髙田郁さんトーク&サイン会

髙田郁さんの「トーク&サイン会」が、北花田のイオンモールであった。

現在連載中の「あきない世傅 金と銀 第5巻 転流編」の刊行記念のイベントだ。

私はこのイベントを紀伊國屋書店のメールマガジンで知った。発売日が2月18日(奥付より)、その日のメールマガジンにこのイベントの案内が載せられていた。本をお買い上げされた人には整理券がもらえるとのこと。電話でまだ余裕が有ることを確かめて一安心。

髙田郁さんのサイン会は以前にも参加したことがあるが、ご本人の希望で写真・ビデオ撮影・録音は禁止されている。
ご本人は「キャメロン・ディアスに似ている」と言ってほしいそうだ。
会場には100人以上のファンの人が集まっていた。

お話は30分ほどの「ここだけの話」とサイン会。

サインは一人ひとりに話しかけながら、高田さんとファンの人が会話を楽しみながら、握手で終わるという、ファンにとっては最高のサイン会だったと思う。

30分といっても、内容が盛りだくさんのお話だった。
高田さんのお話によると、トークショーの前日は時計を置き、壁に向かって、話す練習をされるそうだ。「28分、ちょっとたりない」と考えたりするそうだが、今回のポイントは「これではみんな笑ってくれない!」とウケ狙いだっとそうで、さすが関西出身の髙田さん。狙いは確かで、会場はおおいにもりあがった。

初めて知ることが多くあって、直接にお話が聞けてよかった。
たとえば、この「あきない世傅」の主人公である幸は、おばさんの名前からとられているそうだ。「みおつくし料理帖」もそうだが、登場人物の名前の多くが、自分の身の回りの人の名前からつくられているそうだ。
幸のモデルになったおばさんは、若くして病気で亡くなったそうだ、「この作品の中でがんばって活躍して、長生きしてほしい」という願いがあるそうだ。でも「どうして私ばっかりがこんなに苦労するの!」と天国のおばさんが怒ってそうで、、、というお話も楽しかった。

この「あきない世傅」のシリーズは半年ごとに年2回出版されている。第5巻のあとがきにあるように、高田さんは「みおつくし料理帖」の特別号を執筆中。この「あきない世傅」の第6巻は1年ほどまたなくてはならないようだ。
「あきない世傅」の続きも読みたいが、「みおつくし料理帖」の特別号となると興味が湧いてくる。
いったいどの場面が描かれるのだろう。のえちゃんの大阪での生活だろうか?とついつい先走って考えてしまう。

ところで「あきない世傅」の主人公、幸のモデルはいるのだろうか?

これも「ここだけの話」によると、モデルは実在するそうだ。
兄弟3人の妻となり、最後は女主人として活躍した商人がいたのだ。しかもその店は大阪のだれもが知っている店・・・興味は尽きない。

高田さんは取材、調査が大好きで、様々な博物館に出向いて小説の材料となる資料を発掘されているようだ。私が興味を持ったのは「馬の博物館」。横浜にあるそうだ。
高田さんは20分の見学、と決めていったのに4時間もかけて見学したほどの惚れ込みよう。
私も是非とも行ってみたい、と思った。人類と馬の歴史というのは、昔から興味があった。そんな博物館が横浜にあることは全く知らなかったので、高田さんのトークショーに感謝。さっそくこの夏に見学に行く予定を立てた。

30分のトークはまたたくまに時間が来た。
サイン会では、高田さんは一人ひとりに話をして、作者と読者の距離を埋めようとするかのようだった。
妻は「前におあいしましたね」と言われてびっくりした、と言っていた。
私は「映画化するなら、幸はこの俳優さんというイメージはあるのですか?」と聞いた。高田さんは「私はあまり映画やテレビを見ないので、今の俳優さんはよくわからない・・・」と仰る。
私は「寅さんの大阪編での若いときの松阪慶子さんがいいと思う」と言うと、「ああ、あれはいいわね。弟をさがして、行ったら亡くなっていたというのよね?(よく知っているなあ、と私はびっくり!)私に寅さんを語らせたらうるさいわよ」と笑いながらおっしゃった。
情報収集力、すばらしい記憶力、なるほど作家の条件はここにあるのかと思った。

上の写真は当日にもらった絵葉書。
幸は大変な苦労をしていて、これからどうなるのだろう?とおもっていたが、
「笑って勝ちに行く」と書かれている。なるほど、この精神だな。

絵葉書をブログにのせていいかとおつきの人に聞く。個人的に利用するのなら大丈夫でしょう、という返事をもらったので、ここで紹介することにした。

「笑って勝ちに行く」幸を見たいので、「高田郁さん、健康でいてくださいね!」。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です