大池公園の三角点

三角点を探る旅 39

地図を見ると八上小学校から北に進むと、三角点があることがわかった。 さっそく行ってみることにした。

この公園にあるようだ。

今では珍しくなった、緑の公衆電話ボックスがある。

これが大池とよばれている池なのだろう。公園にある石碑には「灌漑用の溜池」として使われていたと書かれてあった。

 

きれいに整備されていて、広いグランド、遊具やベンチもあり、市民の憩いの場としてあるようだ。 グランドを清掃している人もいて、きれいに手入れされている。

三角点は、上の写真の左側の道路に沿ってある、街路樹付近にあるようだ。

この街路樹のところにあるはずなのだか、、、、何回か行き来するがわからない。

地図とアイフォンのGPSで調べると、この木の間付近にあるはずなのだが、何もない。周辺に移動されているかもしれないと、探してみるが、やはりない。

池の改修に伴って、公園の整備とともに、三角点は消えてしまったようだ。 地面の中に埋められたままになっているのかもしれない。
道路の拡張、公園の整備、池の改修などによって消えてしまう三角点がある。
ここ大池の三角点もそのうちのひとつなのかもしれない。

気を取り直して、学校にある三角点を探しに行こう。

*追加

上の写真は、国土地理院のホームページから「大池公園 四等三角点」の写真を探したもの。このブログの上から9枚目の写真とほぼ同じアングルで写真が撮られている。どちらの写真にも赤いパネルが見えるので、ほぼ同じ位置だといえると思う。
平成24年、今から6年前には三角点があったのだ。盛り土、植樹がされて姿が見えなくなってしまった。いつか機会を見つけてもう一度調べに行きたいものだ。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です