大阪環状線撮り歩き  西九条駅

ここはJR環状線と阪神電車が交差する駅、またUSJへの乗り換えの駅で知られている「西九条駅」。 下水道科学館、松下幸之助ゆかりの地、そして「野田阪神駅」までの道を歩いた。

西九条駅の周辺には飲み屋さんや食べ物屋さんが多い。野田阪神までを歩きながらおもしろそうな看板のお店のスナップ写真をとる。

朝なのでどのお店も開いていない。
夕方にでもなれば照明がつき、シャッターがあき、また違った雰囲気になるのだろう。

安治川と淀川に挟まれた地域、水防碑が建っている。大きな被害があったのだろう。

遠くに見えているのが、前回見た安治川の防波堤。小さく写っている。

おもしろいものを発見。「初代船奉行所跡」とある。説明書きによると、
「大阪船奉行は元和6年(1620年)に、近世には難波津に代わって大坂の要津として,賑わっていた伝法・四貫島に設置され、徳川幕府最初の大坂船奉行所を四貫島村としました。公事屋敷が185軒あるという規模で、6軒や3軒で村がある時代の全国約200藩中で日本一の船奉行所になります。」

そんなすごいものが、西九条の四貫島にあったとは、全く知らなかった。

下はキュウリの花。こんな花が咲くんだなあ。

ここは千鳥橋。橋といっても下には川は流れていない。

河川敷の広場にある不思議な建物。これは一体なんだろう。
実はここはかつては川だったけれど、川の跡を利用しして高速道路のトンネルが走っているそうだ。そしてこの不思議な建物は、トンネルの非常用地上出口。
「阪神高速 地上出口 EXIT  淀川左岸線 正蓮寺川トンネル
 非常出口 非常口 E10 この建物は非常時の非常口で、平常時の使用を禁止しています。・・・略・・・」と書かれている。
高速道路のトンネルの非常口が河川敷にあるとは・・・初めて見た。

この付近は住宅の工事が進んでいる。

工事現場にあった「騒音計と振動計」。右の数字がおかしい?
実はこれはシャッタースピードを変えたから。
右の写真シャッタースピードは125分の1秒。左は30分の1秒。
赤いLEDは点滅しているので、早いシャッタースピードだと数字の一部しか写らないということだ。写真を撮ると、こういった勉強にもなる。

ここは「フローラルタウン南」という所。

広い公園と高層団地。かつてここは工場だったそうだ。工場の跡地に団地と公園がつくられていると、以前この付近にいた人が言っていた。

人工的な直線や曲線が目に入ってくる。

下水道科学館があった。無料で中を見学できる。いつか見学したい所。

金網の中にあるコンテナハウス。ボーイスカウトの事務所だった。

「正一位 互譲稲荷大明神」いい名前のお稲荷さんだ。

「被爆者慰霊 平和の碑」。大阪、西九条の地で、「被爆慰霊の碑」があるなんて。
大阪大空襲だろうか、なにかいわれがあるのだろう。合掌。

昭和の町並みが残っている。

ガード下のお店の看板がカラフルでおもしろい。

さあ、野田阪神に近づいてきた。

面白い看板のお店もでてくる。チャボというからニワトリかな?と思うと「茶暮」。
ブタがお店の前でお出迎えもなんか楽しい。金網のように固いお仕事のお店もある。

福島区海老江の住居表示の看板の色は紫。何か新鮮な感じ。この辺は「のだふじ」という藤の花で有名なところ。だから住居表示もフジ色を使っているのだろう。

今回のお散歩フォトは、「野田阪神」で解散。日は照らなかったが、さすが2時間半を歩き通すとつかれた。ご苦労様。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です