ニュージーランドで外乗9

香港経由で日本へ

行きと同じ航路で日本に戻る。ニュージーランドの緑の山々、青い海ともお別れ。

機内食は2回あった。 帰りの飛行機で見た映画は、

◯メッセージ・・・これは見たかった映画。地球に来た大型宇宙船のエイリアンたちは何を伝えようとしているのか。地球人と宇宙人のコミニュケーションはどのようにして進められるのだろうか。言語学者の役割は?、その方法は?興味深く見た。でも最後に解決方法がわかるのだが、それってどうなの? という映画だった。

◯ゴーンガール・・・映画評論で紹介があったので見てみようと思っていた映画。これは大変な映画。見たらいいよ、と進められない映画。俳優さんが上手なので引き込まれたが、怖い映画だった。

◯ファンタスティックビーストと魔法使いの旅・・・ハリーポッターの続編?。新しい世界観の魔法の物語。特撮はさすがに素晴らしかったが、この後どのように展開するのだろう。人間界と魔法界の接点はどこにあるのだろう?と考えてしまう。続編が計画されているらしいが様子を拝見という映画だった。

◯エイリアンコブナント・・・エイリアン物。第1作の衝撃は映画館で味わった。今回はその前日談。エイリアン発生の謎に迫るわけだが、あまりにも安易、ヘルメットなしに未知の惑星に降り立つの? 冷凍睡眠の千人以上の人間をほっておいて進路を変えるパイロットに植民地計画をまかせられない、とツッコミどころ満載だった。この映画も人に進められない映画の一つ。リプリーのエイリアンがなつかしかった。

 

香港で乗り継ぎ。ここで残っていたお土産物を物色する。
香港発午前1時50分の飛行機に乗る。
午後11時をすぎるとさすがのお店も閉まっていく。閉まる前にコーヒーショップで最後のお買い物。

椅子の前にあるディスプレイで地図を見るのもおもしろい。
ロサンゼルスから東京、香港は夜。
シドニー23時35分で、香港が20時35分。時差3時間がよくわかる。
ホノルルの午前2時35分というのは前日の午前2時35分。間に日付境界線があるので一日戻っている。

少し動かすと昼夜境界線がわかる。インドのデリーは夕方の午後6時すぎ。
カイロは午後2時すぎでお昼真っ只中。ディスプレイで世界の時間を考えるのは楽しい。便利な機械だ。

関西国際空港に近づいてきた。

無事日本に到着。Wellcome! 歓迎! 

初夏の国から初冬の国への帰還。寒いだろうなあと思っていたが、それほど寒くはなかった。ありがたい。空港ロビーで朝の珈琲を飲んで、無事に帰ってこれてよかったとホット一息。落馬された方たちも病院で手当をされ、一緒に帰っとこれてよかった。JTBの添乗員さんは本当に大変だったと思う。ご苦労さまでした。

さあ、次はどこに行こうか。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です