皆既月食(2018/1/31)とブルー・ムーン

https://www.nao.ac.jp/astro/basic/lunar-eclipse.html

2018年1月31日から2月1日、皆既月食が見られた。
大阪はあいにくの曇り空で、欠け始めまでは見ることができたが、皆既月食中は雲に覆われてしまった。

皆既月食がなぜおきるか、それはテレビでもネット上でよくわかる解説がたくさんあった。それらの多くは国立天文台のホームページが原典になっているように思う。
上に写真がその一部。紹介してあるアドレスから是非見てほしいホームページだ。

地球の影に月が入る、そのイメージがよくわかるのが上の写真だと思う。

自宅から見える月の変化を写真に撮ってみた。

東の空。午後7時ぐらいの月。満月だが周りに雲があるので、月食の様子が最後まで見ることができるのか心配だった。

以下は55mmのレンズで撮った写真をトリミングして拡大したもの。
雲が出てきたので、ピントがもうひとつ。でも記録のために撮った。

左は8時31分。右は8時44分。月のウサギの耳は上を向いている。

左は8時57分。右は9時11分。

左は9時24分。右は9時39分。雲がかかってきた。

この後は曇り空になったため、皆既中の月の姿を写真に撮ることはできなかった。

左の写真が23時39分。右の写真は日が変わり2月1日午前0時8分。
雲からもれる月の光で、皆既月食がおわりにちかづいているのがわかる。

赤銅色の満月を写真に撮りたかったができなかった。
でも月食の様子を時間ごとに撮ったのは初めてなので、寒かったが楽しかった。

スーパームーン・ブルームーン・ブラッドムーン

今回の月は普段より大きな月となっている。1月2日も大きな月だった。 平均より大きな月を「スーパームーン」というそうだ。そうするとこの月は「スーパームーン」と言えるだろう。。
また一月に二回あった満月なので、「ブルームーン」でもあった。
さらに赤銅色の赤い月のことを「ブラッド・ムーン」というと、NHKのテレビ放送でいっていた。 とにかく意味のある満月と皆既月食だったのた。

私が「ブルー・ムーン」と言う言葉を知ったのは、NHKで放送された「こちらブルー・ムーン探偵社」という番組から。
30年ほど前の番組だったが、とてもおもしろかった。ブルース・ウィリスがダイハードシリーズで有名になる前の作品。
左の写真はアマゾンのホームページからの引用。
このとき「ブルー・ムーン」という不思議な言葉を知って、意味を調べたことがあった。
まさか一月に二回ある満月のこととは、初めて知った言葉だった。

それからは「ブルー・ムーン」については、時々話題になっているのは知っていたが、あまり気にしたことはなかった。

その言葉と再びであったのが、左の本。
Magic Tree Houseシリーズだった。

翻訳では「ユニコーン奇跡の救出」となっていて、「ブルー・ムーン」と言う言葉はないが、原題は
Blizzard of the Blue Moon.

日本語版の本の内容紹介には、「ジャックとアニーに四つ目の指名が下った。それは1938年のニューヨークに行き、数百年ぶりに目覚める「世界最後のユニコーン」を助け出すこと。厳寒のセントラルパークに着いた二人を待ち受けていたのは、なんと観測史上最悪の猛吹雪だった−」

二人への指令の暗号文は、原文から引用すると、

・・・・(略)・・・・
Four centuries, four decades
From that afternoon,
At the end of November
Before the blue moon,

と謎めいた文が続く。
ここでアニーが
What’ s  the blue moon?    と聞く。それに対してジャックは答える。

It’s when you have two full moons in the same month.
It didn’t happen very often.

full moon の複数形はfull moons となるのか、なるほどねえ。
欧米の小学生の子どもたちは、こんな簡単な英語で「ブルー・ムーン」の意味を知るようになるのか、と感心する。

次の「ブルー・ムーン+皆既月食」は、2037年1月31日だそうだ。
今から19年後、さあ私はその時に赤銅色の皆既月食の写真が撮れるだろうかと、思わずつぶやいてしまった。

*付録

2月3日の朝、6時50分ごろの西の空。大きな月が西に沈もうとしている。 東の空にはまだ日が昇っていない。
与謝蕪村の
「菜の花や 月は東に日は西に」の12時間前(後)の風景はこんなものかもしれない。「月は西に、日は東」という状況。太陽と月が180度離れている時に満月になることがわかる。(太陽の光が月の表面すべてを照らしているから、地球から見れば満月になるといえばいいかもしれない)

ピントが甘いが、月の模様を見てみよう。

西に沈む月の模様は、いわゆるウサギの耳が右下に回転している。
私たちのよく知っている「月のうさぎ」の耳はほぼ上向きのことが多いが、それは中天に月がのぼっている時の月の模様。
上の皆既月食の写真、夜の8時31分の月の模様と比べると、月も回転していることがわかる。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です