ニュージーランドで外乗2

香港からオークランドへ

香港空港から飛び立ったところを窓から写真を撮る。
飛行機の振動でiPhoneが震えるのでピンぽけ。でも夜の香港空港の雰囲気は伝わってくると思う。
オークランドの経度はおおよそ175度。
175-135=40

日本の標準時子午線と比べるとプラス40度。15度で1時間のズレだから3時間の時差となることがわかる。

今度の飛行機は3列、3列、3列のエコノミー。

機内食を2回。香港からオークランドへは一直線のような航路。
行きの飛行機で見た映画は3本。

◯猿の惑星 聖戦記・・・「猿の惑星」は第1作を見てから久しぶり。猿ウィルスで人間が絶滅寸前の地球。いかにして猿の惑星になっていくかのエピソードだが、人間の傲慢さがテーマのような映画。最後はゴルゴダの丘のキリストを連想した。

◯ザ・ダークタワー・・・スティーブン・キング原作の映画。
「我は手で狙い定めぬ。手で狙い定める者,父親の顔を忘却せり。我は目で狙い定める。 我は手で撃たぬ。手で撃つ者,父親の顔を忘却せり。我は<気>で撃つ。 我は我が銃で殺さぬ。銃で殺す者,父親の顔を忘却せり。我は心で殺す。 」日本語の翻訳が画面に出るが、何を意味するのかを考えているうちに事件は展開していく。原作が7部作という大長編の映画化。本を読んでいないとその世界観に浸りきれないが、スティーブン・キングの世界であることは間違いない。さて原作は読みきれるだろうか。

◯トランスフォーマー 最後の騎士王・・・トランスフォーマーシリーズは今まで見たことがない。映画館に見に行かないだろうし、DVDを借りることもないだろう、と思っていたもの。でも折角の機会だから見てみよう。
特殊撮影の進化、コンピュータ・グラフィクの最先端を見るかのような画面だった。
しかしこのトランスフォーマーの世界観は、私にはよくわからなかった。でも好きな人はたまらないのだろうなあと思える映画だった。

 

オークランドの空港に到着。建物がこの周辺に集中しているのがよくわかる。

ニュージーランドの先住民族はマオリ族。マオリ族の彫刻は独特なもので大変有名だ。 JTBの「旅のしおり」には次のような解説があった。

「ニュージーランド最大の都市、オークランド。面積約4518平方kmのこの地には、国の人口の約3割が集中している。もとは先住民・マオリ族の居住地だったが、1840年にイギリスの初代総督であるウィリアム・ボブソンが6ポンドでこの土地を買い取った。(!!) 現在ではヨーロッパ移住者が市の人口の多くを占めているが、ポリネシア系、アジア系の移住者も増えてきている。古代の火山活動と波の侵食によってできた、複雑に入り組む海岸線が特徴で、オークランド北西部に代表される独特の奇観を持つ岩礁が生まれた。また、市内には火山跡が60以上もあり、起伏に富んだ地形で坂が多い。市ではマリンスポーツが生活に深く根ざしており、市民のヨット所有者数は自動車の所有者数を大きく上回る。市内の港には多くのヨットが係留され、市は別名「帆の町」とも呼ばれている。

6ポンドでこのオークランドを買った?! 先住民族が押し込められていく歴史はここにもある。

荷物を取っていよいよ入国の手続き。
香港で飛行機に乗る前に、添乗員さんから入国カードの書き方の注意を受けていた。

これが入国カード。左が表で右が裏。
右側は旅券番号や名前、生年月日などで、JTBがあらかじめ入力してくれていた。
問題なのは裏側。

正直に申告すれば安心

5.Are you bringing into New Zealand:
   ・Any food: cocked, uncocked, fresh, preserved, packaged or dried?

何か食べ物を持ち込みますか。と言う意味。
これまでの外国旅行は無視して「持ち込んでません」という態度をしてきたが、ニュージーランドはそうは行かないらしい。お菓子類、たとえば日本のおかきやおまんじゅうをもってきているならYesにチェックすること。
カップヌードルは卵のエキスや肉がはいっているのでだめ。没収されるらしい。
ということで「持ってきてません」と無視するのではなく、Yesにチエックしておけば安心で、Noにチエックしていて発見されれば400ドルの罰金になるそうだ。
みんないそいそとYesにチェックする。

6.Are you bringing into New Zealand:
  ・Prohibited or restricted good: for example, medicines,weapons…..

ここでmedicinesが出てくる。病院で薬をもらっている人はチエックしておくほうが良いとアドバイス。質問された時に「頭痛の薬です」とか「胃薬です」などと説明できたら良いということだ。添乗員さんが「私がいますから説明します」と言ってくれる。ここでほとんどの人がチエックを入れる。「No」と言っておいて検査で発見されると別室へ案内されるとおどかされた。添乗員さんがいなくて、一人きりになったらうまく答えられない・・・と不安になってしまう。

ということで、それなりに準備万端。

並んでいると、アウトドアのグッズを持っている人は別のラインに並ばされていた。他国の土壌や動物に触れたものへの警戒は厳重そうだ。

妻と二人で入国審査を受ける。
5番の「食料の持ち込み」については、何か?と聞かれた。
「ライスクラッカー、クッキー」でパス。
6番の薬については質問がなかった。一安心。
あとで聞いてみると、審査官の印象が第一条件だそうだ。
私たちはツアーだし、夫婦連れで服装もきちっとしていたからいい印象だったのだろう。アウトドアのスタイル、男1人の旅にはチエックが入りやすいという話も聞く。

入国審査を終えてバスを待つために集まるが、添乗員さんがいない。
トランクが出てこない人がいるらしい。 飛行機の乗り継ぎがあるとよくこんなことがある。
「ロード・オブ・ザ・リング」の撮影に関係するのだろうか、おおきな石像の騎士がたっている。あの飛行機はどういう意味?などと考えながら時間待ちをした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です