大フィル・新春名曲コンサート

フェスティバルホールで、大阪フィルハーモニー交響楽団の第87回新春名曲コンサートがあった。 たまたまチケットが手に入った。妻の友人が行けなくなったのでそのチケットがまわってきたのだ。折角の機会なので有効活用させていただいた。

淀工のブラスバンドを聞きに行くために、フェスティバルホールには最近毎年行っているが、フルオーケストラ公演に行くことはめったにない。

座席もA席で、1階の前から13列目のほぼ真ん中。なかなか素晴らしい座席でオーケストラが聴ける。

来ている人たちは、思ったより年配の人達が多かった。
土曜日だから若い人たちもいるのではないかと予想していたが、ほぼ私たちと同世代ぐらい。
ブログラムは、

オペラ曲が多い。全部で10曲以上もあるが、どんなふうに進むのだろう。 ソプラノ、アルトの独唱、ギターの独奏もプログラムに書いてある。 盛りだくさんの演奏会だった。

左の写真の人がギター奏者の朴 葵姫さん。英語で書くと Kyuhee Park さん。
会場でもらったアルバムには、「韓国生まれ。日本と韓国で育つ。3歳でギターを始め、荘村清志、福田進一、A・ピエッリ各氏に師事。東京音楽大学を経て、2014年ウィーン国立音楽大学を首席で卒業・・・」とかいてある。素晴らしい経歴の人で、まだまだ若い。

タレガの「アルハンブラ宮殿の思い出」、「禁じられた遊び」のテーマ音楽の「愛のロマンス」を演奏してくれた。
「アルハンブラ宮殿」は、スペインに旅行した時に実際に行ったことがあるだけに、感情移入してきくことができた。
ギター演奏は村治佳織さんがまだ20代前半の頃、演奏会に聞きに行ったことがある。開演前の人のまだあまり入っていない会場で、スタッフの人が「ギターの音は会場の座席のこの位置ぐらいまで伸び上がってきて、おちてくる・・・」などと専門的な話をしていたことを思い出した。フェスティバルホールの音響は素晴らしいそうだから、1本のギターの音が4階の上まで伸び上がっていたに違いない。

左の写真の人がソプラノの幸田浩子さん。
英語で書くと Hiroko Kouda さん。
アルバムの紹介には「東京藝術大学首席卒業。数々の国際コンクールに上位入賞後、欧州の主要歌劇場へ次々とデビュー・・」とこの人も才色兼備な人。
真っ赤なドレスが良く似合い、舞台全体がぱっと明るくなるようなオーラがある。
はずかしながら、私は全くといっていいほどオベラ歌手の皆さんのことは知らない。
映画やテレビで見る外国の貫禄のあるオペラ歌手が私のイメージだったが、そのイメージを根底から覆す印象の人だった。
家で調べてみると、何と大阪・豊中出身の人だった! へえーこんな素晴らしい大阪出身のオペラ歌手がいただなんて、いやいや全くお恥ずかしい限りだ。
歌劇の名場面からのアリアなのだろうが、私は歌劇の題名は知っていてもその内容についてはだめ。情感あふれる歌声に、オペラの場面を想像するが、日本語ではないのでその歌詞の内容がつかめないのが残念。もう少しオペラについて勉強した方がいいな、と思う。歌声と表情と仕草、これがオペラの舞台の歌姫なんだな、と思った。

左の写真の人がテノールの福井 敬さん。英語で書くと Kei Fukui さん。
アルバムの紹介には「・・・他者の追随を許さない輝かしい声。情感あふれる演技で日本を代表するテノールとして活躍・・」とある。
申し訳ない、この人のことも全然知らなかった。
でも歌声は確かに伸びやか、表情たっぷりに歌う姿と声は魅力的だった。これなら私でもオペラを鑑賞に行けるかも、と思わしてくれる歌声だった。
しっかりと両足で舞台に立つ姿は、存在感があった。福井さんがもっと若い時に、その歌声を知っていたらと思う。

途中で20分の休憩。ロビーのカフェで一休みの人も多い。新しいフェスティバルホールをあらためてじっくりと見て回った。

フェスティバルホールの前身である「大阪朝日会館(1925年〜1962年)」の時に付けられたレリーフらしい。右が「シェークスピア」、左が「ベートーヴェン」の像。こんなレリーフがあるなんて、これまで知らなかった。当時の大阪府知事、大阪市長のプレゼントらしい。今の大阪府と大阪市ではまったく考えられないこと。

おもしろそうな角度の被写体があるので、ホール内の写真を撮る。

後半は大阪フィルハーモニー合唱団が加わっての迫力ある演奏だった。
合奏と合唱といえばベートーヴェンの第9ぐらいしか思い浮かばないわたしだが、シベリウスの交響詩「フィンランディア」は以前にレコードを持っていたことがあるが、やっぱり生の迫力は違うなあと思う。量感というか血の通った音楽というのが感じられるような演奏だった。
歌劇「椿姫」、歌劇「トゥーランドット」、歌劇「つばめ」、歌劇「ノートルダム」などの歌劇の曲目がずらり。目も耳も楽しめる演奏だった。

写真は大阪フィルハーモニー交響楽団の拠点である「大阪フィルハーモニー会館」。南海電車の岸里駅ちかくにある。 
*写真は大阪フィルハーモニー交響楽団のホームページによる。
http://www.osaka-phil.com/hall/

いつも電車の中から見ている建物だが、今回の演奏でぐっと「大阪フィルハーモニー交響楽団」が身近に感じられた。
指揮者の円光寺雅彦さんも、テノールの福井さんも言っていたが、少しでも音楽に感心を持って演奏会に来てほしいという気持ちがよくわかった。

アンコール曲は椿姫の「乾杯の歌」の華やかな演奏と歌声。そしてラデッキー行進曲。あれ?この曲は?「ラデッキーよ」と妻が言う。この行進曲に乗せて退場かな?と思わず笑顔になってしまう。

このブログを書いているのは1月14日。
この日は「愛と希望と勇気の日」。
南極観測隊のタロとジロが生きていたことがわかった日。1959年(昭和34年)のこと。私も子ども心に、新聞やラジオで報道され、日本中に喜びの声が湧き上がったことを覚えている。

芸術も人間に愛と希望と勇気を与えてくれると思う。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です