大阪環状線撮り歩き  大正駅

今回はJR環状線「大正駅」。とても暑い日だった。

「大正駅」といえば「京セラドーム」。以前は大阪ドームと言っていたのに、いつのまにか大阪の文字がなくなってしまった。 今日は何かイベントがあるようで、若い人たちの姿が見られた。

私たちは「京セラドーム」の方に行くのではなく、前回の「芦原橋」周辺に戻り、北津守にある渡船場から大正区にわたり、1日で「船、山、海」の写真を撮るという、講師先生の計画に基づいて歩く。
それにしても今日は暑い。天気予報では35度になるという。講師の先生も「水分補給をしっかりと」と何回もおっしゃる。

太陽の光が強いと、車のガラスへの映り込みもはっきりとする。

浪速区と大正区の境の木津川を特急「はるか」が通り過ぎる。

浪速区と大正区にかかる橋は「大浪橋」。橋のたもとには「わたし 勘助島」の石柱があった。江戸時代には、浪速区の「難波村」と「勘助島」を結ぶ渡し船があったそうだ。ここがその船着き場であったかどうかはわからない。
勘助島についてしらべてみると、1610年頃、木津勘助が堤防を築き、現在の大正区三軒屋付近を豊臣家より「勘助島」として与えられたそうだ。
木津勘助と木津川の関係は深く、多くの功績があるそうだ。地下鉄御堂筋線「大国町駅」のそばにある大国神社には「木津勘助の像」が建っている。そのことは以前に私のブログにも書いた。

http://ungaisoten.com/2016/01/12/恵比須大黒(今宮戎・大國主神社)/

「大阪動植物海洋専門学校」「お肌軟水の湯」そして「井岡ボクシングジム」。
へえーっと思わす言ってしまう看板もあって興味がわく。

近くの公園ではセミの抜け殻がいくつもあった。今年の夏は猛暑になりそうな予感。

この「お散歩フォト」の添乗員さんが、ツアー参加者のリクエストに答えてモデル役。ブランコの立ち乗りに挑戦。

この巨大な物はなんだ?
これは木津川にかかる水門。防波堤だ。防波堤を渡船から見たのが下の写真。

ここは「落合上(おちあいかみ)渡船場」。
渡し船で「大正区」に移動する。
大阪市には8つの渡船場があるが、そのうちのひとつ。運賃は無料。市民の足となっている。
他の渡船場は、
①安治川の天保山渡
②尻無川の甚平渡
③大正内港の千歳渡
木津川の
④落合上渡
⑤落合下渡

⑥千本松渡
⑦木津川渡
⑧木津川運河の船町渡
である。
これらは大阪市の公営渡船で、①から⑦までが大阪市建設局、⑧のみが大阪市港湾局の管理で運営されている。

 

そしてここは川を渡ったところにある「千島公園」、「昭和山」がある所。 時刻は午前11時半。暑さはうなぎのぼり。木々の葉の影も色濃くなる。 これで「川」「山」の二つクリア。続いて残っている「海」に向かう。
下の地図の1番が、京セラドームの撮影ポイント
2番が大浪橋から井岡ボクシングジム
3番がセミの抜け殻ポイント
4番がブランコ

大正警察、大正区役所前から西側に向かって歩いていくと大正内港。

河口にある木津川大橋が見える。その先は大阪湾になる。ここは夕日の撮影スポットらしい。

入道雲が夏の空だと主張している。梅雨明けは間近だろう。汗でぐっしょりになる。

地図の5番が落合上渡船場。
6番が千島公園
7番が大正内港

大正駅から南に、川(渡船場)、山(千島公園)、海(大正内港)の撮影はここで終了。私は大正区役所まえのバス停からバスに乗り、難波に向かった。

バス停で、講師の先生がソニーのカメラマンだったので、ミラーレスカメラのことを聞く。これからはミラーレスの時代になるだろうというのが講師の先生の話。ニコンがミラーレスカメラの開発に力を注いでいるという話もあった。うーむ、情報収集しなくては。さて次回は弁天町駅の予定。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です