環状線くん

テレビで大阪環状線の旅を放送している。シーズン3が終わったが、面白かったのが「大阪城公園駅」の環状線くんだった。

上の写真はホームページより引用したもの。 そのストーリーはホームページによると

**************************************

大阪城公園駅の駅員・松戸(松尾諭)が朝一番に駅のシャッターを開けると、ひとりの少年が膝を抱えて座っていた。その少年は環状線の旧車両の絵を描いた段ボール箱を頭にかぶっている。驚いた松戸は家出ではないかと推測し、保護しようと試み話しかけるが、少年(環状線くん)ははぐらかすばかりで、自分が何者でなぜこんな早朝に駅の入り口にいるのかを話そうとしない。果たしてこの少年はいったい何者なのか? 物語は予想もつかない展開に…。

**************************************

このあとの展開は書かないでおこう。いずれ再放送があると思うのでそれをたのしみにしよう。

桜も満開に近いので、そんな大阪城公園駅に足を伸ばした。
環状線くんがいるかもしれない・・・・。

 

大阪城ホールの横を流れる大川の土手の桜ーソメイヨシノーは満開だった。 クルーズも沢山の人が列を作っていた。

川沿いのホテルでランチをいただくことにした。 桜見物だけでなく、大阪城ホールでジャニーズ関連のコンサートがあるらしく若い人たちがいっぱいだった。

少しリッチな気分になってのランチもたまにはいい。

18階からのアングルで見る大阪城ホール周辺、めったに見ることのない風景だ。
二三日前の寒さがウソのような暖かさ。
桜が咲くと春がやってきた実感がする。

そして今日のようなリッチな気分になると、

 人生には三つのものがあればいい
  希望と
  勇気と
  サム マネー

チャールズ・チャップリンの言葉を思い出す。

いい記念日になった。

 

 

 

 

偏光板で遊ぼう③

前回は左にある本「偏光板であそぼう」をもとにして、「偏光とは?」ということを少し理論的に勉強した(つもり)。

今回はこの本を参考にして工作にチャレンジ。

偏光板にセロテーブをはってみる。
縦・横・斜め、四方八方どんな角度でもいいから貼りまくる。
横断的にはらなくてもいい、適当な長さで、短く切って貼ってもいい。むしろそのほうが面白みがあっていいと思う。

さてこれがどうなるのかというと・・・。

左上の写真が偏光板にセロテープをバチバチにはったもの。無色透明のまま。
それにもう一枚の何も貼っていない偏光板を重ねると、右上の写真のように色が出てくる。偏光板を動かしたり、セロテープを更に貼るとまた変化が出る。

セロテープが引っ張られて伸び縮みしたところが、偏光板のように光の通り方に変化を与えるため、人間の目には色が変わったように見えることからこういう現象になるそうだ。OPPテープでないとだめ、という本もあったが、家にあるセロテープで写真のような見事な結果が出た。

紙コップ2つ用意をし、一つには偏光板にセロテープをはったもの、もう一つは偏光板だけのものを作る。

2つのコップを重ねると、上の写真のように(写真はまだ二つ目のコップに偏光板を貼ってはいない段階だが)鮮やかな色が浮かび上がってくる。
コップに貼って動かすと、万華鏡の出来上がりだ。

この原理を活かした巨大なものが大阪市科学館にある。

向こうの風景が見える普通の窓ガラスが、あるものを通してみると、

色鮮やかなモザイクのような模様が見える。

これは「偏光ステンドグラス」と名付けられているもの。
そこには次のような解説板があった。

小型の偏光板が置いてあり、それを動かして角度を変えていくと色が変わっていくことがわかる。
偏光板の実験の大型版だ。

小さな手持ちできる偏光板を持ってここ、科学館に来ればおもしろいだろうなと思う。科学館1階のショップに私が持っているような大きさの偏光板が売っていた。
なるほど、次回は科学館で偏光板の実験をしてみようかな。

 

 

 

 

ローマ数字

「ローマ数字」についてちゃんとした知識はあるだろうか? この本を図書館で見つけた時に、自問自答した。

子ども向けの絵本のようなので、借りて読んでみた。

なるほど、と思うこともあったのでここに書いておこうと思う。

ローマ数字といえば、本のベージや章を表す時に使われていたり、腕時計や掛け時計にも見ることがある。
でもそのローマ数字で何桁まで表すことができるのか?と問われるとさて答えることができるだろうか。そんな時にこの本は役に立つ。

私達が普段使っている数字、
1,2,3,4,5,6、7、8、9、0
はアラビア数字。

ローマ数字には0
という概念がなく、0を表す文字はない。ここがアラビア数字の素晴らしいところで、この0を発見したのはインド人であることはよく知られている。

ところでこの本を読むまではローマ数字で、

100,500,1000を表すことができるとは知らなかった。

すべての数字を1と5と10と50と500と1000などで表すと言うのだからその考え方は知っておくに値すると思った。

この本の面白いのは、位取りのことをしっかりとかいてあることだ。

たとえば3だけなら3だが、
36と書けば、この3は30のこと。
365と書けば、この3は300のこと。
この表記法の素晴らしさはローマ数字と比べればよく分かる。

Ⅰ は いつでも1
Ⅴ は いつでも5
Ⅹ は いつでも10

16をローマ数字て表すと
10+5+1 と考えて XVⅠ となる。

もう一つこの本の面白いの日本の硬貨を使って考えているところだ。

10円玉、5円玉、1円玉を並べて、合計16円。

10円玉にローマ数字のⅩ、5円玉にローマ数字のⅤ、Ⅰ円玉にローマ数字のⅠ を貼り付けると上の写真のように15円をローマ数字で書くと ⅩⅤⅠ となることがよくわかる。

14はローマ数字のⅩと5円から1円引くと考えて、上の写真のように ⅩⅠⅤ となる。

18円は、10円+5円+1円+1円+1円と考えて、ⅩⅤⅠⅠⅠ と書ける。

56円は50円玉1枚+5円玉1枚+1円玉1枚だから、

50を表すローマ数字Lを使って上の写真のように考えると、LⅤⅠ と書き表せる。

上の写真は54。50+(5−1)=54 と考える。 LⅠV と表せる。

これは50+10+5+1で66。 
ローマ数字では50のL、10の、5の、そして1のⅠで、LⅩⅤⅠとなる。

64円は、50円+10円+(5円−1円)として考えて、LⅩⅠⅤ となる。

100円+50円+10円+5円+1円で166円。
ローマ数字で100をあらわすCをつかうと、CLⅩⅤⅠ となる。
90を表すときは、100−10と考えて ⅩC が90になる。
その具体例が下。

100−10=90、5−1=4、これを合わせて94となり、ⅩCⅠⅤ と書ける。

こんなふうにしてすべての数字をローマ数字を使って書くことができるというわけだ。日本の硬貨、100円玉、50円玉、10円玉、5円玉、1円玉に置き換えて、
置く場所によって数字を足したり、引いたりして求める数字になるようにする。
少し頭の体操になりそう。

1000を表すローマ数字は、M。
5000より大きい数の表し方は、左上のように文字の上に横棒があると1000倍を意味する。また右のように底のない箱は10万倍をあらわす。
上に横棒のあるローマ数字や底のない箱に囲まれたローマ数字を見たことはないが、そういう書き表し方があることがわかった。

この本の裏には、1〜1000までのローマ数字の一覧が載せられていた。

ローマ数字の一覧表を見たことはなかった。
こんな大きな数字をローマ数字で表したものがあるだろうか。
ローマ数字を探す目で、街を歩いてみる楽しみが出てきた。

 

 

 

偏光板で遊ぼう②

偏光板について読みやすい本を探してみると、左の「偏光板であそぼう」(仮説社 板倉聖宣、田中良明著)が一番良さそうだった。

この本は仮説実験授業の形式を使いながら、読者に偏光板についての知識と理解を深めていくことができる本だ。
 (仮説実験授業については、「仮設社」がホームページを開いており、その説明がある)

さて、偏光板を2枚重ねて1枚をまわしていくと表面が真っ黒になってくることはよく知られている。では3枚ではどうなるのだろう。

このような問題を考える。 選択肢は
予想
ア、真っ黒く見える。
イ、少しは光が見えるようになる。

予想をもって考えていくことがポイント。さてみなさんの予想は?

斜めに重ねると、少し黒くなる。この上にもう1枚偏光板をのせると、

斜めにおいた偏光板の色は2枚のときと変わらず、3枚目においた四角形の、斜めの偏光板以外は真っ黒になった。

これはどう説明すればいいのだろうか?

本文では次のように説明されている。
「まず図のように偏光板Iに入った光を考えると、垂直方向の偏光(OY)だけが通過します。
 その光が、それと45度の角度の偏光板Ⅲに入ると、こんどは偏光の一部(OYのうちのOP分だけ)の偏光が通過します。
 そしてその偏光が偏光板Ⅱに入ることになります。
 ところが、その偏光は偏光板Ⅱと45度しか傾いていないのですから、この偏光の一部も偏光板Ⅱを通過できることになります。
 つまり、最初の偏光板Ⅰを出た偏光は、すぐに偏光板Ⅱに入ると出て来られなくなるはずなのに、二枚目の斜めになった偏光板Ⅲがあるため、その偏光の一部が向きを変えて出てくるので、3枚目の偏光板Ⅱも通過できるようになった、というわけです。」

偏光ってどんなこと?

なんとなく使っている偏光板。その偏光板の偏光とはどういうことなのだろう。

本の解説を私流にまとめてみる。
光のような電磁波は、「進行方向に直角に振動する波」(直角波)と説明されている。 太陽からの光の振動方向はいろいろな方向に振動する。上下、斜め、ぐるぐる回りながらやってくる電磁波もある。図のようにあらゆる方向に振動しながらやってくる。「進行方向に直角」だけでなく、ある特定の方向だけ振動している電磁波もある。このように「偏った方向だけに振動する波」のことを「偏波(へんぱ)」といい、光の場合は「偏った方向だけに振動する光」ということ、「偏光」という。

なるほど、ぐるぐる回りながらやってくる光もあり、あらゆる方向に振動している光から、ある特定の方向に振動する光を抜き出すのが、偏光板というようだ。

二枚の偏光板を重ねた時に、黒くなる現象を次のように説明している。

「図のように<垂直に振動する光>と<水平に振動する光>が混じった光が二枚の直行した偏光板を通るとします。もしも一枚目の偏光板が(図のように)<水平振動の光だけを吸収する向き>に置いてあると、そこを通過できるのは<垂直振動の光>だけです。つぎにその光が、縦向きに置いた偏光板に入るようにすると、その光の全部が通過できなくなってしまいます。
 このように、二枚の偏光板を直角に置くと、一枚目の偏光板を通り抜けた光は、二枚目の偏光板を通過できなくなるわけです。そこでどんな光もほとんど通さなくなるので、真っ黒に見えるようになるのです。」

そうか、光は吸収されることによって見えなくなってしまうのだな。
すべての光が吸収されてしまうと、人間には真っ黒に見えるわけなのか。
説得力のある説明だと思う。

おや? ちょっとこの説明は?、と思う人もいると思う。
これまでの説明の多くは次のようなものだった。

この絵を見ていると、格子の向きに沿って光の波がすり抜けていくようにみえる。
光の振動方向と直角の格子は、光を通さない。それがこれまでの説明だった。

ところがこの「偏光板であそぼう」ではそういった説明ではない。
「格子と同じ向きの光の成分を吸収し、それと直角の成分だけを通す」と説明している。これまでと逆の説明になっている。
実験的にはこの説明が正しいそうだ。ただこの実験結果が出る前に、上の囲みのような説明が流布していたため、それが現在も広く行き渡ってしまっていることになった。それは「電流はマイナス電荷の電子がプラスに向かって動いているのだが、説明としてはプラスからマイナスに電流は流れる」と教科書にものっているのと同じだ、とこの本で解説されている。

なるほど、この「偏光板で遊ぼう」は偏光についての最新の知識を紹介しているわけだ。

さて、今回は理論編のようになってしまった。次回はまた工作をしてみようと思う。

 

 

 

 

 

街角の写真展

ここは阿倍野区昭和町付近にある喫茶店「華」。
付近に桃山学院大学の高校、阿倍野中学校がある。

ここで毎年写真展が開かれている。このブログでも紹介している「お気楽風見鶏さん」の写真展だ。
喫茶店の奥の壁面が写真などの作品が展示できるようになっている。

ちょっとした棚もあり、小物の作品展示もできるようになっている。

風見鶏さんの作品が8点ほど展示されている。 お茶を飲みながらゆっくりと写真や作品と対話ができるところだ。
風見鶏さんのブログで紹介されている写真を中心に、厳選されたもののようだ。
季節に合わせて春、桜のイメージで構成されている。

私達が行ったときはお客さんも少ないときだった。
マスターがコーヒーを入れ、奥様らしい人がお客さんと作品を見せあっているようだ。

何か教育談義が耳に入ってくる。
「教科書で教える、教科書を教えるの違いがそこにある・・・」などなど。
昨年だったか、風見鶏さんの写真展を見に来たときは、地域の社会教育の指導員さんや町会青年部らしい人たちが熱心にイベントの段取りを話し合っていた。
学校のそばだけに、教育関係者や子どもたちの活動に関係する人たちが集まってくるようだ。

マスターが注文したコーヒーとたまごサンドを持ってきた。
暖かくて美味しいサンドイッチだった。
街角の喫茶店に、画廊のような作品展示だできるスペースがあるのは珍しいのだろうか。喧騒から少し離れてゆったりとできる空間と時間だった。

それにしても風見鶏さんの写真はますますプロ化しているなあ。
興味のある人は私のブログのブックマークにある風見鶏さんのブログを是非ともご覧になっていただきたい。写しているカメラマンの姿が想像できるような素敵な写真がいっぱい紹介されている。