はやぶさ2 リュウグウに到着

朝日新聞6月27日(水)の夕刊の一面。
トップに「はやぶさ2 リュウグウ着」の見出し。

6月27日午前9時35分、はやぶさ2がリュウグウ上空20キロの軌道で並走していることが確認されたそうだ。
これから約1年半の観測(その中には3回の着陸と試料採取がふくまれる)をし、2019年の11月から12月のあいだに地球に向けてリュウグウを出発。
約1年の飛行の後、2020年11月から12月に戻ってくるという。

上の写真は、2010年7月末に相模原のJAXAに行ったときに私が撮った「はやぶさ」の写真。もちろん原寸大の模型だが、これぐらいの大きさだった。
はやぶさ2はほぼ同じくらいの大きさ。

上の写真は2014年11月29日に大阪市の科学館に行ったときに撮ってもの。ちょうど「はやぶさ2」の企画展が行われていて、実物大の「はやぶさ2」の模型が設置されていた。

この写真は相模原のJAXAにある「はやぶさ2」の実物大モデル。
「はやぶさ2」がサンプル・リターンして地球に戻ってきたときには、この模型が大人気になるに違いない。

上の相模原の「はやぶさ2」の写真は、左の冊子から引用した。

表紙は2018年1月18日に内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられた「イプシロンロケット3号」の発射の瞬間の写真。
イプシロンロケットも,日本産のロケットとして活躍が期待されている固体ロケット。

この冊子には「はやぶさ2」のミッションマネージャーの吉川真(よしかわ まこと)さんが文章を寄せている。
今後の「はやぶさ2」のミッションのスケジュールが書かれていたのでここに引用させていただく。

6月21日〜7月5日までに「小惑星到着 高度20Km」となっているが、ここまでのミッションが終了した。
新聞やテレビ報道でも言っていたが、ここからが本番。
2年後に地球に帰ってくるまでの活躍に目がはなせない。

「はやぶさ2」についての詳しい情報は下記のJAXAのホームページに有るので参照されたい。

http://www.jaxa.jp/projects/sat/hayabusa2/pdf/sat33_fs_20.pdf

 

 

 

じゃがいもの実

5月のはじめにジャガイモの花が咲いていたということを、ブログに書いた。
そのじゃがいもは5月の終わり頃に収穫されていた。 そのときに、ジャガイモの花が実になっていることを教えてもらった。それが上の写真。

だいたい100円玉ぐらいの大きさだ。

上の写真はベランダで栽培しているミニトマト。よく似ている。
じゃがいもにトマトの実がなった、と言われることがあるらしいが、なるほどよく似ているなあ。

半分に切ってみる。これが種になるのだろうと思う。
畑のオーナーさんの話によると、実から種を取ることはないそうだ。
メインは地下にできたじゃがいもだから、じゃがいもができたらこの畑は終了。次は田植えの準備が待っているからだ。じゃがいも畑は水田に変化していくのだ。

図書館で調べてみると、じゃがいもの実について書いてある本がいくつか見つかった。

この本では、じゃがいもを種から育てていった体験談が乗っている。
著者は東京の人で、手に入れたじゃがいもの種を東京で育てることを計画する。
100粒の種から94粒が発芽するが、あとの成長はうまくいかない。著者は北海道の農業試験場に行って取材をされている、

結果は温度のようだった。じゃがいもの原産地はアンデスの高地。低い気温と昼と夜の寒暖差、それがじゃがいもにとっての成長しやすい条件のようだ。
大阪では、実ができても、種から育てることはとても無理のようだ。

北海道では、野生種のじゃがいもが育てられ、人工授粉によっていろんな品種が作られているようだ。

野生種のじゃがいもの花は上の写真のようにいろんな色がある。

じゃがいもの実も,普段見ているじゃがいもと違ってバラエティ。

野生種、原種があるからこそ、これからも新しい品種ができるわけだ。
じゃがいもの花を見たことから、「実がなったら見てみたい、その種からどんなじゃがいもができるのだろう・・・」と、いろんな興味がわいていったことが、この本で解決できた。

 

上の写真はじゃがいも畑だったところ。
今は水田になって、田植えがすみ、白鷺がエサをさがしにきている。

 大阪の気候では、じゃがいの種から実ができないこと。現実的にはじゃがいも畑は次の利用のために耕作されるので、種ができるまでにじゃがいもは処理されてしまっている。もし種ができるまで待って種を収穫したとしても、大阪の気候では種からじゃがいもになるまで育てられないこともわかった。これも収穫の一つだ。

 

 

 

児童公園の三等三角点

三角点を探る旅 42

三等三角点があることがわかった。

近くに郵便局と広い大きなグラウンドがある。 ここは北引野児童公園というところ。

公園の道路側の端に三角点があった。

 

三角点の基本の形のとおりに、まわりに保護用の石が設置されている。
「国」という字が読み取れる。「国土地理院」の「国」と思われる。

「三等三角点」の「三等」が読み取れる。たぶん「三等」の文字の下に、縦に「三角点」とかかれているのだろう。

これは「基準点」の「基」と思われる。

この面には何が書かれているのかはわからなかった。

三等三角点について、国土地理院は次のように説明している。

三等三角点 設置間隔は約4km。 全国に約3万2000点。 柱石の一辺は15cm、破壊や破損に備えて、柱石の直下には盤石も埋設されている。 現在の技術水準では、2万5千分1地形図を作成するための位置の基準は3等以上の三角点で充足される。 

ちなみに四等三角点の大きさは1辺が12cm。

これまでの写真と比べてみると、確かに三等三角点は少し大きく見える。

公園の中の三等三角点、地図でしらべてみると「大饗(おわい)三等三角点 標高34.44m」ということだ。

この三角点はどれくらいの時間、公園で遊んでいる子どもたちを見守り続けてきたのだろう。