カカオはコロンブスが持ち帰った。

最近見た歴史ドラマで面白かった「クイーン・メアリー」。ドラマの食事風景から、ヨーロッパのお菓子に興味がわいた。

そこで読んだ本が2冊。
一つが左の「お菓子でたどるフランス史」。
もう一つが以前にも読んだが、もう一度読み直したのが「文明を変えた植物たちーコロンブスが遺した種子」。
この2冊から「チョコレート」について少し詳しく勉強してみた。

チョコレートの原料というか、元になっているのが「カカオ」。
少し前に「咲くやこの花館」でみた、「カカオとコーヒー展」が潜在意識にあって働いたようだ。

左の本によると、私たちの生活を激変させたもの、それは「ジャガイモ」「とうもろこし」「カカオ」「唐辛子」「ゴム」「タバコ」であるという。
それははもともとヨーロッパにはなかったものである。
コロンブスは多くのものをアメリカ大陸やアジア、インドから持ち帰ってきているが、その内容をわかりやすく紹介しているのがこの本である。
この本を読むまでは、ジャガイモ、唐辛子、ゴムがヨーロッパにはなかったことを知らなかった。
ジャガイモの歴史については「赤毛のアン」のツアーで学ぶことが多かったが、今回はチョコレートの歴史から「カカオ」存在に気づくことになった。

上の写真は「咲くやこの花館」であった「カカオとコーヒー展」で撮ったもの。そこにはこんな説明があった。

「カカオノキ 南米アマゾン川、オリノコ川流域 アオイ科
カカオノキは、直径約1cmの白い花を、幹に直接咲かせます。たくさんの花のうち、受粉・結実するものは少なく、200〜400個の花に対して1個の割合といわれています。
 完熟した種子を発酵させると、苦味が消えて独特の香りを発散させるようになります。水洗いし乾燥させたカカオ豆を、火にあぶり、種子を除いて粉末にします。これに砂糖、香料を混ぜて固めるとチョコレート、カカオ脂を除くとココアのでき上がりです」

上の本によるとカカオノキの樹高は
10〜13mに達し、アマゾン川の上流地域が原産地だそうだ。果実は直径が15cm、長さが25cmくらいでラグビーボールのような形をしている。
3歳の子どもが、展示されていたカカオの実を持ってみるとこんな感じになる。25cmとなるともう少し大きくなると思う。
かなり大きい実なのだ。

カカオの歴史が詳しくのっているホームページがあった。

http://cocoalabo.com/know/detail/history.html

チョコレート・カカオの歴史

このホームページや2冊の本を参考にして簡単な歴史を書いてみると、

****************************

☆紀元前
 南アメリカのマヤ族、インカ族、アステカ族がカカオを栽培していた。
 貴重な飲料として飲まれていた。通貨としても利用していた。
 カカオの実をKAKAWA(カカワ)と呼んでいたのが、ヨーロッパにカカオとして
 伝わったという説がある。

☆1502年
 コロンブスが第4次航海で、ホンジュラスでカカオ豆を入手するが、
 興味もなく、スペインへ持ち帰るが用途もわからないままであった。

☆1519年
 スペインのエルナン・コルテスがメキシコ湾東岸に到着。アステカの首都に入り、モンテマス二世よりカカオ飲料でもてなされる。

☆1528年
 コルテスはアステカを占領。略奪品とともにカカオ豆をスペインへ持ち帰り、カルロス王に献上。カカオの実質的なヨーロッパ伝来となる。

☆1580年
 スペインの宮廷でチョコレート飲料が普及。

☆1613年
 支倉常長を代表とする遣欧使節団がメキシコを経由してヨーロッパへ。チョコレートを口にした最初の日本人では?と言われている。

☆1615年
 スペイン王女、アンヌ・ドートリッシュがチョコレートコックを連れてフランスのルイ13世と結婚。チョコレート飲料はフランス宮廷の流行となる。

☆1656年
 スペイン王女、マリア・テレサがフランスのルイ14世と結婚。王女もチョコレート好きだったため、フランスでチヨコレートが定着。
チョコレートはフランスでは「ショコラ−」と呼ばれた。

**************************

チョコレートの語源を調べてみた。Yahooの知恵袋を参照すると、

*********************************

日本語「チョコレート」は英語 chocolate からですが、英語 chocolate はスペイン語 chocolate(チョコラテ)から(フランス語 chocolat (ショコラ) もスペイン語からです。
このスペイン語 chocolate は、中央アメリカのアステカ諸語の一つであるナワトル語(Nahuatl)の xocolatl(ショコラートル)からで、この xocolatlは、ナワトル語の xocolli「苦い」+atl「水」からできた言葉です。
スペイン語には「xo ショ」音がないので「cho チョ」になりました(フランス語で cho が再び「ショ」音になった)。

*********************************

なるほどスペイン語からの変化が今に伝わっているわけだ。
1600年代のヨーロッパの文化の中心はスベインだったことがよくわかる。

歴史に戻ってみると、
☆1828年
 オランダのコンラート・ヴァン・ホーテンがカカオ豆から脂肪分を分離して、低脂肪でなめらかなココアをつくる。

これ以降、板チョコの発明、添加物ゼロの純粋なココアの発明、ミルクチョコレートの発明と続く。19世紀末には今のようなチョコレートの形になる。
日本では、1918年に森永製菓がカカオ豆からチョコレートの一貫製造を開始。
翌年1919年にミルクココアの発売となる。

さてカカオとココア、その違いは?

「咲くやこの花館」での「カカオとコーヒー展」の展示にその説明があった。 

「なぜココアという呼び名になったのでしょうか?
そもそもカカオという呼び方はマヤやアステカの言葉が語源です。先住メキシコ人たちはカカオの樹を「カカバクラヒトル」と呼んでいました。
メキシコを征服したコルテスはカカオの樹を「カカップ」とスペインに伝え、「カカップ」が変化し、「カカオ」になったと言われています。
スペインに持ち帰られたカカオという呼び名はヨーロッパに広まり、現在でもその名称が使われています。しかし、ただ一カ国、イギリスだけでは、カカオという発音が難しかったためか、音の組み合わせが代わって「ココア」と呼ばれるようになり、その名称が定着。日本もイギリスにならい「ココア」という名称を使うようになりました。

なるほどね。同じものをイギリスでなココアといい、それが日本に伝わったようだ。
カカオが一般的な呼び名であることがわかった。

チョコレートと砂糖と奴隷労働

チョコレートの発展には砂糖の影響が大きくある。 ここでは取り上げることはできなかったが、その開発と発展の影には、ヨーロッパ人が南アメリカ、アフリカの先住民を人間扱いしなかった圧迫の歴史がある。
「日本チョコレート・ココア協会」のホームページに次のようなことが書かれていた。

チョコレートと砂糖と奴隷労働
ヨーロッパ各国は新世界発見とともに、メソアメリカや南米でサトウキビ栽培を始め、砂糖を生産してヨーロッパ大陸に持込みました。料理や菓子に使われるようになると大量の砂糖が必要になり、ヨーロッパがカリブ海諸島を植民地化すると、サトウキビのプランテーションが盛大に行われるようになりました。砂糖やカカオ栽培の労働力を補うためアフリカから奴隷が導入されました。 新世界から砂糖やカカオを積んだ船がヨーロッパに入ると、その船にヨーロッパ製の武器・繊維などの工業製品を積んでアフリカに向かい、黒人奴隷と交換して新世界に向かうという、ヨーロッパ・アフリカ・新世界植民地を結ぶ大西洋三角貿易が成立し、長い間行われていました。

http://www.chocolate-cocoa.com/dictionary/history/world/w04_a.html

私たちが美味しく食べているチョコレートには苦い過去がある。そしてその苦味は今も続いている。もう少し勉強してみよう。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です