ニュージーランドで外乗6

外乗二日目

上の写真左は私たちが泊まった部屋。庭に面してテーブルと椅子がある。
朝のコーヒーはここで飲んだりした。
さあ二日目の外乗。コースは昨日と違った所。どんなところだろう。
両足のふくらはぎにタオルを巻いて痛くならないようにと準備をする。
2台のバスにわかれて乗ってコースを変えて出発。

これがニュージーランドの山間の風景。日本の山あいの風景とはまた違う。

牛が草をはんでいる風景が出てくると、ニュージーランドだなあと思う。

やってきました。PAKIRI BEACH HORSE RIDES というところ。

昨日行ったMuriwaiよりも遠いようだ。モーテルから1時間10分とガイドブックに書いてあった。

ここは自分たちの食べるお弁当を馬の首に引っ掛けるバックに入れるてもっていく。
カーボーイみたいな用意だ、とうれしくなる。

馬主さんに馬を選んでもらい、準備をする。 私の乗った馬は「ブレッド」。みんなは「パンだ、パン」と言って笑っている。馬は自分の名前をわかっているので、私たちがしっかりとその名前を覚えておかなくてはならない。時々声をかけてやるのも馬とのコミニュケーションをはかるためにいいことと聞いている。そのために語呂合わせでもいいから馬を名前を覚える工夫をする。

さてここからの写真はない。
前回と同じようにホームページからよく似た場面を拝借してみる。

これはヘルメットの棚。
色んなサイズが置いてあるので「試して選びましょう」と勧められる。
いろんな物を試すが、どれもしっくりとしない。
前日もタオルをヘルメットに入れてサイズを調整したが、今回もそれが必要みたい。
気がついたことがある。それはヘルメットに色んなサイズがあっても、日本人向きの形ではないということだ。
つまり、日本人とニュージーランドの人たちとの頭蓋骨の形が違っているのだ。日本人は頭蓋骨の左右の長さがニュージーランドのヘルメットよりも長いのだ。だから前後は収まっても頭の左右の両端がいたくなる。タオルで痛くならないようにと考えたが、やっぱり途中から痛くなった。
ヘルメットも自分用のを持ってくるべきだった。

まず川を渡って林に入る。

昨日と同じように林や山の中でのトラッキング。

時々写真のように速歩で走る。馬のほうが駆け足もすることがあってちょっとびっくり。

林から海岸に出てくる。

一列に並んで、並足、速歩とだんだんペースをあげていく。

先頭のインストラクターの女性が「ここからギャロップで行きます。いいですか、横に広がらないこと、前の馬を絶対に抜かないこと。何かあったらストップと大きな声で合図すること」といった内容のことを英語で言う。何となく理解してうなずく。

落ちないように、落ちないようにと思いながら左足に重心をかけて、馬の動きに合わせる。おう、こんなスピードでこんな長い駆け足ははじめてだ。

海岸線のほぼ走りきって山道に入り、山の上での昼食ななる。
ここからの3枚の写真はiPhoneで撮ったもの。

遠くに見える砂浜、海岸線は約30キロあるそうだ。そのうちの20数キロを馬で走った。すごいなーと自分でもびっくり。

ここまで運んでくれたバスの運転手さんが日本人で、ニュージーランドに住んで30年以上になると言う。その人の話によると、
「ニュージーランドの人にとって、馬はペットです。犬と同じようにペットです。馬を飼うのは女の人が多いです。
羊はね、動物なんですよ。食べるために育てている。でも馬はそうではありません。大切にしている。競技会などがあれば馬を専用のトラックに乗せて運ぶんです。その運転は奥様がする、夫や子どもには任せないんです。
ニュージーランドの高速道路は100キロです。でも馬を乗せたトラックは、馬が怪我をしないようにとゆっくりと走る。なんか道路が混んでいるなあ、と思ったら馬を運んでいるトラックが走ってるんですね。
(私たちが走っている道路は途中で砂利道になった)ここも100キロでニュージーランドの人は走るんですよ。驚きですね。また、買い物に馬に乗っていく人もいます。時速100キロで走る車の横を、馬に乗って走っている人がいるんですよ。これもびっくりですね」
と「それホント?」という話が出てくる。「でもそうかなあ」とも思う。
「馬と暮らしたいからと、こんな田舎に引っ越してくる人も多いんですよ」とも言う。ニュージーランドと羊・やぎというイメージが、ニュージーランドと馬と言うイメージに置き換わりそう。
馬や車、乗り物が好きなようだ。でも一番感心したのは車は人を見たら必ず止まる、ということ。日本では信じられないほど歩行者の安全を意識している。
これは見習わなくてはならないことだ。