アメリカ東海岸 「若草物語」と「あしながおじさん」の旅 11

三日目 ボストンの朝の散歩

ホテルの窓から見える朝のボストンの街。
今日は雨が振りそうなぐらいに曇っている。

朝は軽く。コーヒーはスタッフの人がポットごと持ってきてくれる。ミルクも。
この日は午前中は自由行動ができる日。街の散策と買い物の予定。
お昼のために、朝食のバナナやパンを確保しておいた(これも旅慣れてきたからかな)。

ここはボストン公共図書館(BOSTON PUBLIC LIBRALY )。ゆったりとしたスベース。明るい読書室。喫茶店もある。こんな図書館なら何時間でもおれそう。環境ってだいじだな、と思う。

トリニティ教会(1877年)。ただいま工事中。近くの近代的なガラス張りのビル(ジョン・ハンコック・タワー)に写っている姿で全体を想像するのみ。
ガイドブックには、

ボストンのほぼ中心地に堂々と建つトリニティ教会はヨーロッパのロマネスク様式を多々取り入れた建物で、19世紀にアメリカで最も賞賛されたと言っていいほどの建築家ヘンリー・ホブソン・リチャードソンの代表作でもあります。
後にこれは「リチャードソニアン・ロマネスク」と呼ばれ、彼の名からとった新しいアメリカンスタイル様式として多くのアメリカ建築家にも影響を与えたそうです。
また、1885年には建築家が選ぶアメリカ内で最も重要な10大建物の一つに選ばれたりして、なかなかの風格を持っています。

と書いてあった。残念ながら外側が囲いでよくわからない。中に入ろうとしたが、9時からのオープンだった。少し早く来すぎた。後の時間があるので開くのをまてないので、市内のマーケットのある場所に移動。

左の写真はウィキペディアより引用したトリニティ教会の全景。なるほど、風格のある姿だ。工事中で全容が見ることができなかったのが残念。
教会前の広場には、イソップ童話の「カメ」と「ウサギ」があった。ウサギが小さいのか、カメが大きいのか。オブジェとなるとこんなふうになるのかな。

ここは1773年12月16日の夜に起きた「ボストン茶会事件」の記念博物館。上の黄色い船が再現されたもの(エレノア号)。思いのほか小さい船なのでびっくり。こんな船で大西洋を横断したのかと思うと、大変だっただろうなあ。でもこの事件での損害額が、342箱の茶箱で100万ドルと推定されているから、危険に見合う仕事だったのだろう。ここに行きたかったが、距離と時間の問題であきらめる。上の写真はバスで通った時に撮したもの。だからちよっとピンぼけ。

エレノア号の姿がよくわからないので、インターネットで調べる。トリップアドバイザーというホームページより引用したのが上の写真。ボストン茶会事件に関係した船は何隻かあったようだが、このエレノア号が一番小さいのかもしれない。

左の写真は、ボストンの観光パンフレット。
茶会事件の体験を売り物にしているらしい。
エレノア号の上から、茶箱を海に投げ込むことを体験するというものらしい。
このパンフレットの写真で茶箱のイメージがつかめた。もっと重たい木箱のようなものを想像していたが、そうではないようだ。

ホテルからスーパーマーケットまでは、2階の渡り廊下の両側にお店がならぶショップストリート。カフェ、ブックショップ、ブテック、マイクロソフトのお店・・・ずらっと並んでいて、ウィンドウショッピングが楽しめる。

本屋さんで、アメリカの地図を見つけた。買おうかなと思ったが、ニューヨークで買えるだろうと思いやめた。でも・・・ニューヨークでは本屋さんを探す時間がなかった。やっぱり海外旅行では思った時に買っておかないと、とまた思う。

 これは靴磨き用の椅子のようだ。何回かこの前を通ったが、ここを利用している場面には出会わなかった。
靴磨きは8ドル。ブーツは10ドル以上。営業時間は月曜から金曜、朝9時から夕方5時までと表示があった。なるほど、営業日ではなかったのだ。

天気予報通りに雨になってきた。ホテルに戻ってランチ。 さあ午後はバスで今日の目的地、マーク・トウェインの家とハリエット・ビーチャー・ストウの家に向かう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です