西小学校 四等三角点

三角点を探る旅 40

ここは黒姫山古墳の近くにある堺市立美原西小学校。

ここには三角点がありそう。学校の中の三角点はよく保存されていることが多い。

 

運動場では地域少年チームが野球の練習をしているようだ。
地図を見ると写真の右側の木々の付近にありそうだ。

この木のなかのようだ。もう少し近寄ってみよう。

ありました。排水口の蓋の前に見えるのが三角点だ。

四等、の文字か見える。ここは「西小学校 四等三角点」というところ。
標高45.76m、とあるからやはり古い土地なのだろう。

「018」という数字が読める。
数字は2段で6桁の数字らしいが、地面に埋もれているのでよくわからない。
この6桁の数字についてネットで調べてみると、次のサイトに詳しく書かれていた。

http://29908990.at.webry.info/201510/article_5.html

これは「基準点」の「基」の文字かな? 地面深くにうまっている。周りを掘ってみるが道具がないので、手ではここまで。
「三角点を大切にしましょう」の立て札もなく、静かに木々の中に埋もれている。

緑に囲まれた中の四等三角点。周りに野球少年の子どもたちの元気な声が響いていた。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です