男性のための料理教室 in 大阪ガス4

ブリの照り焼き

レシピによると二人分の材料は以下の通り。
ブリ・・・二切れ
塩・酒・・・各少々
サラダ油・・・適量
(a)
・醤油・・・大さじ2
・みりん・・・大さじ4
・酒・・・大さじ4
白ネギ(20cm)・・・1本
塩・酒・・・各少々
粉山椒・・・少々

六切のぶりがあったので、上の量の約3倍を用意することにした。

レシピの指示は、
・ブリは塩・酒をふってしばらく置き、水気を拭きます。
ということなので、塩少々つまんでブリにふりかける。料理酒を大さじにいれて、ブリにふりかけておく。

ブリに塩と料理酒をかけて置いている間に、タレとネギの準備をする。

タレは上にあるレシピの分量を基にして計算し、その量を混ぜておく。

白ネギは3〜4cmぐらいの長さに切り、塩・酒を少々まぶしておく。

 

フライパンにサラダ油を入れて温め、ブリを表側から(仕上がった時に表になる方)焼き、裏返して両面を焼いて取り出す。

タレ(醤油、みりん、酒)をフライパンに入れ、火にかけて半量になるぐらいまで煮詰める。

ブリが六切だったので、フライパンを二つ用意をして、三切れづつ調理をした。

最後は六切一緒にし、フタをして約5分、蒸らすことにした。
仕上がりが右上の写真。

白ネギはアルミフォイルにのせ、水なし両面焼きグリルの上下強火で約5分。
オーブントースターもあるのでそれを使おうかと思ったが、レシピに「グリルで焼くと甘みがまして、美味しく仕上がります」と書いてあるので、その指示に従ってグリル焼きとした。

親せきの幼稚園の子が来ていたので、節分の巻きずしも用意。
幼稚園での豆まきの話を聞きながら、美味しくいただきました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です