたということを、ブログに書いた。
そのじゃがいもは5月の終わり頃に収穫されていた。 そのときに、ジャガイモの花が実になっていることを教えてもらった。それが上の写真。

だいたい100円玉ぐらいの大きさだ。

上の写真はベランダで栽培しているミニトマト。よく似ている。
じゃがいもにトマトの実がなった、と言われることがあるらしいが、なるほどよく似ているなあ。

半分に切ってみる。これが種になるのだろうと思う。
畑のオーナーさんの話によると、実から種を取ることはないそうだ。
メインは地下にできたじゃがいもだから、じゃがいもができたらこの畑は終了。次は田植えの準備が待っているからだ。じゃがいも畑は水田に変化していくのだ。

図書館で調べてみると、じゃがいもの実について書いてある本がいくつか見つかった。

この本では、じゃがいもを種から育てていった体験談が乗っている。
著者は東京の人で、手に入れたじゃがいもの種を東京で育てることを計画する。
100粒の種から94粒が発芽するが、あとの成長はうまくいかない。著者は北海道の農業試験場に行って取材をされている、

結果は温度のようだった。じゃがいもの原産地はアンデスの高地。低い気温と昼と夜の寒暖差、それがじゃがいもにとっての成長しやすい条件のようだ。
大阪では、実ができても、種から育てることはとても無理のようだ。

北海道では、野生種のじゃがいもが育てられ、人工授粉によっていろんな品種が作られているようだ。

野生種のじゃがいもの花は上の写真のようにいろんな色がある。

じゃがいもの実も,普段見ているじゃがいもと違ってバラエティ。

野生種、原種があるからこそ、これからも新しい品種ができるわけだ。
じゃがいもの花を見たことから、「実がなったら見てみたい、その種からどんなじゃがいもができるのだろう・・・」と、いろんな興味がわいていったことが、この本で解決できた。

 

上の写真はじゃがいも畑だったところ。
今は水田になって、田植えがすみ、白鷺がエサをさがしにきている。

 大阪の気候では、じゃがいの種から実ができないこと。現実的にはじゃがいも畑は次の利用のために耕作されるので、種ができるまでにじゃがいもは処理されてしまっている。もし種ができるまで待って種を収穫したとしても、大阪の気候では種からじゃがいもになるまで育てられないこともわかった。これも収穫の一つだ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です