大阪環状線撮り歩き・桃谷駅

クラブツーリズムの案内に、上のような「お散歩フォト〜大阪環状線〜」という撮影会があった。
環状線一駅一駅の周辺を歩きながらのスナップ撮影会の案内のようだ。
大阪市内のことがよくわかりそうな取り組みだし、スナップ写真が面白そうなので参加した。

ここは環状線桃谷駅。
桃谷駅からJR東部市場駅までを歩き、面白そうなところをスナップ写真に収めるということだ。
上級者の人はテーマを決めて撮りましょう、と講師の先生が言う。
うーん、テーマって言っても初めてだからなあ。この講座は毎月1回のようで、常連さんも多そう。初めてという人は、私を含めて二人だけだった。
講師の先生が、「看板、というテーマもおもしろいですよ」というので、おもしろそうな看板を探すことにした。

震動法要って何? ここはお寺なんですが・・・知識不足でわからない。

地球人の付属品? これもわからない・・・・。

「東洋史原典研究所」、これもすごいタイトルの看板。
災害避難所への案内看板には、英語・ハングル・中国語の表記もある。

自動車のガラスに写り込んだマンションや住宅。ちょっとマニアック?
古くて何か懐かしい風景もたくさんあった。

なんとなんと生野区に大阪管区気象台があった。昭和8年から昭和43年までの35年間観測をした。その間に室戸台風、ジェーン台風、第2室戸台風の3大台風を経験しているという。現在は御勝山南公園になっている。
左の写真はこの石碑の裏側にあった説明図の写真からとったもの。
12時を過ぎたので東部市場に足を速める。海鮮丼がまっている、、ハズ。

おやおや、、、、水曜日は定休日だった、、、、。

JRの東部市場駅て解散。

足は疲れたー。
こんなに歩くとは思っていなかったあ。東部市場で新鮮な海鮮丼を食べるのが楽しみでがんばったのに・・・。
と笑いながら参加者はぼやいていた。

スマホの地図を時々見ながら、へえーこんな感じなんだ、桃谷からハルカスを右手に見ながら歩くと、ここにくるのか・・・ と普段電車から見ている風景と、地図で見ている駅の配置が、実際に歩くことで頭のなかに自分用の地図が出来上がった感じ。
毎月1駅づつ環状線周辺を歩くスナップ写真の旅。なんとなくおもしろそう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です