宣教師のDNA

岩波書店の月刊の書籍案内誌「図書」2月号に大変面白い記事が載っていた。
著者は篠田謙一さん。国立科学博物館人類研究部長で、専門は分子人類学の博士。

東京都文京区小日向1丁目23番地のマンション建築現場で、3体の人骨が発見された。ここはかつて切支丹屋敷だったそうで、3体の中に宣教師がいたのではないかと調査された。その記録である。
少し長くなるが引用してみよう。(小見出しは私が付けたもので、本文にはない)

**************************************

遠藤周作の小説「沈黙」のモデル

「切支丹屋敷、別名山屋敷は、もともとは、キリシタン弾圧の一手段として、領民の宗旨を踏絵などによって検査する、宗門改役の井上政重の下屋敷だった。島原の乱の5年後の1643年、ポルトガル人の宣教師ペトロ・マルクエズら10人が筑前に上陸し、捕らえられるという事件が起こる。彼らは、江戸送りとなり伝馬町の牢に入れられたが、1646年にこの井上の屋敷に牢や番所などを建てて収容することになった。これが切支丹屋敷の興りである。
 マルクエズらは想像を絶する拷問を受け、キリスト教の信仰を棄て、この屋敷で余生を送ることになった。その中の一人、日本名岡本三右衛門を名乗って生きたイエスズ会宣教師ジョゼッペ・キアラは、遠藤周作の小説「沈黙」の中のセバスチャン・ロゴリゴのモデルとしても有名だ。
 彼らは、少なくとも表面上は仏教に帰依することになったので、死後、小石川の無量院に埋葬されたことが記録に残っている。そしてこの一行の最後の一人が1701年になくなって、切支丹屋敷に収容される人物は途絶えることになった。

侵入したシドッチ

 相次ぐ宣教師の棄教の報がバチカンに伝わって、17世紀の中頃には、ローマ教皇庁は日本への宣教師の派遣を諦めることになった。それ以後、日本に潜入しようとする宣教師はなく、18世紀初頭にはキリスト教の存在も忘れ去られ、過酷な弾圧の痕跡もない時代を迎えていた。そのような状況の中で、日本への侵入を果たしたのがシドッチだった。
 シドッチは1668年、イタリア・シチリア島のパレルモで生まれた。すでにローマ教皇庁が日本への布教を禁止していた時代である。しかし、カトリックの司祭として活躍しているうちに日本における宣教師や現地の信徒の殉教を知り、渡航を決意することになる。教皇クレメンス11世に願い出て宣教師となり、マニラで4年間奉仕した後、1708年8月、鎖国下の日本へ出発した。50日の航海の末、屋久島に到着した彼は髷を結い、武士の身なりに帯刀して上陸したという。しかし、彼が最初に出会った島の百姓藤兵衛は、その異形と言葉の通じないシドッチに恐れをなし、すぐさま役人に届け出ることになった。

新井白石の尋問を受けるシドッチ

こうして捕縛されたシドッチは、その後、長崎に送られ、さらに1709年には江戸に護送される。切支丹屋敷に収容されることになる。そこで時の幕政の実力者だった新井白石から直接、尋問を受けることになったが、この出来事がその後の日本の科学の歴史に大きな影響を与えることになった。
 白石はこの尋問を通して、シドッチの人格と学識に感銘を受け、双方が敬意を持って接したと言われている。彼はシドッチへの4回にわたる尋問をもとに有名な2冊の本、『西洋紀聞』と『采覧異言(さいらんいげん)』を著した。前者は上・中・下の3巻からなり、上巻はシドッチ訊問までのいきさつと取り調べの状況を記している。われわれは、シドッチが捕らえられた経緯や、取り調べでの席でどのような言葉が交わされたのかを、この記述から知ることができる。
 白石はシドッチとの対話から、キリスト教自体が、それまで考えられていたような日本への侵略の意図をもってものではないと理解したという。そのことが、幕府の蘭学の容認へとつながり、漢訳蘭書の輸入禁止が緩和され、その後の西洋学問の受容へとつながっていく。シドッチと白石の邂逅は、江戸時代の日本における西洋科学の発展の端緒を開いた出来事だった。

監禁されて病死したシドッチ

シドッチは、切支丹屋敷の幽閉されたものの、拷問を受けることもなく過ごすことになったという。しかし、4年後の1713年に、彼の世話をしていた「長助」と「はる」という夫婦がシドッチにより洗礼を受けたと告白したために、3名とも屋敷内の地下牢に監禁されることになった。シドッチはその10ヶ月後の1714年、旧暦の10月21日に47歳で衰弱死したといわれている。来日6年を過ぎた頃のことだった。なお、長助はシドッチに先立って死亡したことがわかっているが、はるについてはいつ死んだのか記録がない。この両名の来歴は不明だが、彼らは切支丹の親をもち、親が処刑されたため、キアラが存命の頃から切支丹屋敷ですごしていたとされている。

**************************************

というような歴史的な背景があり、
その切支丹屋敷で見つかった3体の人骨が、シドッチ・長助・はるの3人の骨ではないか? という調査なのである。

まるで推理小説を読むような展開だ。

3体の人骨のミトコンドリアDNAを調べることによって特定する手がかりを探ろうとした。
現在ではDNAを調べることによって、現代人のどの地域に住む人のタイプと一致するかを調べることによって、その人物の出自を類推することができるというから驚きだ。

そしてその結果、3体のうち1体が、ヨーロッパ人に特有のタイプを持つことがわかった。さらに現代ではDNAの情報から、髪の毛の色など体に関する特徴を知ることができる。その技術を利用して復顔したのが上の写真。日本人ではなく、ヨーロッパ人であることがわかる。この人物がシドッチだったのだ。なんとすごい技術だろうか。私はびっくりしてしまった。
現代の分子人類学は、過去の人間の姿かたちをこれほどまで精巧に再現できるのだ。

私はもう少し知りたかったので、篠田謙一さんの本を読むことにした。

人類の発生と進化の歴史は化石研究から始まった。そしてそれが現代ではDNAの分析によって解明が進んでいるという。

そもそも古い化石にDNAが残っている事が不思議だし、それを分析していく技術があることも私は知らなかった。

私には専門的な説明はできないが、分かった範囲で書いてみると、たとえば、
①人とチンパンジーは異なったDNAをもっている。
②もともとは同じ祖先から分かれたのだから、その時は同じDNAであったはずである。
③違うDNAになったのは、突然変異によって親と異なるDNAになったからだ。

④異なる生物のDNA配列を比べて、共通の祖先が持っていたDNA配列を推定すると、祖先からどのように変化してきたのかを知ることができる。
⑤たくさんの生物のDNAを調べ、比較することによってそれぞれの種の分岐の様子を知ることができる。
⑥この変化の道順を系統図といい、DNA配列の違いは進化を物語っている。

このような考え方で、人類の発生と進化、地球全体への拡散の時期を知ることができるという。すごいことだ。

この研究はミトコンドリアにあるDNAからはじまり、今は核にあるDNAの研究まで進んでいるという。上の図はこの本にあった細胞の模式図。高校か中学の生物で習った記憶があるが、ミトコンドリアのことはあまり関心がなかった。しかしそのミトコンドリアDNAが、人間の進化を歴史を調べることに大きな役目を果たしたそうだ。

左のグラフはこの本の説明にあった日本の歴史をExcelで表にしてみたもの。

日本にホモ・サピエンスが生活をし始めたのは約4万年前と言われている。
その時を1年の元日である1月1日としてみると、

◯縄文時代が始まったのは
8月15日。日本の人類の歴史全体から見ると、半分より新しい。◯弥生時代が始まったのは、なんと12月4日。そして
◯12月15日にはその弥生時代が終わり古墳時代など大和朝廷につながってくる。
◯武士の時代を代表して鎌倉時代が終わったのはクリスマスの25日。そして
◯明治維新が起きたのが大晦日の12月31日。
文字として残る日本の歴史は、日本列島の人類の歴史から見ると、それはほんの一月のことなのだ。

著者の篠田さんはいう。
「記録にない時代を類推することは、将来的にも難しいことでしょうが、少なくとも私たちは、日本列島に暮らす集団には、普段は認識しない非常に長い歴史があることを知っておくことは重要だと思います。私たちのDNAだけでなく

言語や思考、社会のあり方や自然との接し方なども、このような長い経験のなかから獲得されてきたものであるはずです。
 さらに、現代日本人の成り立ちを考えるときに、今の私たちが終着点であると錯覚してしまうという問題もあります。これまでを考えるあまり、これからが見えなくなってしまうのです。当然ながら、私たちも歴史の一地点にいるのであり、日本列島にはこれからも人の営みが続きます。現在はゴールではなく、歴史の1ページと位置づけられるもので、過去を振り返るのは、未来を考えるためだ、という視点を持ち続けることが重要だと思います。」

図を書いてみてわかったが、私が緑に色を付けた部分、縄文時代以前の文化が2万7千年以上続いている。この時の日本列島に住んでいた人たちのことはほとんどわかっていない。

さらに興味深かったのは、日本人は大きくいえば三方向からやって来た人々によって形成されてきたことがDNA解析で確認されたということだ。
日本単一民族説はDNAによって否定されたのだ。
このことについて著者はいう。

「日本では本来別物である民族と人種の概念が混同して用いられていますが、この誤用の根底には、第二次世界大戦前に主張された『日本民族は長い年月の間、人種的な統合が進んで、日本人種が形成された』というロジックがあります。そのため日本人は、日本民族であると同時に、日本人種であるという考え方が一般に流布するようになりました。それが暗黙の了解として現在でも多くの日本人に共有されていることが、今日まで人種と民族が混同されて用いられている要因の一つになっています。さらにそれが『日本人は単一民族である』という認識に結びついているのです。そこに人種があたかも科学的に正確な定義ができる実態を持った用語であるかのような思い込みが重なっているために、この言葉を用いた議論は不毛なものになりがちです。
・・・(略)・・・
古人骨のDNAが分析できるようになったことで、この章で見たように同一地域で集団の遺伝的な構成がどのように変化したのかも追求することができるようになっています。しかし、そこで明らかにされるのは地域に生きた集団の歴史であって、民族の歴史ではないことに注意する必要があります。時代とともに集団の遺伝的な特徴は変化するので、文化や言語を共有する人々の遺伝子の組成も変わっていきます。特定の民族が共有しているのは、その文化であって、遺伝子ではないことを認識していないと、おかしな結論にいたることになります。」

科学を知り、学び、正しく活用できるということは、こういう議論の上にあることだと思った。宣教師のDNAからここまで考えることができたいい本だった。