iPhone8プラス 復元にご用心

携帯電話を買い替えた。
これまではiPhone6プラスを使っていたが、iPhone8プラスにバージョンアップすることにした。

今年はiPhoneXが出たので、興味津々だったが、大きさがiPhone8ブラスより一回り小さそうなので、有機パネルのiPhoneは次回の購入にまわすことにした。

iPhoneは携帯電話の中では一番高価。もっと安いスマートフォンが沢山出回っているのに何故iPhoneを?とよくいわれる。
それは私はiPhoneについているカメラが気に入っているからだ。
ヤフーやイオンで格安スマホがあるので調べてみたが、カメラの性能は私にとっては不満足。アンドロイドにかえるという選択肢もあるが、iPhone4から使っているので使い勝手はやはりiPhoneになってしまう。
というわけでiPhone8にバージョンアップした。そこで気がついたことを書いておこうと思う。(iPhoneの写真はiPhoneのホームページより)

apple ID のパスワードをお忘れなく

機種が新しくなるだけのことだから、購入の後の作業は簡単だと考えていた。 auショップで店員さんと一緒に初期設定をする。
まず、apple ID でつまづく。
私はapple ID は、メールのアドレスとしてつかっているので、それを変えることはないが、パスワードはよく変えている。
機種変更の時にapple ID のパスワードがいると思っていなかったので、メモしてauショップに来ていなかった。
その結果、機種変更の時に入れるパスワードが思い出せなかった。いろいろ試すが正しくないとかえってくる。
ということで、apple ID のパスワードをリセットし、新しいパスワードを作ることになった。
バスワードはそんなに頻繁に変えなくてもいいし、それよりも「きちっと記憶をしておく工夫が大事ということに気づく。携帯のショップに行くときには、必要なのはメールアドレス(apple ID )とそのパスワード。

初期設定はお店の店員さんのアドバイスで完了。
これで全くまっさらなiPhone8ブラスが手に入った。
あとは家でiTunesを使ってのバックアップの復元をするだけ。

バックアップの復元

以前のデータはiTunesにバックアップしてあるのでそれを利用する。

iTunesにiPhone8を接続し、上の写真のような画面を出す。
ここでバックアップの復元ができる。
クリックすると、幾つかの復元データが表示される。
私はiPhoneを買い替えているので、何種類かの復元データがでてくるわけだ。
ここで一番上の最新のデータを選ぶのだが、少し前のデータのほうが古い記録も多く再現されるのではないかと思い、その復元データを選んだ。

しばらく待って復元されたiPhone8を開くと、古いデータはあるが、なんと最新の写真などのデーターが復元されていない!
そうか!?、iTunesの復元はバックアップを取った時のデーターを完全に復元するため、その後に記録したデーターは関係ないのだった。

そこでもう一度バックアップの復元をやり直すことにした。

古いapple ID と パスワードを聞かれて大慌て

iTunesでバックアップの復元をやり直す。
最新のデータを選びクリックすると
「iPhoneを探す、をオフにしてください」とコメントが出る。

iPhoneに戻って設定画面を探すが、なんとその「iPhoneをさがす」のアプリが出てこない。操作をしていると「appleIDとパスワードを入力してください」と言う内容の要求コメントが出る。それが以前のappleIDとその時のパスワードなのだ。
appleIDはiPhone8上に表示されているが、それは以前のappleID 。その時のパスワードを思い出して色々と入れるが全てだめ。
復元されたiPhone8は、何代か前のiPhoneになってしまっていた。

アップルサービスセンターで解決

auショップに予約をとり、お店に行く。事情を説明してもとのiPhone8に戻す方法をたずねる。
店員さんはどこかに電話をしている。
「auショップではできないので、アップルサービスセンターで電話相談してください。」と言って幾つかの電話番号をおしえてくれた。

家に帰って早速電話をする。
電話でいろいろと操作方法を教えてくれるのだが、なかなかうまくいかない。
「すこし時間をください」と上司?と相談タイムもあり、iPhoneの共有などの操作もするのだが、私のiPhoneは嫌がるようでうまくいかない。
係の人も困ったようで、
「スペシャリストに変わりますのでお待ち下さい。お時間を取らせて申し訳ありません」となった。

スペシャリストと言われる人が応対してくれた。
具体的な操作はここで紹介しないほうがいいので書かないが、
iPhoneを完全に初期化し、一番新しい appleID とそのパスワードが有効になり、そこに最新データを復元することができた。

そのためには、iMacの共有などで、画面を使っての操作方法を教えてもらうなど、少しヒヤリとする時もあった。インターネット環境での個人情報の漏洩などを実感するような感じだった。
完全初期化し、データーが復元されるまでスペシャリストの人が付き合ってくれた。
電話でのサービスが完全に完了するまで責任を持つ、という態度だった。
データーが復元されるまで20分ほどかかったが、その間に日頃疑問に思っていたiPhoneの使い方などを質問した。スペシャリストと言われる人と話ができる機会はめったにないので色々と質問し、解決することができた。

古いバックアップデータの削除

教えてもらった中の一つ 。古いバックアップデータが必要でなかったら、削除する方がいい。
その方法は、iTunes の画面を出し、iTunesのタグをクリックする。
プルダウンしたリストの中から、環境設定をクリックする。

環境設定をクリックして出てきた画面の中から、
デバイスを選んでクリックすると、上の写真のようにバックアップのリスト一覧が表示される。
リストから選んでクリックすると、

バックアップの削除が、有効になる。
これをクリックすると、指定されたバックアップファイルが削除される。
上の写真では一つしか表示されていないが、バックアップファイルを何回も作るとその分が増える。そのなかか.必要でないファイルを削除すればいいということだ。

こうして、自分のバックアップファイルがどれだけあるかを確認していけば、私のような失敗はなくなると思う。

2時間余の時間がかかって新しいiPhone8ブラスが完全復帰した。
アップルサービスセンターの係の人、そしてスペシャリストと言われる人の、最後までの対応は冷静で、電話サービスは完璧だった。
「時間がかかって申し訳ありませんでした。これでお客様の全てのご要望は解決しましたか?」と丁寧に電話を終わることとなった。

最後の頼みの綱はアップルサービスセンター。ありがたいことだ。