天然酵母でパン作り37

「とかち野酵母」と「白神こだま酵母ドライG」1

今回はホームペーカリーを使って、「とかち野酵母インスタントドライイースト」と「白神こだま酵母ドライG」で食パンを作ってみた。

材料はそれぞれの酵母がしている分量で設定してみた。小麦粉の量はどちらも250グラムの食パンを作った。

「とかち野酵母インスタントドライイースト」は難波高島屋の富澤商店で購入した。

箱の裏側には、
「北海道十勝清水町のエゾヤマザクラのさくらんぼを分離源とした酵母です。無糖生地のみならず、高糖生地でも発酵力にすぐれ、穏やかな香味を有します」
と書いてある。

箱の中に「ホームベーカリー用のレシピ」が入っていて、その中の「食パン」のレシピを参考にして作った。

強力粉・・・250g
塩・・・5g

砂糖・・・17g
脱脂粉乳・・・5g
とかち野インスタント・・・5g
バターあるいはマーガリン・・・15g
水・・・185g

家に「モチモチトーストミックス」という小麦粉があったのでそれを使った。
これは小麦粉、塩、砂糖がミックスされているというもの。
だからこの小麦粉とバターと「とかち野酵母インスタントドライイースト」5gを用意し、水185gをホームペーカリーにセットした。脱脂粉乳はなかったので今回は使っていない。
ドライイーストタイプなので、予備発酵がいらず、そのまま入れて使うことができる。

このホームベーカリーのメニューには「(天然酵母)食パン」というコースがある。所要時間約7時間というもの。このコースに設定してスイッチ・オン。
上の右は、こねている様子を撮したもの。

なかなかよく膨らんだ。普通使うコーヒーカップと並べてみると、だいたいの大きさがイメージできると思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

左は使った小麦粉と「白神こだま酵母ドライG」の写真。
白玉こだま酵母ドライGの箱には
「白神山地は1993年に世界自然遺産に設定されました。その世界的にも貴重なブナの原生林から発見されたの、製パン用「白神こだま酵母」です。・・・」
と書いてある。

「配合などは、ホームベーカリーの取扱説明書に従ってください。ドライイーストコースを選択します」とある。

ホームベーカリーのレシピは、 強力粉・・・259g、
バター・・・10g、
砂糖・・・17g、
スキムミルク・・・6g、
塩・・・5g、
水・・・180g、
ドライイーストとなっている。 小麦粉は「とかち野酵母」と同じものを使ったので、バターと「白神こだま酵母」5g、水180gを用意し、セットした。 このホームベーカリーは、途中からイーストが入れられので、その容器に「白神こだま酵母」をセットした。 コースは「ドライイーストコース」はないので、「食パンコース」に設定した。スキムミルクはなかったので今回は使っていない。

このホームベーカリーの「食パンコース」は約4時間。 4時間後の焼き上がりは、「とかち野酵母」で作った食パンとほぼ同じようだ。

「とかち野酵母」は約7時間、「白神こだま酵母」は約4時間。その仕上がりはよく似たものだった。

トーストにしてみた。普段よりも加熱の時間を長くして、焼き上がりの色がよく出るようにしたが、その違いはわからない。

食べ比べてみるが、私にはまったくわからない。イーストと違った風味のある食パンにどちらも仕上がっている。
妻にだまって食べ比べてもらった。
「左のほうが甘みというか、味がしっかりしている。右のほうがあっさりとした味」という評価だった。
ちなみに左は「とかち野酵母」で作った食パン、右が「白神こだま酵母」で作った食パン。発酵時間が倍くらい違っているので、長い時間ゆっくりと発酵したほうが、深みのある味になったのかもしれない。

 

 

 

 

大阪環状線撮り歩き  福島駅

今回は環状線「福島駅」周辺。このお散歩フォトもいよいよ最終回。

福島駅構内にちょっとステキなポスターがお出迎え。

福島駅周辺にはいろんな施設が建っている。
フェスティバルホールが工事中のときには大活躍をしたザ・シンフォニーホールは、淀工の演奏会や、大晦日の久石譲の演奏会によく行った。
また、最近話題になっている将棋、その将棋会館もここ福島にある。
環状線の駅ごとの発車メロディーは円広志さんの「夢想花」。 あの「回って回って・・・」が環状線のイメージにぴったりだからだそうた。

ここ福島駅は、東海道本線支線(阪急貨物船)が平行しているので、こんなそばに「はるか」が走っている写真が取れる。

 

この商店街には「占いの店」が多いそうだ。
商店街の入口には「夢歩」と書いてある。夢歩⇒ユーホー⇒UFO というシャレだろうか。「夢歩」の文字がUFOらしきものの上にあるのもご愛嬌だ。

さて、今回のお散歩フォトでは、できるだけ標準レンズの35ミリで写真を取ることに心がけた。
標準レンズの35ミリというのは、人間の遠近感とほぼ同じように写真が取れるそうだ。それよりも焦点距離が小さくなると、遠近感が強調されると言う。
逆に望遠レンズになると、遠近感が消え、圧縮効果が効いてくるとそうだ。
そういったことで、基本に帰って標準レンズ35ミリを中心にして、お散歩フォトに出かけた。

福島駅のがーどにある柱には「七福神」がえがかれていた。通勤の人たちに福を授けているのかもしれない。

これは何? 実は環状線の車両。ビルのすき間から撮したもの。

かわいいお店があったのでシャッターを押したところへ自転車のおじさんが突入。
これも「お散歩フォト」のハプニングでおもしろい。

ここは上福島小学校の農園のようだ。「なにわの伝統野菜 ミュージアム」という立派なアーチが建っている。「なにわの伝統野菜」とは? 調べていると、「天王寺蕪(てんのうじかぶら)」「田辺大根(たなべだいこん)」「金時人参(きんときにんじん)」「大阪しろな」「毛馬胡瓜(けまきゅうり)」「玉造黒門越瓜(たまつくりくろもんしろうり)」「勝間南瓜(こつまなんきん)」「源八もの(げんぱちもの)」「難波葱(なんばねぎ)」などということだ。大阪市内の小学校では給食の材料として使われていると聞く。

入口横の石碑に書かれていることは、 「大和田街道・梅田街道
この街道は、北区西天満一丁目を起点とし、福島区、西淀川区を経由して尼崎に通じる明治期の物資流通道路であった。
起点から西進し、堂島、梅田、出入橋を経由し、かきつばたで有名な浦江の聖天の南を通り、珍しい神事が残る海老江の八坂神社のかたわら、国道2号沿いに北に進み、淀川を渡る。姫島神社を右にみて、大和田を通り、佃漁民ゆかりの地の佃を経由して尼崎市大物町に至る街道は、古くから阪神間を直結する重要路線の一つとして、西国往来の人や、尼崎、西宮、兵庫の商人など行き来する人が多かった」とある。

UFOと「占いの町」を横切るこの道は、古くて重要な街道だったのだ。

どちらも35mmで撮した写真。何が違う?
一歩近づいたか、一歩下がったかのちがい。
大きく写したい時は近づく、全体を広く入れたい時は下がる。これが写真を撮る時の基礎。望遠やズームに頼る前に、基礎をまず覚えなさい、というのが講師先生の言。

福島駅のそばにある将棋会館。藤井4段は? もちろんいるはずがない。

上の二枚の写真の違いは?
左の写真は画面左隅を道路の端に合わせようとしたもの。右はコーナーの角を意識せずに撮ったもの。左のほうがより遠近が出る、と講師先生のアドバイス。なるほど。

高さ173mの梅田スカイビル。映り込みが自称写真家の興味をそそる。

なんとも不思議な雰囲気の写真。これは写り込みではない。

これは35mmで撮ったもの。これはもちろん写り込み。

これは滝見小路の階段から撮ったもの。

ここは梅田スカイビルから梅田グランフロントにつながる地下道。現在工事中。
聞くところによると、トンネルがなくなるらしい。

現在「うめきたガーデン」として開放されているところに巨大マンションが立つという噂を聞いた。
巨大なビルが立つと今のような開放感はなくなるし、この長いトンネルもなくなってしまう。
トンネルの長さは205m。
私はこのトンネルを使って音の速さをはかる実験ができるなあと思っていた。
音速は秒速340m、トンネルの片方のはしで大きな太鼓をたたく。バチが太鼓に当たったのを見て、約1秒後に音が聞こえるはず。だれかそんな実験をもうしたのだろうか、、、。私が思いつくのだから、多分誰かがやっただろう。
上の写真はシャッタースピードが三分の一秒のもの。自転車を乗った人が完全にぼやけている。

お散歩フォトの最終地点は「お初天神」。

お初天神の周りには不思議な雰囲気の路地がある。
賑やかな表通り、境内、観光客。一歩はいるとそこは時間と次元がずれているような場所。現実と虚構の狭間にいるような気になった。

大阪環状線を巡るクラブツーリズムのお散歩フォトもこれが最終回。
私は途中からの参加だったけれど、おもしろいし、勉強になった。
しばらくは環状線の旅はないそうだ。
また再開されたら、参加してもいいなあと今は思っている。

 

 

第30回関西矯正展 (刑務所作業製品展示即売会)

上の写真は堺市のホームページよりのもの。
毎年この時期に堺刑務所で「刑務所作業製品展示即売会」が開かれている。
一番最初に行った時は、ディーン・フジオカが一日所長として開会式で挨拶をしていた。ディーン・フジオカが「あさが来た」で出演していたときで、そのあと人気が出たのにびっくりした。

今年はNHK朝ドラ「おてんちゃん」にキース役で出ている大野拓朗さんが来ていた。
10時開会なので9時半すぎについたら、もう駐車場は満車。年々人気が出ている「矯正展」だと実感した。

入口前は自転車がぎっしり。

展示即売会だけでなく、いろんなイベントがおこなわれている。

関西高等美容専門学校の生徒さんによる「チャリティー ネイルアート」。 地域のボランティアさんによる「射的」など、子どもが喜びそうな出し物もいっぱい。

いろんなゆるキャラも登場。堺の「もずやん」としゃべっているペンギンはだれ?と声をだすと、 「ICOCAです」とJRの制服を着たお姉さんが答えたのでびっくり。そうか、ICOCAのゆるキャラなのか・・。

くまモンも登場。ここのステージでは、ブラスバンドやダンスなどのパフォーマンスが行われていた。

靴、カバン、ベルトなどの革製品、椅子、テーブル、タンスなどの木工製品、藍染め、便せんなどの文房具など、さまざまな制作品がテントで販売されていた。
ここの刑務所で作っている食パンも販売されていた。監獄カレーと名付けられたカレーをお昼に食べたが、さすがに甘くはなかった。

これは堺の伝統産業の緞通(だんつう)。分厚い絨毯だ。

実演されているので暫し見学。
ちょうど大仙公園にある博物館で、堺の緞通展が開催されていたのを見学したが、その時は実演がなかった。
今日は間近で織り上げる作業が見ることができて、来た甲斐があった。
JTCO日本伝統文化振興機構というところのホームページを見ると、

「緞通(だんつう)は、中近東から中国を経て日本に伝来し、江戸時代から近代にかけて盛んに生産された手織りの敷物のことです。兵庫県の旧赤穂藩、佐賀県の旧鍋島藩と並んで日本三大緞通と呼ばれる堺緞通は、垂直になった織機で織り上げます。 
出来上がった作品は緻密で美しいデザインと、深い風合いを兼ね備えていることが特徴です。また、赤穂・鍋島が主に国内向けに生産されていたのに対し、堺緞通は海外に多く輸出されていました。」

と紹介されていた。

原画を作成する人、織り上げる人とそれぞれに分担して緻密な作業が要求される工芸品だ。係の人のお話を聞くと、この伝統産業を保存している役目を担っているのが堺刑務所だそうだ。なるほど、採算と切り離して大事な役目を果たしているというわけだろう。

ケーナの演奏、ゆるキャラとの交流、フライドポテトなどの販売と親子連れが楽しめる企画がたくさんあった。ボランテァで知り合った人が、町会の出し物のテントでお手伝いをしているのを発見。社会を明るくするための運動の一環としては、地域とのつながりを深めるのに大きな役割を果たしていると思う。

昼ごはんも食べ、ガラガラ抽選もして、会場を出たが、刑務所前の交差点は矯正展にはいる車がまだ並んでいた。年ごとに入場者が増えているのかもしれない。
来年はもっと早くこよう。多くの人がそう思ったに違いない。