ニュージーランドで外乗5

海岸を走る

のんびりと休憩中の馬。 これは私がiPhoneでとった風景。
さあ午後のトレッキングの開始。

午後は海岸を走ったが、私たちの様子を写した写真は残念ながらない。午前に落馬があったので、カメラを出すことはとてもできない。Muriwai Beach Horse Treks Aucklandのホームページからよく似た場面を拝借して紹介する。

林を抜けて海岸に出る。松の木らしい木の根っこがいたるところにある。

まずは並足で海岸を歩く。広い海岸。人の姿もほとんどみえない。

上の写真のような犬がずっと私たちのトレッキングについてきた。犬はなれているらしく、先に走っていったり、戻ってきて横を走ったり、水を入れた桶のような容器があると、中にはいって水浴びをしている。本当に自由で楽しんでいるみたい。

海岸の後半では、少し速歩で走る。
身体が右の方に振られるようなってお尻が浮く。
添乗員さんから「左足に重心をおいて」と言われる。
クレインの指導員さんからは「右足のあぶみの長さを短くしましょう」と縮めてもらう。そうすると体重が左足にかかるようになる。
落馬しないようにと気をつけながらも、海岸線を速歩を交えて走ることができた。

わたしの乗った馬ストロベリー、妻の乗った馬ブレンダと先頭を走った女性インストラクターとの記念写真を撮る。

ニュージーランドの子どもたちは小学生から馬に乗っているという。
バスでここに来る時に窓から見えた学校には、馬や羊が放牧されている農園のような敷地が付属してあった。学校の中でも馬に乗れるようになっているのかもしれない。私たちが乗馬の練習をするために郊外に出ていく環境とは、全く違うのだ。

ここからバスに乗って宿舎のモーテルに戻る。
シャワーを浴びて(この部屋にはバスタブがなく、シャワーで体を洗う。)、夕食に備える。

モーテルから歩いて十数分のところに小さな町がある。 そこにあるタイ料理店で夕食。ニュージーランドにはアジア系の人が多く移民して商売や生活をしているそうだ。ここもそうなのだろう。

いろんな肌の人達がいる。髪の色もバラエティ。

全員がそろっていないなあと思う。聞いてみると、私たちと違うグループでも落馬があったそうだ。私たちのグループで落馬した人も含めて、検査と手当をしてもらうために病院へいっていることがわかった。大事がないようにと、みんなの思いは同じ。

ビールで乾杯。飲めない人はお水やソフトドリンクで。
料理もバラエティにとみ、いろんな味が楽しめた。

デザートも付いていて、外乗の疲れがとれる。アルコールと美味しい料理で身体が重くてモーテルまで歩いて帰れるだろうか。みんなそんな思いがあったようで、モーテルからバスのお迎えがきた。ありがたいありがたい。

クレインからの指導員さんからの話が印象に残っている。
それは現在オランダで研修中の指導員さんで、日本人が外国で乗馬練習する時のストレスのこと。
広くない練習場なので、馬の行き違いの誘導が大変で、ぶつかりそうになるそうだ。
日本なら気配りをして、お互いに譲り合って馬を誘導するところが、オランダでは全くそんな空気を読むことはないらしい。馬と馬のすき間を狙って練習場に入っていかねばならない。ぶつかると抗議の声が聞こえる。そのストレスが日本では体験したことがない、と言っていた。神経を太くしないとやっていけない、と笑って言っていた。なるほど、国民性というか、大陸と島国の違いというか、いろいろあるのだなあ、と感心しながら聞いた。

明日はまた違うコースでの外乗。
お天気は昨日より雲が多そう。雨にならないようにと思いながらモーテルに帰る。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です