アメリカ東海岸 「若草物語」と「あしながおじさん」の旅 23

 五日目 アメリカ自然史博物館

ここは「アメリカ自然史博物館」。セントラパークに面している大きな博物館。

昼食の後、セントラパークを横切って、この「アメリカ自然史博物館」まで歩いてやってきた。地図ではかんたんなのに、初めての場所はとても遠く感じる。
やっと発見。でも博物館の中は入場を待つ人の列、列、列、、、。
メトロポリタン美術館も多かったけれど、こちらの博物館のほうが人は多かった。あまりに人が多いので見学はやめようかと思ったが、妻が「列が動いているから並ぼう」と言う。私もこの機会をなくしてはもう来れないかもしれないとも思い、並ぶことにした。
受付ロビーではこの巨大な恐竜の化石がお出迎え。真ん中の写真が、アロサウルス(1億5千万年前、中生代ジュラ紀後期の大型肉食獣脚類の属する恐竜)。下の足だけ写っている写真はパロサウルス(こちらも中生代ジュラ紀後期の恐竜。全長23〜27メートルの長い首と尾を持つ竜脚形亜目・デイプロドクス科の恐竜)。しかしまあ人間のなんと小さく見えることか。

受付の様子。シニア2枚といって代金を払う。あとで現地ガイドさんに聞くと、ここもメトロポリタン美術館と同じで、寄付なので自分の都合のつく金額で良い、といわれた。でも特別展などのオプションがあったのでその時はどうすればいいのだろう。

家族連れが多い。小さいときから、本物に触れることはいいことだ。それにしても大きな化石がいっぱいで、その迫力は子ども心にも長く残るに違いない。

日本のコーナー。
季節の様子の絵、畑に行く娘さん、ひな祭りの子どもたち、日本民家のジオラマ、仏壇、神具などの展示があった。
アメリカ人はこんな写真を見て、今の日本のことがわかるのだろうか。でもここは「自然史博物館」だからこれでいいのかなあ。

これは展示室に入り切らない恐竜。Titanosaurus ティタノサウルス、タイタノサウルスとも発音されている中生代白亜紀の恐竜。解説には「100 million years ago 」と書いてあるから、1億年前のものらしい。頭から尻尾の先までが37メートル、足から頭までの高さが14メートル、重さが70トンと推定されている。南アメリカのアルゼンチンで発見されたものらしい。
とにかくこの「アメリカ自然史博物館」では、巨大で、大きなものが目の前にどんと展示されている。

これはアズライトとマラカイトの塊。あまりに美しいので写真に取ったが、詳しいことはわからない。

この巨大なカヌーは、ネイティブアメリカンのHaida 族の彩飾彫刻戦闘用カヌーである。長さが64フィート(約19メートル)の大きなもの。

大きくて巨大な展示。施設内も広いので疲れてくる人も多いのだろう。ゾウの隊列の周りでしばし休憩の人たち。私たちももっと見学したいが、あとの予定があるので博物館を出ることにする。

博物館の前はセントラルパーク。子どもたちの姿が多い。夏休みなんだろう。

セントラルパークの南西の端。USSメインモニュメントがみえている。

さてここから歩いてぶらぶらしながらホテルに向かう。

1日でセントラルパーク、メトロポリタン美術館とアメリカ自然史博物館を見て回るのは、無謀なことだとわかった。
見るものがたくさんあって、一つひとつにもっと時間をかけないとあとで、あーあれも見たかったなあということになる。まあ、旅というものはいつもそうだが。

今日はアメリカ最後の日なので、ツアー参加者全員参加の夕食会。これも楽しみ。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です