アメリカ東海岸 「若草物語」と「あしながおじさん」の旅 5

二日目 ボストン市内観光その4

これはロングフェロー邸でもらったパンフレットの一部である。そのとき日本語の説明文ももらった。それは以下のようなものである。ロングフェローの若い時の写真がのっている。なかなかのハンサムではないか。

            ロングフェロー・ハウスの歴史

 この家は、裕福な英国王党員であった若き陸軍少佐ジョン・ヴァソールが、1759年に父から相続した地所に建てたものである。当時、キングス・ハイウェーとして知られていた通りから、チャールズ川迄の野原を南に眺める、二段のテラスの上にこの美しいコロニアル風の邸宅は建築された。
 それから15年後の1774年9月、アメリカ独立戦争勃発の前夜、ヴァソール少佐は独立派の軍隊に包囲され、避難のため、家族を離れボストンへ逃げ、それからイギリスへと海を渡ったのである。
 アメリカ独立戦争の初期には、ジヨージ・ワシントンがこの家を住宅兼本部として使用している。ワシントンとその妻マーサは1776年1月にこの家で結婚17周年を祝っている。
 1791年にはアンドルー・クレイギーがこの家を買い取り、2つのベランダと裏に廣い部分を付け足し、拡張した。ケンブリッジ市では今まで建てられたことのなかった最初の氷室や温室はこの時に建てられたものである。クレイギーは贅沢な生活を送ったため、1819年に亡くなったときには広大な改築された家は残ったものの、妻はほぼ破産状態にあった。
 クレイギー未亡人は、主人の残した借金を返すため、下宿人をおかなければならなかった。下宿人の多くはハーバード大学の優秀な教授連であった。そして1837年、近代語学教授として任命されたばかりのヘンリー・ワーズワース・ロングフェローがここに部屋を探しにきたのであった。
 クレイギー夫人はもう学生には部屋を貸していないと説明したが、ロングフェローが教授だと知ると喜んで彼を受け入れた。ロングフェローは生涯残りの45年間をこの家で過ごすことになる。この家で書かれた詩によって、彼は19世紀アメリカでは最も好かれる詩人となるのである。「エヴァンジェリン」や「ハイアワーサ」の詩集で詩人として世界的にも有名であるロングフェローはまた、アメリカ国内でも海外においても一流の学者としてすこぶる評判がよかった。広くヨーロッパを旅行し、学問を治め、24年間にもわたりメイン州にあるボードイン大学の近代語学部と、ハーバード大学でフランス語、スペイン語、イタリア語を教えている。またダンテの作品(神曲)の翻訳者としても有名である。

 1843年、ロングフェローはボストン市ビーコン・ヒルに住むフランシス・エリザベス・アプルトンと結婚する。財産家である父 ネーサン・アプルトンはこの家を結婚プレゼントとして娘夫婦に買うのである。・・・・・略・・・・・

 1973年この家はアメリカ政府に寄贈され、今日ではアメリカで最も愛されている詩人の一人となったロングフェローの記念館となった。現在、記念館の修理、維持は国立公園局が行っている。

*******************************

これでロングフェロー邸の歴史がよくわかった。そしてMajorが少佐ということも。

ロングフェローの長男チャールズは世界中を旅し、日本でも何年か過ごしている。このロングフェロー邸にある屏風や陶器類は彼が送ったものだそうだ。

ロングフェロー邸の玄関からの風景。100年前とほとんど変わっていないそうだ。国立公園の管理下だからだろう。

私たちはロングフェロー邸の見学を終えて次の目的地、ハーバード大学に向かう。

ハーバード大学

ここがハーバード大学の正門。沢山の観光客が見学にきていた。

ハーバード大学は1636年の創設で、アメリカ最古の高等教育機関だそうだ。ハーバード大学は全寮制で、そこで民主主義を徹底的に学ぶとガイドさんの説明。
上の写真のハーバードホールは、ハーバード大学の一番古いところだそうだ。

世界中から観光客がこのハーバード大学にきているみたいだ。写真の像はこの大学を建てるための援助者のうちの一人、ジョン・ハーバード。

足先が光っているのは観光客が触るため。ドイツのブレーメンの音楽隊のロバの足のようなものか?
ハーバードにあやかりたいという心理がそうさせるのだろう。

観光客の多くが足首を触り、記念写真を撮っていた。

300万冊の書籍が所蔵されているという図書館。入りきらないので、地下に巨大な倉庫があるそうだ。私たちはその地下倉庫の上を歩いているんだな、と言いながら移動する。
建物の見学の後、ハーバード大学の生協に行く。
蘇州大学でも行ったが、大学の生協というのはおみやげの宝庫。学生が使っているのかどうかわからないが、鉛筆やボールペンなどを買う。

上の写真の右が生協の入り口。左はアメリカの救急車。日本と色も音も違う。

大学の中にあるスターバックスコーヒーの店。 ニューヨークもそうだったが、スターバックスコーヒーの店が目につく。あまりにも目につくので、結果的にはアメリカでスターバックに入らなかった。メニューを見ると、コーヒーの値段は日本と同程度の値段だった。

 

ハーバード大学にあった塔には、風見鶏がついていた。
アップにしてみた。
北と南をあらわすSとN、その上に金色の大きな矢がついていた。さらにその上に球体が。
カメラの調子が悪いので、ピントが定まらない。(ブログをいつも見てくれている風見鶏さんには、申し訳ない)

 

ハーバード大学、沢山の有名人を輩出している。政治家のケネディ大統領、オバマ大統領、実業家のビル・ゲイツ(中退だが名誉学位を与えられている)、ロックフェラーなどなど。そして原子爆弾開発計画(マンハッタン計画)の指導者オッペンハイマーもそうである。広島、長崎に投下された原子爆弾は彼の指導のもと製造された。
8月9日、長崎に原子爆弾が落とされた日。世界最高学府の学生たちは何を考えているのか、そして私たち日本人は何を目指していくのか。
自分が撮したハーバード大学の美しいキャンパスの写真を見て、そんなことを考えた。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です