iMacにトラブル発生

このタイプのパソコンが私が使っているiMac。
(写真はマックのホームページより引用している)
ブログはこのようなパソコンで書いているが、トラブルが発生した。というのは、バックアップが全く出来なくなったのだ。
ディスプレイ上に「バックアップができませんでした」という表示が頻繁に出るようになった。

1週間以上かかったがなんとか正常に戻すことができた。
使えるようになるまでの出来事を書いておこうと思う。

1、内蔵ディスクのチェック

iMacのアプリケーションにあるユーティリティに、「ディスクユーティリティ」というソフトが入っている。それでディスクの状態がわかる。上の画面がそれ。
内蔵ディスクは「MachintoshHd」と書かれているはずなのに、それがない。

どうも内蔵ハーディスクの調子がおかしくなっているようだ。

外付けのハードディスクにバックアップを取るように、 iMacのバックアップソフトである「Time Machine」で、保存先を変えるが、それでもバックアップをとるのに失敗する。「ハードディスクにつながらない」というようなコメントが出てくる。

2、外付けのハードディスクの点検

外付けのハードディスクに異常がないか、調べてみた。

Finderでパソコンの状況を見ると、二つの外付けのハードディスクは認識されているし、外付けのハードディスクへのファイルのコピーも問題なくできる。

外付けのハードディスクにはトラブルがないようだ。

そうすると内蔵ハードディスクにトラブルがあるようだ。
次の方法としては、内蔵ディスクへOSの再インストールしかないようだ。
OSを再インストールすることによって、Time Machineの状況が改善するかもしれない。

3、データのバックアップを取る

とにかくこれまでのデータとアプリケーションをどこかに保存しておかないといけない。無料のソフトでお試し期間だけれどバックアップのできるソフトを探す。
いくつか試してみたが、なんとかバックアップが取れそうだったのが、Acronis True Image for Mac というソフトだった。
このソフトを使って、外付けのハードディスクにデータやアプリケーションのバックアップを取ることができた。

4、内蔵ハードディスクにOSの再インストール

再起動をする。再起動が始まった時に、commandとRのキーを同時押しすると、上の画面のような「macOSユーティリティー」が出てくる。
ここで「macOSを再インストール」を選ぶわけだが、ここで大事なのは「インターネットにつないだ状態にしておく」こと。インターネットにつながっていない状態だと、ワイヤレスのマウスやキーボードは全く反応しなくなる。わたしの場合がそうで、ワイヤレスのマウスだったので、この時は有線のマウスにして操作した。インターネットに接続すると、キーボードも反応するようになった。

パソコンの画面の右上端に、インターネットにつなぐアイコンがある。知っていないと気づかない。言語、ここではアメリカの国旗が出ているが、その右にある。接続していない時なグレーなので気がつかないことが多い。ここをチェックして、インターネットに接続しておく。

再インストールを選ぶと、しばらくすると上のような画面になる。
最新のOS High Sierra がインストールできる。
この後「ソフトウエアの使用許諾契約」に同意するを選ぶ。

外付けのハードディスク二つが表示されたが、内蔵ハードディスクの表示はない! 一体どうしたことだろう。
さらにおかしいことは、二つの外付けのハードディスクが表示されるのだが、どちらを選んでもOSのインストールはストップしてしまう。
内蔵ディスクにも、外付けのディスクにも再インストールできない状態になってしまた。
ここでどうするか、しばらく悩んでしまった。
大事なデータや写真は外付けのハードディスクに保存されているわけだから、最後の手段としては内蔵ハードディスクの初期化とそこへのOSの再インストールしかないようだ。

5、内蔵ハードディスクの初期化と再インストール

最初のように、ユーティリティーソフトのディスクユーティリティを起動し、内蔵ハードディスクの消去を選択する。 ハードディスクの名前がない、「名称未設定」になっている。ここからしておかしいのだ。

名前をつけてハードディスクを消去する。

何もインストールされていない、新しいハードディスクが誕生。ここにOSを再インストールする。

再起動し、commandキーとRキーを同時に押して、macOSユーティリティの画面を出す。そして、OSの再インストールを選ぶ。

「使用許諾契約」に同意する。指示通りに動かして行くと、

内蔵ディスクと外付けのハードディスク二つがインストール先の候補として出てきた。ホッとする。
予定通りに内蔵ハードディスクをOSのインストール先に選ぶ。

内蔵ディスクにOSの再インストールが始まった。

一連の手続きを画面の指示通りにして行くと、iMacは無事に内蔵ハードディスクから立ち上がった。よかった、よかった。

6、バックアップのデータは戻らなかった

バックアップとして、「アプリケーション」、「システム」を外付けのハードディスクに保存していたが、保存に使ったソフト、Acronis True Image は内蔵ディスクにインストールされていたため、新しいOSのアプリケーションにはない。
もう一度お試し版をインストールする。 そのAcronis True Image を立ち上げるが、外付けに保存されているバックアップデータを読み取らなかった!

バックアップを保存する時に使ったものでないとダメなようだ。あるいはお試し版であったために復元は難しかったのかもしれない。代金を払った正規版だったらどうだったのだろうかと、いろいろ考えるが、データとしては確かに保存されているのだが、読み取ってはもらえないデータになっていた。

7、インターネット関係、ワードプレスは無事だった。

写真の保存先は、このトラブル以前に、外付けのハードディスクに変えてあったので、写真データが消えてなくなることはなかった。不幸中の幸いとしか言いようがない。 また、このブログを書くソフト、ワードプレスも動かなくなることはなかった。 メールも以前通りに動いていることもわかった、安心した。

 iMacのバックアップソフト、Time Machine も正常に動くことがわかった。
内蔵ハードディスクにバックアップを取るのではなく、外付けのハードディスクにバックアップを取る設定にした。現在は異常なく動いている。

再インストールしたOSのアプリケーションは最新のものになっている。
ただ残念なのは、写真ソフトの「iphoto 」がなくなり、新しい写真ソフト「写真」になっていることだ。ブログを作るときの、写真の処理が以前より手間がかかるようになった(と、今はおもう)。もう少し使い慣れて行くと、いい方法が見つかるかもしれない。

とにかく約1週間、悩みながらも iMacを再生することができ、このブログを書くことができた。パソコンは思いもかけないところでトラブルが起きることは承知しているつもりだが、知識がない中で手探りでやってこれたのは、インターネットにある情報のおかげだ。いろんな人が iMacの再インストールなどの記事をアップされているのが役に立った。わたしも、自分が経験した経過を書いておくのも何かの役にたつかもしれないと思い、ブログに書いておくことにした。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です