ドイツグリム紀行21(6日目の2)

ゲーテハウス そして日本へ

img_4147

img_4148

 

img_20161102_0001

img_20161102_0001-%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b3-2ここはゲーテハウス。
上の写真は入館のチケット、
ERLEBENとはドイツ語で体験という意味らしい。左はもらったパンフレット。
インターネットのコトバンクというサイトから説明を引用する。

「ドイツ中西部のフランクフルト(Frankfurt am Main)市街中央、レーマーベルク(広場)の北西約500mのところにある、ドイツを代表する文豪ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe、1749~1832年)の生家を復元した建物。ゲーテはここで16歳まで暮らした。『若きウェルテルの悩み』などのいくつかの初期の作品は、この家で執筆された。ゲーテの生家があった建物は第二次世界大戦で破壊されてしまったが、戦後、もとの18世紀の典型的な中産階級の住宅が忠実に復元され、3階のゲーテの書斎には、ゲーテの青年期当時の後期バロック時代の家具や調度がしつらえられて、ゲーテに関わりの深い当時の絵画などを展示している。また、隣接してゲーテ博物館(Goethe-Museum)があり、併せて訪れることができる。◇ゲーテハウスとゲーテ博物館は、非営利の自由ドイツ司教座財団によって維持・管理されている。」

img_7391

img_4183

ゲーテの机。ここで「若きウェルテルの悩み」を書いたのかもしれない。なおゲーテは立ちながらも文章を書いたらしい。写真がその時の立ち机。

img_7381

img_4180

img_4176_2

img_4175_2

豪華な調度品が目を引くが、私が気に入ったのは、暖炉と柱時計。
ドイツの冬は寒いから暖炉は必要だろうと思う。ゲーテが住んでいた1800年頃と いえば日本では江戸時代末期、そんなときにこんな立派な暖炉が各部屋にあったのかと思う。また大きな柱時計、ゲーテハウスには時計板が三つもあるような精密時計のような柱時計もあった。ドイツの機械じかけの精密さは、これまでのからくり時計などの見学でよくわかっていたが、ここゲーテハウスの時計を見てさらに感心する。

img_7385

img_4157

再現された家ではあるが、ゲーテの当時の生活が体験できるハウスだった。

img_4179

ゲーテハウスの窓から見える不思議なモニュメント。これは一体何なのだろう。 img_7394

ベインとが塗られていて、抽象芸術の作品のように見えるが、実はベルリンの壁の一部なのだ。

ベルリンの壁の崩壊があったのは、1989年の11月。今から約30年ほど前になる。
その壁の一部をここに持ってきて保存しているそうだ。
写真に写っている面には、絵が書かれているが裏側はコンクリートの壁がそのまま残っていた。
ゲーテハウスのそば、フランクフルトの中心部にベルリンの壁の一部が残されているなんて。ガイドさんの説明がなければ知らないままに終わっていただろう。

img_4179

もう一つ。そばにあった黄色い直方体の物体。拡大してみよう。
そう、ドイツの郵便ポストだ。ドイツの郵便ポストは黄色なのだ。小型のものもあった。それが下の写真。

img_3444

img_4131

この塔はエッシェンハイマー塔。 15世紀のもので、街を守るための城壁の一部。防御塔としての役目を持っていたらしい。かつての城壁はすべて取り除かれ、今残っているのはこのエッシェンハイマー塔だけ。フランクフルトの町が大きくなっていったので、いつしか町の中央部に位置するようになっている。

ゲーテハウスの見学を終えた私たちは、飛行場への出発までの自由時間を使って、ショッピングと散策に出かけた。

img_7373

ここは画材屋さん。おみやげに水性絵の具になる色鉛筆を買う。
万年筆、ボールペン、鉛筆などの文房具もあり、鉛筆の書き味を試していると、ドイツ語で「どうぞさしあげます」(と思う・・)と笑顔で言われた。ダンケシェーン。

img_7397

お腹が減ってきた。昼食は各自でとることになっている。
私は以前から海外での日本食を食べてみたかった。ガイドさんに聞くと、デパートやスーパーに日本食を用意しているところがあるらしい。でも、もう少し本格的なものをと思って聞くと、宿泊しているホテルのそばにある「いろは」を紹介してくれた。
上の写真が日本食のレストラン「いろは」。ドイツ語てIROHA。

img_7399

スタップは日本人。日本語で注文を聞かれ、日本語で答えることのできる快感。
味も日本で食べるものと全く変わらなかった。ドイツ人のサラリーマンたちが次から次へと入ってきて注文している。お箸の使い方もじょうずなものだ。

日本食を食べて元気を出して、さあ日本に向けて出発。

img_6134 img_6142 img_6139

img_7419

日本まで11時間余りのフライト。
熱はないが体のだるさ、喉の不快感が残る。ドイツで買った薬が効いているのだろうか。喉は少しましになっているが、、、、。
帰りは眠っている方が多かった。座席が通路側にあったのがありがたかった。

長いフライトで見た映画は一本だけ。
「きみがぼくを見つけた日」(The Time Traveler’s Wife)。時間トラベルのできる男性とのラブロマンス。タイムトラベル物の映画は私の好みだが、時間が過去・現在・未来と本人の意志と関係なく展開していくのが少し複雑 。画面も美しく、主演のレイチェル・アダムスは私の知らない女優さんだが、魅力的な演技だった。SF映画としてはつっこみどころの多い作品だが十分に楽しんだ。日本に帰ったから調べると、原作があるらしい。読んでみようと思う。

さて、お昼ごろに羽田に到着。関空行きの飛行機を羽田で待つことができるのがよかった。さて初めてのドイツ旅行も無事日本に到着。今回は私たちのように体調を崩した人が多かったようだ。
勉強したことも多かった。グリム兄弟について知ったことも多い。次の記事にはそのことについて書いておこうと思う。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です