環状線くん

テレビで大阪環状線の旅を放送している。シーズン3が終わったが、面白かったのが「大阪城公園駅」の環状線くんだった。

上の写真はホームページより引用したもの。 そのストーリーはホームページによると

**************************************

大阪城公園駅の駅員・松戸(松尾諭)が朝一番に駅のシャッターを開けると、ひとりの少年が膝を抱えて座っていた。その少年は環状線の旧車両の絵を描いた段ボール箱を頭にかぶっている。驚いた松戸は家出ではないかと推測し、保護しようと試み話しかけるが、少年(環状線くん)ははぐらかすばかりで、自分が何者でなぜこんな早朝に駅の入り口にいるのかを話そうとしない。果たしてこの少年はいったい何者なのか? 物語は予想もつかない展開に…。

**************************************

このあとの展開は書かないでおこう。いずれ再放送があると思うのでそれをたのしみにしよう。

桜も満開に近いので、そんな大阪城公園駅に足を伸ばした。
環状線くんがいるかもしれない・・・・。

 

大阪城ホールの横を流れる大川の土手の桜ーソメイヨシノーは満開だった。 クルーズも沢山の人が列を作っていた。

川沿いのホテルでランチをいただくことにした。 桜見物だけでなく、大阪城ホールでジャニーズ関連のコンサートがあるらしく若い人たちがいっぱいだった。

少しリッチな気分になってのランチもたまにはいい。

18階からのアングルで見る大阪城ホール周辺、めったに見ることのない風景だ。
二三日前の寒さがウソのような暖かさ。
桜が咲くと春がやってきた実感がする。

そして今日のようなリッチな気分になると、

 人生には三つのものがあればいい
  希望と
  勇気と
  サム マネー

チャールズ・チャップリンの言葉を思い出す。

いい記念日になった。

 

 

 

 

偏光板で遊ぼう③

前回は左にある本「偏光板であそぼう」をもとにして、「偏光とは?」ということを少し理論的に勉強した(つもり)。

今回はこの本を参考にして工作にチャレンジ。

偏光板にセロテーブをはってみる。
縦・横・斜め、四方八方どんな角度でもいいから貼りまくる。
横断的にはらなくてもいい、適当な長さで、短く切って貼ってもいい。むしろそのほうが面白みがあっていいと思う。

さてこれがどうなるのかというと・・・。

左上の写真が偏光板にセロテープをバチバチにはったもの。無色透明のまま。
それにもう一枚の何も貼っていない偏光板を重ねると、右上の写真のように色が出てくる。偏光板を動かしたり、セロテープを更に貼るとまた変化が出る。

セロテープが引っ張られて伸び縮みしたところが、偏光板のように光の通り方に変化を与えるため、人間の目には色が変わったように見えることからこういう現象になるそうだ。OPPテープでないとだめ、という本もあったが、家にあるセロテープで写真のような見事な結果が出た。

紙コップ2つ用意をし、一つには偏光板にセロテープをはったもの、もう一つは偏光板だけのものを作る。

2つのコップを重ねると、上の写真のように(写真はまだ二つ目のコップに偏光板を貼ってはいない段階だが)鮮やかな色が浮かび上がってくる。
コップに貼って動かすと、万華鏡の出来上がりだ。

この原理を活かした巨大なものが大阪市科学館にある。

向こうの風景が見える普通の窓ガラスが、あるものを通してみると、

色鮮やかなモザイクのような模様が見える。

これは「偏光ステンドグラス」と名付けられているもの。
そこには次のような解説板があった。

小型の偏光板が置いてあり、それを動かして角度を変えていくと色が変わっていくことがわかる。
偏光板の実験の大型版だ。

小さな手持ちできる偏光板を持ってここ、科学館に来ればおもしろいだろうなと思う。科学館1階のショップに私が持っているような大きさの偏光板が売っていた。
なるほど、次回は科学館で偏光板の実験をしてみようかな。

 

 

 

 

ローマ数字

「ローマ数字」についてちゃんとした知識はあるだろうか? この本を図書館で見つけた時に、自問自答した。

子ども向けの絵本のようなので、借りて読んでみた。

なるほど、と思うこともあったのでここに書いておこうと思う。

ローマ数字といえば、本のベージや章を表す時に使われていたり、腕時計や掛け時計にも見ることがある。
でもそのローマ数字で何桁まで表すことができるのか?と問われるとさて答えることができるだろうか。そんな時にこの本は役に立つ。

私達が普段使っている数字、
1,2,3,4,5,6、7、8、9、0
はアラビア数字。

ローマ数字には0
という概念がなく、0を表す文字はない。ここがアラビア数字の素晴らしいところで、この0を発見したのはインド人であることはよく知られている。

ところでこの本を読むまではローマ数字で、

100,500,1000を表すことができるとは知らなかった。

すべての数字を1と5と10と50と500と1000などで表すと言うのだからその考え方は知っておくに値すると思った。

この本の面白いのは、位取りのことをしっかりとかいてあることだ。

たとえば3だけなら3だが、
36と書けば、この3は30のこと。
365と書けば、この3は300のこと。
この表記法の素晴らしさはローマ数字と比べればよく分かる。

Ⅰ は いつでも1
Ⅴ は いつでも5
Ⅹ は いつでも10

16をローマ数字て表すと
10+5+1 と考えて XVⅠ となる。

もう一つこの本の面白いの日本の硬貨を使って考えているところだ。

10円玉、5円玉、1円玉を並べて、合計16円。

10円玉にローマ数字のⅩ、5円玉にローマ数字のⅤ、Ⅰ円玉にローマ数字のⅠ を貼り付けると上の写真のように15円をローマ数字で書くと ⅩⅤⅠ となることがよくわかる。

14はローマ数字のⅩと5円から1円引くと考えて、上の写真のように ⅩⅠⅤ となる。

18円は、10円+5円+1円+1円+1円と考えて、ⅩⅤⅠⅠⅠ と書ける。

56円は50円玉1枚+5円玉1枚+1円玉1枚だから、

50を表すローマ数字Lを使って上の写真のように考えると、LⅤⅠ と書き表せる。

上の写真は54。50+(5−1)=54 と考える。 LⅠV と表せる。

これは50+10+5+1で66。 
ローマ数字では50のL、10の、5の、そして1のⅠで、LⅩⅤⅠとなる。

64円は、50円+10円+(5円−1円)として考えて、LⅩⅠⅤ となる。

100円+50円+10円+5円+1円で166円。
ローマ数字で100をあらわすCをつかうと、CLⅩⅤⅠ となる。
90を表すときは、100−10と考えて ⅩC が90になる。
その具体例が下。

100−10=90、5−1=4、これを合わせて94となり、ⅩCⅠⅤ と書ける。

こんなふうにしてすべての数字をローマ数字を使って書くことができるというわけだ。日本の硬貨、100円玉、50円玉、10円玉、5円玉、1円玉に置き換えて、
置く場所によって数字を足したり、引いたりして求める数字になるようにする。
少し頭の体操になりそう。

1000を表すローマ数字は、M。
5000より大きい数の表し方は、左上のように文字の上に横棒があると1000倍を意味する。また右のように底のない箱は10万倍をあらわす。
上に横棒のあるローマ数字や底のない箱に囲まれたローマ数字を見たことはないが、そういう書き表し方があることがわかった。

この本の裏には、1〜1000までのローマ数字の一覧が載せられていた。

ローマ数字の一覧表を見たことはなかった。
こんな大きな数字をローマ数字で表したものがあるだろうか。
ローマ数字を探す目で、街を歩いてみる楽しみが出てきた。