アメリカ東海岸 「若草物語」と「あしながおじさん」の旅 16

三日目 「ハックルベリー・フィンの冒険」

「ハックルベリー・フィンの冒険」の本を買った。「トムソーヤの冒険」と同じ土屋京子さんの訳本が一番新しそうなのでその本にした。

読んでおもしろかった。ハラハラしドキドキする感覚、久しぶりに本を読みながら味わった。
少年時代、特に男の子だった人にはたまらなく魅力的な本だと思った。

早稲田大学の石原剛さんの解説も、私にとってはわかりやすいものだった。

また、この「ハックルベリー・フィンの冒険」の最初に、マーク・トウェイン自身が南部訛りについて書いている。

「本書においては、幾種類もの訛がつかわれている。すなわち、ミズーリ州の黒人訛。アメリカ南西部僻地の最も極端な訛。パイク郡のごくふつうの訛、およびその四つのバリエーション。これらは行き当たりばったりでかき分けたものではなく、当てずっぽうで書いたものでもない。それぞれの訛に精通する著者自身の確かな薀蓄を傾けて、念入りにかき分けたものである。・・・」
英語で生活をしていない私には、その区別がよくわからない。訳者あとがきで、土屋さんが例文をあげてその違いを説明している。それを見ても、明確な違いがわかるわけではないが、英語の訛り、南部訛りというものを文字で書くとこうなるのか、ということがわかって勉強になった。こういった解説や説明は本当にありがたいと思う。

ハリエット・ビーチャー・ストウの「アンクル・トムの小屋」、マーク・トウェインの「トム・ソーヤの冒険」「ハックルベリー・フィンの冒険」の勉強を終えて、今日の課題はほぼ終了。

マーク・トウェインの屋敷と資料館の見学を終えて、バスに乗り、今日の宿舎のあるポーキプシーへと向かう。 途中、バスの中から大きな虹が見えた。
地面の端から端まで、はっきりと見えるような大きな虹だった。

ここはモーテル。 Holiday Inn Express Poughkeepsie
アメリカの旅行中に、よくこういうモーテルに泊まりました、と松本先生の話。
日本のビジネスホテルという感じ。ベッドも2つ(簡易ベッドではない)、バス・トイレ、冷蔵庫もあり、ゆっくりと休める。中庭にはプールもあった。
車社会のアメリカにとっては、必要な宿泊施設なのだろう。

ロビーには歓迎の文字、小さなマーケット?もある。
のぞいてみるとスナックなどのお菓子が並んでいた。

コンプリメンタリー ブレックファストというのは、無料の朝食ということ。
宿泊代に朝食代が含まれているということだろう。

こんな具合にビュッフェ形式でほしいものが取れるようになっている。

今日の夕食は日本式のお弁当。ホテル到着が午後8時をすぎていたため。
お味噌汁つきの天ぷら定食。アメリカ風のお寿司も。なんかおもしろい。

外に出ると月が煌々と光っていた。星は?と探したが、モーテルや街灯の光であまり見えなかった。残念ながら夜空の星は写真に撮れなかった。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です