5月花形歌舞伎

松竹座で行われている「5月花形歌舞伎」を見に行った。

中村勘九郎・七之助兄弟、それに市川猿之助、という若手が出ているので楽しみだった。

午前の部も面白そうだったが、夜の部を選んだ。それは「怪談乳房榎(かいだんちぶさのえのき)」があったからだ。この演目は以前に見た記憶がある。いったいいつだったのだろうと、番付の演目一覧を見てみると、なんと1991年(平成3年)7月、中座だったようだ。
中座といえば歴史のある劇場で、1661年開業という300年以上の歴史がある。1999年に閉館している。

私が見たのは先代の中村勘九郎が演じていたもので、もう26年前のことだったのだ。私が歌舞伎を見始めたころで、本当の水を使った場面や、早替わりを知ったのもこの演目だと思う。(上の中座の写真は、番付より)

今回の番付を見ると、「怪談乳房榎」には、長い説明がついている。

「三世實川延若より直伝されたる 十八世中村勘三郎から習い覚えし
三遊亭円朝原作
怪談乳房榎
中村勘九郎三役早替りにて
相勤め申し候」

番付のインタビュー記事からその部分を引用すると、

・・・「怪談乳房榎」は父(十八世)勘三郎から受け継いだ作品だ。
「それも父に教えてくださった(三世實川)延若のおじさまあってこそのもの。父は上演のたびに必ずおじさまの名を記していましたので、それもしっかり受け継いでいきます。(平性3年に)中座で上演した時の舞台は子供ながらに強烈に覚えています。それに負けないくらい血が騒ぐ舞台にしたいと思います。」
大阪ではその中座以来の上演となり、自身が初めて手がけたのは平成23年。平成26年には「平成中村座ニューヨーク公演」でも行い、国内ではこれが4回目となる。絵師の重信、その下男である正助、悪役のうわばみ三次の三役早替わりが眼目となっている。…………

左の写真は番付にあった、平成3年の時の舞台。
演じているのは先代の中村勘九郎。今の勘九郎のお父さん、中村勘三郎だ。
写真で見ると、やっぱり親子だなあ、よく似ている。

ニューヨーク公演の様子は、テレビでそのメイキングを含めて放映していたのを見たことがある。
それでなおさら、この演目を見てみたいと思ったわけだ。

その期待通り、面白かった。
居眠りをしている暇はない。

原作はあの三遊亭円朝。文七元結、牡丹燈籠も円朝の作品。
原作のあらすじは、ウィキペディアを引用すると、「絵師として活躍していた菱川重信の妻・お関に惚れてしまった磯貝浪江という浪人は、重信の弟子となってお関に近づき、関係を持たないと子供を殺すと脅迫し、お関と関係を持ってしまう。それだけでは飽き足らない浪江はお関を独占し、かつ重信が築いた莫大な財産を手に入れるため師を惨殺する。夫の死のショックで乳の出なくなったお関の元に、死んだ重信の亡霊が現れ、乳を出す不思議榎が松月院にあると教え、やがてその榎の乳で育った子・真与太郎は父を殺した浪江を討ち仇を取る。」というもの。

歌舞伎はそれとは少し変化がある。
浪江を手助けする「下男の正助」、「浪江をゆすろうとする、うわばみ三次」が登場する。また、亡霊の登場の仕方も違う。
歌舞伎「怪談乳房榎」は、原作通りに仇討ちでおわるが、醍醐味は「絵師重信」「下男正助」「うわばみ三次」を一人三役で演じ、しかも「早替わり」で3人が入れ替わるというもの。番付をその部分を引用すると、
「本作の魅力は、正助、三次、重信という性格の異なる三役を、早替わりという歌舞伎ならではの演出法を用いて演じ分けることにあります。中でも「花屋二階」の場面では、階段を用いて、三次と正助を一瞬で替わる件は大きな見どころ。これに続く「田島橋」での重信が殺される場面では、重信、正助、三次を鮮やかに替わります。そして、大詰めの「大滝」では、本水を使用したスペクタクルな演出を用いて、正助と三次を何度も早替わりで替わって演じます。」

早替わりは、姿形のよく似た何人かの役者さんが協力し、楽屋スタッフ総出で衣装や化粧の協力、勘九郎さん自身が座席の下にあると思われる地下の通り道を全速力で走っていることなど、文字通り全力で駆け回っていることのたまものだと思う。
早替わりの仕組みを探るよりも、歌舞伎役者の芸事を楽しむことが、歌舞伎見物の楽しみだと私は思った。
早替わり成功の秘訣は、勘九郎さんが、重信、正助、三次をきっちりと演じ分けているところにあると思う。観客である私たちが、登場人物の姿勢、声、動作をとおして、舞台の人物に感情移入できるからこそ、早替わりとして楽しめるのだろう。

勘九郎さんにかたよったブログになってしまったが、七之助さんの「野崎村」の「お光」は、絶品だったと思う。美しい七之助さん目あてのお客さんも、きっと多かったと思う。

猿之助さん演じる「磯貝浪江」は、悪役としての魅力があった。
初めての役だそうだが、これからのはまり役になるのではないか、と思えるほどぴったりだった。

「大滝」の前の幕間で、「水が飛んで来るので、ビニールでカバーしてください」という舞台番の弘吉は市川弘太郎さん。このおしゃべりがまた楽しかった。
「今日の勘九郎は元気です!」と何回かビニールで体をカバーするリハーサルを要請していたが、たしかに勘九郎さんは元気だった。座席10列目以上に水を飛ばしていた。花道でも濡れた着物を振って、水を飛ばしていた。お客さんもうれしそうに笑っている。USJのウオーターワールドの世界のようだった。

劇の終わり方も面白かった。あれっ?! と多くの人は思ったと思う。でもこれも演劇の終わり方、という一つのやり方。子殺し、師匠殺し、仇討ち、と重くて暗いムードをさっと切り替える。これも早替わりか。楽しい演目だった。

道頓堀は相変わらず賑やか。外国人観光客も多い。江戸時代もこんな賑わいだったのだろう。

私の目を引いたのは、アーケードのフラッグ。

今宮高校の書道部、ではない、書画部だそうだ。
母の日フェア、これもおもしろいなあ。さすが大阪だ、道頓堀だ。
この界隈が地元に息づいているのが伝わってくる。

勘九郎さん、七之助さん、猿之助さんをはじめ、若手の歌舞伎役者のみなさんも元気だ。高校生も元気にバナー作品をかいている。この元気が明日の活力に。
さあ、私も元気にがんばろう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です