桂米左独演会 2018

久々の雨模様。
ここは繁昌亭。久々の桂米左さんの独演会。

雨が降っているのに、傘をさした人が次々に繁昌亭に入っていく。 満席のようだ。

米左さんの独演会に来るのは3回目。
米左さんは大阪市出身の落語家。ウィキペディアによると大阪市立豊崎中学校、都島工業高校出身だとか。
生粋の大阪人、浪速っ子だ。高校を卒業して桂米朝さんに入門したそうだ。

入り口でもらったパンフレットに米左さんの「ごあいさつ」がある。

「・・・独演会は三席するというのが米朝一門の形です。師匠米朝が長年この形でやっておりましたので弟子も独演会は三席というのを踏襲しております。
 ですが昔は独演会というと本当に独演で、助演も入れず一人で五席、六席とやっていたそうです。・・・けどはっきりと言います。一晩で五席、六席・・・ようしません、また迷惑かと思います。
 自身が三席で助演に空気を変えてもらうというのが一番いい形ではないかなと思います。
 今日は「天王寺詣り」「質屋蔵」「軒付け」の三席でお付き合いを願います。助演で空気を変えてもらうのが、米左が最も信頼している後輩、大名跡襲名後進境著しい桂文三さん、露払いは米團治門下の慶次朗さん。この夏には名前の通り慶事があるそうです。本日のご来場感謝でございます。最後までごゆっくりお楽しみください。」

「開口一番」の桂慶次朗さんの師匠は桂米團治さんで、桂米朝さんの息子。かつての小米朝さん。2008年に五代目桂米團治を襲名している。

 慶次朗さんの噺は「桃太郎」。
子どもを寝かしつけるためにお父さんが桃太郎の話しをしてやる。
子どもは話が終わっても目を大きく開いていて,一向に眠る気配がない。そして「おとうさん、桃太郎という話は世界中で一番良く出来た話なんだ」と言う。お父さんがえっ?という顔をすると、
「そもそも昔むかしあるところにという出だしは、日本どこでも通じるようになっていて、これは普遍的なんだ・・・」と、とうとうと桃太郎の道徳的な意義を説明するという話。

この話は私が子どもの時にラジオで聞いたことを覚えている。話を聞いて「へーっ、そんな意味があるのか・・・」と、子ども心に感心したことを思い出す。

天王寺詣り

この噺は笑福亭一門のお家芸の一つだそうで、米左さんも「うちの一門の噺ではありませんが……」というようなことを言っていた。
 大阪生まれの人、四天王寺さんを知っている人、四天王寺にお参りしたことがある人には「うん、うん。そう、そう」と頷きながら聞いてしまう話だ。
四天王寺の名所旧跡のガイドのような話がいっぱいで、知っている人にはたまらないと思うが、時代もかわり、「のぞきからくり」も今はない。私も遠い昔に一度だけ見たようなおぼろげな記憶があるだけ。

私はこの噺のサゲ・おちがよくわからなかった。
妻に聞いてみると、さっとネットで調べてくれた。その内容を私の理解でまとめてみる。
・ 噺の展開は、死んだ犬の供養のためについた「引導鐘(いんどうがね)」の場面。そのときに「ああ、無下性(無礙性、むげっしょう)にはどつけんもんでんなあ」と言って終わる。

・ 無下性(無礙性)というのは、仏教用語で「手加減しない、思い切り」という意味らしい。私はこういう言葉があることは知らなかった。
この噺の前半に、犬が近所の子どもに棒で叩かれて死んでしまうところがある。ここで『無礙性にはどつけんもんでんなあ』という説明がある。ここにつながることがわかった。

 私にはへぇー?というサゲだが、多くの人が笑っていた。無礙性という言葉を知っている人なんだなあと思う。
 落語はある意味タイムマシンの役割がある。昔の大阪の生活や言葉を教えてくれる。でも私にも何か説明がないとわからない噺があるのだなあと、思った次第。

お楽しみ

桂文三(かつらぶんざ)さんの「お楽しみ」は「動物園」として知られている噺。

ところで「桂文三」という名跡があることは知らなかった。調べてみると90年絶えていた由緒あるものらしい。五代目桂文三さんは五代目桂文枝さんのお弟子さんで、「桂つく枝」だった人。2009年に「桂文三」を襲名しているそうだ。
「ごあいさつ」に「最も信頼している後輩」とあるから、よほど仲が良いのだろう。

この「動物園」は、移動動物園で虎の皮をかぶってのアルバイトをする怠け者の噺。これもラジオで聞いて笑ったことを思い出す。ラジオは耳から聞いてその場面を想像するのだが、舞台で噺家さんが身振り手振りでその状況を説明するのを見るのも、また楽しかった。この噺はどこまでアドリブが許されるのだろう?と思うほど、自由奔放な芸だった。
最後の場面。サゲのところで「心配せんでもええ、園長の長谷川や」というところの長谷川は、文三さんの師匠の五代目桂文枝さんの本名から来ている。これも師匠あっての話だなあと、あとから笑ってしまう。

質屋蔵 軒付け

どちらも米左さんの話芸の真骨頂発揮の演目だった。はぎれのよい、滑舌の良さが噺の展開を面白くし、ぐいぐいの噺に引き込んでくれた。

「質屋蔵」では、「繻子の帯」が質屋への怨念につながっているところまでの展開が面白かった。六円の帯代のために苦労するおかみさん、そして苦労の挙句に病に倒れる。おかみさんの実家に舞い戻った妹が、病に倒れたおかみさんの看病をしてくれる。その妹へ形見にしたかった繻子の帯は質屋に入れたまま、そして「思えば恨めしいあの質屋」。ああここで質屋への怨念につながるのかと大きく頷いてしまう。
熊五郎のわびを入れる話、蔵の見張りでドタバタした出来事、そして帯と羽織の相撲と展開がおもしろい。最後に菅原道真の登場。太宰府へ流されたことと、質流れにかけたさげでおわる。

「軒付け」は江戸時代に大阪ではやったという浄瑠璃をテーマにしたもの。
軒付けというのは、浄瑠璃の練習を兼ねて家の前で語ることだそうだ。上手に語れば相応のもてなしがあるが、下手なら追い返される。
 ここで米左さんの邦楽囃子望月流名取の声がさえる。浄瑠璃の節回しが会場に広がるわけだ。大阪の伝統芸能の、いや日本の伝統芸能の文楽の世界が垣間見える。落語がさまざまな芸能を吸収していることがよくわかる。
 初めて聞く演目なのでどんな落ちがあるのかなあと思っていた。
おばあさんが「じょうずだね」というと、「適当なことを言うな」と怒る軒付けの仲間。おばあさんが言う。「食べている味噌の味がかわらない」と返事で終了。
 なるほど、下手な浄瑠璃は「味噌がくさる」という、前段のフリがここできいてくるわけだ。

独演会の翌日、図書館で左のような本を見つけた。

この本によると日本全国にいる落語家の数は約820人あまり。
江戸時代には落語家は200人を超えるぐらいだというから、800人というのはびっくりの数だ。

東京に約550人、関西に約270人と言われている。
女性の落語家も増えてきているそうだ。

落語の稽古は口伝で、台本のようなものはない。師匠や兄弟子から教わるが、ネタによっては別門の師匠のところに行き、習うこともあるそうだ。今回の独演会の「天王寺詣り」などがそうなのだろう。
お願いに行けば時間を作って教えてくれるそうだ。しかも無料で。それは自分たちもそうやって落語を教わってきたからだと言う。
20分、30分の噺、人情噺となると1時間にも及ぶ話もある。そういった噺を徹底的に暗記をし、振りを付け、話芸を磨くのにどれほどの時間をかけたのだろうと思う。慶次朗さん、文三さん、米左さん、客席を笑いに包み込む話芸の裏には、果てしない努力があるに違いない、とあらためて思った。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です