アメリカ東海岸 「若草物語」と「あしながおじさん」の旅 14

三日目 若草物語とアンクル・トムの小屋 

前回は「若草物語」に「アンクル・トムの小屋」からの引用があり、また映画「王様と私」の劇中劇にも「アンクル・トムの小屋」が使われていることを書いた。
「アンクル・トムの小屋」が出版されたのが1851年。
「若草物語」が出版されたのが
1865年。
「王様と私」の映画に先立って、ミュージカルとして上演されたのが1951年で、映画は1956年ということがわかっている。

「アンクル・トムの小屋」は、出版されてから100年間以上ものあいだ読み継がれ、語り継がれてきたのだろう。

今回「アンクル・トムの小屋」の引用があることからあらためて「若草物語」を読み直してみて、ハンナはどんな人物なのかなあということが疑問になった。
ハンナというのは「若草物語」に出てくるメイドさん、というか使用人のこと。
「若草物語」の第1章「巡礼ごっこ」(岩波少年文庫より)の最後の部分に登場してくる。(old Hannah を太字にしているが、原文はそうではない)

They talked over the new plan while
old Hannah cleared the table, then out came the four little work
baskets, and the needles flew as the girls made sheets for Aunt March.
It was uninteresting sewing,

翻訳ではこのようになっている。

娘たちはメイドのハンナが食卓を片付けているあいだに、楽しい計画について相談しあった。そして、四つの小さな裁縫箱を出してきて、マーチおばさんにプレゼントするシーツの端をかがりはじめたが、四人の針はすいすいと運んだ。おもしろくない針仕事だったが、、、、

ハンナがどうしてこの家にいるのかの説明が第2章「メリー・クリスマス」のはじめの部分にある。

・・・・,” replied Hannah, who had lived with the family since Meg was
born, and was considered by them all more as a friend than a servant. 

岩波少年文庫では

・・・」とハンナが答えた。ハンナはメグが生まれたときからずっとこの家にいるので、みんなはメイドというより友だちのように思っていた。

ハンナはこの小説に何回も登場してくるが、私の読んだ限りでは、これ以上の説明はないようだ。人種などについての具体的な説明はないと思う。

左は1949年につくられた映画「若草物語」のDVD。
たまたま書店のDVDコーナーで見つけたもの。
290円(税抜き)というあまりの安さに買った。

ジョーにジューン・アリソン
ベスにマーガレット・オブライエン
エイミーにエリザベス・テイラー
メグにジャネット・リー
という配役で、アカデミー賞で美術監督・装置賞をとっている。
この映画は1933年の映画版のカラー映画のリメイクとしてつくられたものらしい。この映画では、ハンナは白人の家政婦として登場している。

ところが、日本のテレビ番組「ハウス世界名作劇場」で放映された「愛の若草物語」では、ハンナは黒人家政婦として登場している。もちろんこのアニメは「若草物語」の完全版ではないので、原作との違いはいろいろとあるようだ。
ただハンナを黒人として登場させたのは、作品の時代的な背景からそういった可能性もあると、テレビ局側は考えたのかもしれない。(アニメの写真はインターネットよりの引用)

しかしここで言えるのは、原作「若草物語」では、白人か黒人かはわからない。

左は岩波少年文庫「若草物語」下巻、第15章「電報」の最初のページ。

挿絵はハンナがマーチ夫人に電報をわたすところ。
この挿絵のハンナは黒人ではない。

岩波少年文庫「若草物語」下巻の訳者あとがきにこんな説明があった。

「最後に、この本の『挿し絵』のことですが、うれしいことに、岩波書店児童書編集部で、多くの挿し絵の中からバーバラ・クーニーの版画を選んでくださいました。クーニーは、オルコットのファンで、同じ地に住み、かつてのオルコット家のこともよく知っているというイラストレーターで、まさに、この本にぴったりでした・・・」

「若草物語」はルイザ・メイ・オルコットが、自分の少女時代、姉妹をモデルにしてこの話を書いたことは有名である。そうすると、ルイザ・メイ・オルコットの生活をよく知っている人が描いた挿し絵は、オルコット家の生活を正しく反映しているだろうと考えられる。

オルコット家が、使用人・メイドをおいていたかどうかはわからない。
その当時の生活では、家に住み込みの家政婦や通いの家政婦がいたとしても不思議ではないと思う。私の友だちに、お手伝いさんのいる家もあったし、最近のNHKドラマ「悦ちゃん」でも、昭和のそういった生活が描かれている。
昨年「恋ダンス」で話題になった、みくりさんも通いの家政婦さんだったわけだから、現在の世の中でも家事を専門にやる仕事があり、家に派遣された家政婦さんがいるのも別に不思議じゃないわけだ。

「若草物語」にもどって考えてみると、南北戦争があり、奴隷解放の闘いがあったわけだし、オルコット家の考え方だと、黒人奴隷はいなかっただろうと想像される。
これはあくまでも私が本やインターネットで仕入れた知識で言っているだけのことで、素人の考えであり、学問的なものではないことは、言うまでもない。

上の写真に「STOWE CENER」の白い案内板があるが、ストウセンターは写真の左側にある。案内板の奥に見えている、ユニークな形の屋敷が「トム・ソーヤーの冒険」を書いたマーク・トウェインの屋敷だ。
ハリエット・ビーチャー・ストウとマーク・トウェインは、ご近所づきあいのある関係だったそうだ。
ハリエット・ビーチャー・ストウの家の見学の後、マーク・トウェインの屋敷の見学に行くことになる。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です