「子」のつく名前 その2

今日は5月5日。立夏。
春分点を太陽黄経0度とすると、90度が夏至、180度が秋分、270度が冬至。春分と夏至の中間、太陽黄経45度の今日を立夏と言う。春分、秋分と同じように年によってその日は違う。これは地球の公転周期が1日で割り切れる数でないからだ。

そして「こどもの日」。子つながりで、日本人の名前の「子」について考える第2弾。そんなたいしたことではないが、NHKテレビで特集があったので紹介する。

その番組が「人名探求バラエティ 日本人のおなまえっ!」
4月20日の放送で、私がこのブログで紹介した人が登場した。
それは左の本の著者のお一人、
井藤伸比古さんだった。

以前に「子」のつく名前について、この本を元にしてブログに書いたことがある。

http://wp.me/p4yMRK-54E

今回の番組では、さらに新しい史実を説明されていたので、ここでも紹介してみたい。

「子」のつく名前は最初は女性に限られていなかったことは、小野妹子のように歴史でならったことからよく知られている。

そして、武家や皇室のようないわゆる上流階級の女性に多く付けられていたことも、前回のブログで紹介した。
明治維新によって、名前に「子」がつけられることが一般化したことも、知られるようになった。
では、その「火付け役」となったのは誰だったのか、というのが今回のテレビ番組だった。

明治のアイドルたちが広めた

1890年当時、「子」のつく日本の女性の名前は、約1%だった。
そんなとき、10バーセント以上が「子」のつく名前というグループがあった。

明治23年(1890年)に、浅草に凌雲閣(りょううんかく)という高さ52m、エレベーター付きのタワーができた。
このエレベーターがよく故障し、なんとか最上階まで人を導く手段として考えられたのが「全国美人写真100人展」。100枚の美女の写真を階段に張り巡らし、最上階で日本一の美女を決める投票をしたそうだ。
この美女集団は当時の芸子さんたちだった。明治時代のアイドルと言ってよい。
凌雲閣の入場券が、日本一の美女を決める投票券にもなっていたから、自分の好きな写真を一位にするために、何回も昇った人たちがいたという。今のAKBの選挙のルーツはここにあったともいえそう。
芸子さん100人のうち、「子」のつく人は15人いたそうだ。
「子」のつく名前の火付け役になった考えられる、というのが井藤先生の解説。

いけてる女たちの活躍

津田塾大学の創立者、女子教育の先駆者といわれている「津田梅子」。
「キミシニタモウコトナカレ」「みだれ髪」で有名な「与謝野晶子」。
この二人が番組で紹介されたが、二人とも本名は「梅子」、「晶子」ではなかった。
「津田うめ」であり、「与謝野志よう」(しよう⇒しょう、と読む)であった。
自分で「梅子」「晶子」と名乗ったのである。それは「尊称」「愛称」「敬称」として使われていた「子」を、自分で選び取ったからだろうと思う。

こういった女性たちの活躍が、自分の子どもに「子」をつける流れを加速した、というのが井藤先生の二つ目の解説。
司会の古舘伊知郎さんによれば、「子のつく名前は、女性が社会で輝くシンボルとなった。子は輝く名前だった」ということだ。

時代を反映する女性の名前

番組では時代を追って、女性の名前の変化がとりあげられた。

①昭和の時代を反映した、和子さん、昭子さん。
 昭和2年(1927年)のベストスリーは、
 和子さん、昭子さん、久子さん。
 元号の「昭和」がきっちりと反映されている。

②戦争中は「勝子さん」
 昭和17年(1942年)のベストエイトに「勝子さん」が登場する。

③戦後に「美」が登場
 昭和25年(1950年)のベストテンに「恵美子さん」「由美子さん」が
 登場する。「美」がつく名前がはじめて登場した。

④「子」のつかない名前、「明美」さん登場
 昭和32年(1957年)にはじめて「子」の付かない名前「明美さん」が
 登場し、年を追うごとにその数は増えていった。

⑤「明美さん」トップに
 昭和40年(1965年)、東京オリンピックの年に「明美さん」が女性の名前で
 一番多くなる。「真由美さん」「由美さん」「直美さん」がつづく。

⑥女性の名前ベステテンから「子」が消える
 昭和61年(1986年)、「子」のつく名前がベストテンからなくなる。
 以後その状態が続き、2015年に「莉子ちゃん」が登場し、「子」のつく名前
 復活と話題になった。

自分の子どもたちにどんな名前を付けるのか、その時代の若者の考え方や社会状況が影響していることがよくわかってくる。
使っていい漢字には制限があるが、多様な名前を持った子どもが増えているのは、時代の多様化と社会の自由な雰囲気がそうさせているのかも知れない。
そんな子どもたちが大人になって、自分の子どもへの名付けを考える時、あらためて自分の名前について考え、未来を切り開く自分の子どもの名前を考えるのだろうと思う。その考え方は、もう私の考え方の範疇を超えているだろう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です