圧力鍋でぶり大根

ラゴスティーナの圧力鍋

30年以上使ったラゴスティーナの圧力鍋を買い替えた。 基本的なスタイルは変わっていないので、これまで通りに使える。 ラゴスティーナのホームページにあるレシピから「ぶり大根」を作った。

昨年は無水鍋による「ぶり大根」を作ったが、今回は圧力鍋。
上記のレシピどおりに作ることにした。

ブリのアラが510グラムほど。大根、ゴボウを用意した。

ブリのアラに熱湯をかけて霜降りにする。 水でウロコ等を洗い流し、ペーパータオルで水気を拭き取る。

ラゴスティーナの圧力鍋に、ブリ、大根、ゴボウをいれる。くさみを取るためにしょうがを切っていれる。

前回の無水鍋のときは大根のアク抜きをしたが、今回の圧力鍋のレシピにはそのような指示がなかったのでそのまま入れた。
試食のとき、確かに大根は美味しかったが、アク抜きをしていたらどうなっていたかな?と思った。

 

レシピ通りに、水400cc、砂糖大さじ4,酒大さじ4,醤油大さじ3と1/3入れる。私はみりんも大さじ1入れることにした。

圧力鍋の蓋をし、火にかける。新しいラゴスティーナは、圧力を肉料理用と野菜料理用に設定を変えることができるので、今回は高圧力の肉料理用に設定した。
レシピには圧力をかけた状態で10分。そのあと自然放置になっている。

これまでの圧力鍋は圧力を抜くためにピストンを動かしたり、水につけて圧力鍋全体を冷やす方法などが紹介されていたが、新しくなったラゴスティーナは、基本は自然放置になっているレシピが多いように思う。

シューッと蒸気が出たら弱火にし、10分加熱。写真は圧力が抜けるまで自然放置したあとのぶり大根の様子。

お皿に入れてみるとこんな感じになっている。 もう少しテリを出したほうがいいと思い、みりんを大さじ1入れて弱火で煮込むことにした。

野菜の煮物とぶり大根、夕食は和食で健康的。ぶり大根は一晩置くと美味しくなると聞いているが、全部食べきってしまうので残念ながら次の日には食べられない。

無水鍋のぶり大根も美味しいし、圧力鍋で作ったぶり大根も美味しい。調理方法のレパートリーが増えるのはうれしいことだ。

 

 

 

偏光板で遊ぼう④

ミツバチの目は偏光フィルター?


「偏光板であそぼう」の本には興味深いことがたくさんのっている。

太陽光線はさまざまな方向や角度、直進だけではない光線であることはこの「偏光板であそぼう」で説明されている。

そうすれば、「水で反射した光はどんな光だろう?」。
偏光フィルターを通した光のように振動の向きがそろったもの(いいかえれば偏光しているのか)かそうでないのか。
また、ビルのガラスや屋根の瓦で反射した光は「偏光している」のだろうか。
そんな問がこの本にのっている。

答えは書かないでおこう。偏光フィルターはネットでも販売しているし、大阪市科学館のショップや東急ハンズでも売っているので、実際に自分の目で確かめるのが一番いいと思う。

偏光板の吸収方向を知る方法

池の水面を偏光フィルターを通してみてみよう。偏光フィルターの縦と横を動かしてみると、見え方が違うのがわかる。上のほうが明るく、下は少し暗く見える。

 

水面を反射するキラキラ感が違っているのがわかると思う。

こうすると偏光フィルターの効果がわかりやすいだろう。

偏光フィルターの向きが影響していることがわかる。写真の偏光フィルターにマジックで矢印を書き入れてあるが、これがフィルターの向きを表している。

「偏光板であそぼう」には次のような説明がある。

★水面やガラスなど、水平な面を偏光板を通して斜めから見てみます。次に偏光板を回転してみましょう。すると、表面の明るさが変化し、反射光が消える時があります。そのとき、水平方向に振動する光が偏光板で吸収されています。つまり、その時の偏光板の水平方向が吸収方向だとわかります。・・・(略)・・・・

こうして写真見ると、水面に平行な向きがわかる。写真で ←→ で表してある向きが偏光板の吸収方向になっていることになる。

ミツバチはどんな青空を見ているのだろう?

ミツバチの目についての研究が、この「偏光板であそぼう」に紹介されている。

「ミツバチの目は青空の偏光を感じることができる」ことを発見したのは、オーストリア生まれのカール・フォン・フリッシュ(1886〜1982)で、1949年のことだった。1978年にノーベル医学・生理学賞を受賞している人だ。
詳しい研究の様子はこの本に任せるとして、ミツバチの目を体験してみよう。

偏光板を図のように切って、セロテープを貼り付けるだけなので簡単にできる。 しかし、ここで大事なのが「吸収方向」。これを間違えて偏光板を切り抜き、貼り付けつると全く正反対の結果になる。

写真の上のほうが正しい向き。 青空の明るい方向が明るく見える。
ミツバチは、太陽がある明るい青空がわかるのだ。
青空さえあれば、太陽がある方向の明るさが区別できるので、「遠くはなれていても方向がわかる」と言われているのはこうした目だからだ。
絶えず太陽のある方向を感じながら、ミツバチは飛んでいるといえる。

解剖学的にもミツバチの目は偏光を感じるような構造になっているそうだ。
またミツバチだけではなく、大部分の昆虫や節足動物はこのような「偏光を感じる目」を持っているという。
そうしたら「人間の目よりミツバチの目のほうが進化しているのか?」という疑問がわいてくる。もし人間も偏光を感じる目を持っていたら、どんなふうに世界は見えるのだろう。
「偏光板であそぼう」の作者、板倉聖宣さんと田中良明さんはこう書いている。

★目が偏光を感じるということは、「目に入る光のうち半分しかとりいれていない」ということでもある。私たちの目は目に入る光全部を感じるので、ものの形や色をはっきりと見分けるには、この方が能率がいいのである。そのかわり私たちの目は偏光を区別できないというわけである。

春の青空をバックにした桜の花の美しさをミツバチは感じることはできない。

私のブログで紹介している風見鶏さんは、偏光フィルターを活用しているそうだ。それで風見鶏さんの写真の青空は映えているのかもしれない。
青空の美しさを感じる人間の目に感謝しよう。

 

 

 

堺環濠クルーズ2018

今年の桜ははやい。 3月31日なのにもう葉桜がちらほら。
堺環濠クルーズは来週末まで予約満席になっている。

今年はこのクルーズの初日に行ったわけだが、すべて満員。何日前からの受付をしているのかはわからなかったけれど、1週間ほど前の予約で初日が取れた。でも4月の第1週はすべて満員だった。すごい人気だ、今年の桜の開花が早いからかもしれない。ホームページのアドレスは下記の通り。

http://www.kc-sakai.com/schedule.ht

ホームページを見てみると、詳しくアクセスや航行日が載せられている。 設立趣意がのせられていた。  

「堺の市街地を流れ、黄金の歴史を誇った“自由都市・堺”の象徴「観濠」を現在に伝える「内川・土居川」。10年前、私達はドブ川となっていた「内川・土居川」を少しでもきれいにしたいとの思いから、清掃活動を始めました。  また、今年で8回目を迎える、市民と川をつなぐイベント「内川・土居川まつり」にも堺市と共に参画してきました。こうした活動を通じて、同じ思いを持った仲間が集い、この観濠に定期観光船を運航させるNPO法人「観濠クルーズSakai」を設立いたしました。  内川・土居川のまわりには、数多くの歴史的遺産や観光名所が存在するにも関わらず、観光客はもとより地元の住民までそのような事にあまり関心を持たれていないのが現状です。 そこで私達は、この観濠に観光船を走らせ、堺の歴史的遺産を見て触れてもらう事で堺のまちを観光都市として位置付け、魅力あるまちにしたいと思います。  また、観光船の上から身近に川を感じ、みんなが「内川・土居川」をきれいにしたいとの思いを抱き、“市民が憩う川辺”を共に造り上げていきたいと願っています。  是非、この「観濠クルーズSakai」の設立趣旨にご賛同をいただき、ご支援を頂けますようお願い申し上げます。」

環濠と観濠をかけてあるところが関西らしい。

4月になっていないのに桜は満開。

橋の欄干や桜の木々に鯉のぼりが泳いでいる。

環濠から海に出ることころにいたのはアオサギ。魚を狙っているようだった。

堺コンビナートに通じる湾は波が大きくなってきた。風も先ほどの春めいた風が冷たい風になり、思わず上着のボタンをとめる。

50分のクルーズ。ボランティアガイドさんの写真や歌を交えての説明で、またたくまに出発地点に戻ってきた。

お天気よし、桜よし、堺よし、の三方よしの環濠クルーズだった。 このクルーズは桜の季節だけ行っているのではない。5月にはこどもの日に合わせたイベントもあるようだ。 春、夏、秋と季節に合わせた魅力があるクルーズだと思う。 来年もまた来たいと思いながら船を降りた。